エッチの回数……3時間で2回はムリ?

この記事では「かいすう」の話をしたいと思います。と言っても、「タワーマンションの48階に住みたい!」など「階数」のほうではなく(笑)! エッチにおける「回数」のほうです。あなたがこれまで経験した最高回数は、ひと晩で何回だったでしょうか?

女性は「やろうと思えば何回でもできる」ってホント?

冒頭では勢いあまって「ひと晩で」と書いてしまいましたが、いきなり訂正させてください。「エッチ=お泊まり」とは限らないですものね。ラブホテルの休憩枠を利用することもあれば、終電やタクシーでバイバイすることもあるでしょう。

 

では改めまして、あなたがこれまで経験した最高回数は何回でしたか? 筆者の過去最高回数は5回です。5回って、けっこうすごい記録であると自負しております。正確に言うと、頑張ったのは筆者(女性側)ではなく男性のほうなんですけどね。そう! 男性は1回の射精で、私たち女性が想像できないほどの体力を消耗しています。確かに、たとえば正常位なら、エンドレスで腕立て伏せをしているようなものですからね。

 

一方で女性は、やろうと思えば何回でもできる……というイメージが強いかもしれません。理屈としてはその通りなのでしょうが、前述の「5回」は、筆者のほう(女性側)もけっこう疲れましたよ。

30代も半ばを過ぎると「3時間枠で2回は無理」?

尚、「5回」できた男性のバックボーンは、10代後半の大学生でした。10代後半といえば、まさにヤリたい盛り! 5回できたのは、そんなにも珍しいことではないのかもしれません。

10代の男の子に対して、もうちょい世代が上のナイスミドルはどうでしょう? 先日、40代後半の知人男性から「3時間枠で入ったラブホテルにて、相手女性に2回戦を求められキツかった」との後日談を聞きました。人間は、加齢と共にどうしても体力が落ちます。さきほど、「男性は1回の射精で、私たち女性が想像できないほど体力を消耗する」と書きました。10代男性の消耗度合いと、40代男性の消耗度合いは全くの別物。

エッチの回数……3時間で2回はムリ?

 

筆者の経験上では、40代どころか30代半ばくらいから、休憩枠で2回は難しい男性が多いように記憶しています。「エッチは質より量!」と、回数重視の女性もいらっしゃるかと存じますが、そのへんはお相手の年齢に応じて、無理をさせないよう配慮しましょう。

睡眠による体力回復効果は絶大! 

ラブホテルの休憩枠ではなく、お泊まりコースとなれば話は別です。睡眠による体力回復効果は皆様もご存知の通り(エッチに限らずですが)。30代だろうと40代だろうと、ひと晩寝れば消耗した体力が回復し、元気よくモーニングエッチに臨めるものです。「質より量」と、回数を重んじる女性は、翌朝に2回戦を持ち込むことで、フラストレーションが解消されるでしょう。「翌朝」が「欲朝」になるってことで!

 

前戯や後戯よりも、挿入を楽しみたい女性にとって「回数」は大事です。相手男性にも無理をさせず、また自分自身も楽しめるよう、上手にスケジュール調整してお泊まりデートの提案をしていきましょう。

 

Written by 菊池美佳子

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…