顔のてかりを予防するとメイクが決まる! てからない肌をつくる方法

しっとりと潤ったツヤ肌が最近のトレンドですが、メイクの崩れやすいてかり肌はNGです。

メイクをして時間が経つとてかりが見られるようになってしまうという場合、何が原因なのでしょうか? ここでは、てかりでお悩みの方のために美容ライターのMarieがてかりの原因と対策方法をお伝えします。
顔のてかりを予防するとメイクが決まる! てからない肌をつくる方法

てかり対策の第一歩はてかってしまう原因を知ること

顔のてかりを予防するためには、なぜ肌がてかってしまうのか、まずは原因を知ることが大切です。原因を知ることで、改善するためにどんなことができるのかを知ることができるからです。

てかりの原因の主なものとしては「脂性肌であること」「ホルモンバランスの乱れ」「肌の乾燥」があります。
顔のてかりを予防するとメイクが決まる! てからない肌をつくる方法

脂性肌である

もともと皮脂の分泌が過剰な肌質、つまり脂性肌の人はどうしても顔がてかりやすくなります。朝から顔を洗ってメイクしても、職場に着くころにはてかり始めているという人は少なくないのではないでしょうか?

てかりを放置していると、メイクが崩れてしまいますので、脂性肌の人にとっては崩れないメイクをすることが課題となります。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れてテストステロンやアンドロゲンといったホルモンの分泌が増えると、皮脂の分泌量も増えることが分かっています。そのためホルモンバランスの乱れによる肌のてかりに悩まされている人も少なくありません。

ホルモンバランスが乱れる原因には、環境の変化や忙しさなどによるストレス、過度のダイエットや睡眠不足などがあります。ちょっと不規則な生活が続いただけでホルモンバランスが崩れてしまうこともありますので、「最近、急に肌質が変わってきた気がする」という人は普段の生活を見直してみると良いかもしれません。
顔のてかりを予防するとメイクが決まる! てからない肌をつくる方法

肌の乾燥

乾燥肌と脂性肌は真逆の肌質だと考えている方が多くいるので、肌の乾燥がてかりの原因になるというのは一見矛盾しているように思えるかもしれません。しかし肌が乾燥すると、肌に潤いを与えようとして過剰に皮脂が分泌されてしまうことがあります。

そのため皮脂腺の多いTゾーンなどから皮脂が過剰に分泌されて、肌にてかりがみられるようになってしまうのです。

スキンケアでてかりを防止する

肌のてかりを防止するためには、スキンケアでてかりにくい肌の土台づくりをすることが大切です。間違ったスキンケアを行っていると、そのせいで皮脂の分泌が盛んになってしまうということがあるからです。

では、てかりやすい肌である脂性肌と乾燥肌、それぞれに分けてスキンケアのポイントをご紹介していきますね。

脂性肌の場合のスキンケア

皮脂が過剰に分泌されてしまう脂性肌の方は、まずは洗顔で余分な皮脂を取り除いてしまいましょう。しかし皮脂を取り除こうという気持ちから洗浄力が強すぎる洗顔料を選んでしまうのはNGです。そのような洗顔料を使うと、逆に皮脂が過剰分泌されてしまいがちですので、洗顔料は普通のもので構いません。なるべく泡立ちの良いものを選んで、泡で皮脂を落とすようにしましょう。

洗顔の後は、化粧水と乳液で肌を整えます。化粧水と乳液は『さっぱりタイプ』のものを選ぶと、肌に必要な潤いを与えつつベタつかない仕上がりにすることができます。「乳液はベタつくから嫌い」という人もいますが、ベタつきを感じるのは一時的ですし、乳液をつけることで皮脂の過剰分泌を抑えることができます。ですから化粧水を浸透させた後の肌に薄く塗るようにしましょう。

乾燥肌の場合のスキンケア

乾燥肌の場合は保湿ケアをしっかりと行うことで、てかりを防止することができます。乾燥肌の方は肌の水分が不足した状態ですから、たっぷりと化粧水を浸透させ、その後、保湿効果の高い美容液、乳液で肌を整えてください。

てかりやすいTゾーンは薄めに乳液を使用することで、ベタつきを抑えることができますよ。
顔のてかりを予防するとメイクが決まる! てからない肌をつくる方法

てかり防止には化粧下地選びがカギ

スキンケアでしっかりと肌を整えた後は、メイクをしていきます。化粧下地を省く人もいますが、化粧下地はメイクのノリを良くしたり、メイクのもちを良くしたりするためのマストアイテムです。またテカリを防止するためにも一役買いますので、てかりで悩んでいる方は、ぜひ使用するようにしてください。

化粧下地にはいろんな種類がありますが、てかり防止のためには皮脂吸着パウダーなどが含まれているオイルコントロール効果のある化粧下地を選ぶようにしましょう。皮脂吸着パウダーが含まれている化粧下地もいろんなメーカーのものが出ているので、使用感を比べながら好みのものを選ぶようにしてください。

ベタつきやすい脂性肌の人はオイルフリーの化粧下地を選ぶと、サラサラとしていて使い心地が良いのでおすすめです。

オイルコントロール効果のあるてかり防止用の化粧下地を使用するのとしないのとでは、メイクのもちが大きく変わりますので、てかりで悩まされている方は、ぜひてかり防止に効果的な化粧下地を使用するようにしてくださいね!

 

Written by Marie

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…