50歳女性は性欲が高まる?! オトナの性事情

出産を終え、子育ても一段落着く50歳は、自分のセカンドライフについて考え始める時期でもあります。
そんなセカンドライフについて考える中で、性欲の高まりを感じている女性も、実は多くいらっしゃいます。
そこから夫とは違う男性と恋に落ち、熟年離婚してしまうといったケースも……。
どうして50歳女性は性欲も高まってしまうのでしょう? 今回はオトナの性事情についてご紹介します。
50歳女性は性欲が高まる?! オトナの性事情

30~40代は子育てでいっぱいいっぱい?

20代で結婚や出産を経験すると、30~40代はそのほとんどを子育てに費やす方も多いかと思います。
特に子どもの数が多ければ、その分子育てする時間も長くなるでしょう。
子育てがあると毎日子どものために家事や仕事、そして子どもに振り回されてしまうことも多いですから、毎日の生活に余裕がない状態が続きます。
そうなると、体も疲れているし精神的にもそれどころではないと、セックスライフから離れてしまうという方も少なくありません。
30~40代はどうしても子育てでいっぱいいっぱいになってしまうんです。

50代でも2分化される

30~40代の頃はあまりセックスしていなかった人も、子育てから解放され始める50代からセックスに対しても肉体的・精神的にも余裕が生まれるため積極的になる人もいます。
今までブランクがあった分、感じ方も変わりそこからセックスにハマってしまう人もいるんです。
こうなると、50代女性でも性が開花されていきます。
ただ、この歳になると夫も年齢的に元気があまり出ないため、なかなか手を出してくれない……誘っても乗り気じゃない……ということが続くと、不倫に発展する恐れがあるのです。
このように、50代女性は今までのブランクがある分、セックスにハマってしまう人もいるのですが、そうではない人がいるのも事実です。
そもそも人間の性欲というのは20代がピークであり、そこから徐々に衰えていってしまいます。
基本的には60代前後で性欲が終わるとも言われていますが、中には50代で性欲がほとんど湧かないという人も当然います。50代女性だからといって全員が性欲の高い人というわけではありません。
50歳女性は性欲が高まる?! オトナの性事情

閉経はセックスレスの要因に

40代から更年期が始まり、早い人で50代には閉経してしまいます。
閉経によって体が変化してしまい、性交痛を感じやすくなってしまう場合があります。そうなるとセックスレスの要因にもつながってしまいます。
また、若い頃に行なったセックスに不満があり、気持ちよさを感じていなかったためか子育てが終わってからも性交を拒否するパターンがあるそうです。
閉経がキッカケとなり、セックスレスを招いて夫婦関係が悪化してしまうことも考えられます。

夫の理解も大切

本当はセックスがしたくても50代女性は閉経や膣の変化により濡れにくく、性交痛を感じやすくなります。
そのため、自分も満足できないし、夫も満足させてあげられないだろうと愛あるセックスを諦めてしまう人が多いんです。
そんなことが起きないようにするためには、夫の理解がとても大切になってきます。

例えば若い時は膣も濡れやすく、すぐに挿入していたけれど体の変化が起きたことを考慮し、痛みをなるべく少なくできるようにローションを使ってしっかり濡らしたり膣マッサージを行なったりすることで、お互いに気持ちよくなれるセックスを目指します。
男性が主導となる場合は、愛撫を重ねてあげることが重要です。
また、女性が主導となる場合でも愛撫はしっかりと行うことで、女性は「愛されている」という気持ちになれます。
50歳女性は性欲が高まる?! オトナの性事情

おわりに

50歳女性の性事情は、セックスに対して積極的になる人もいればセックスレスに陥ってしまう人もいます。
50歳女性は性欲が高まる?! オトナの性事情
気持ちよさだけを求めるような若い時のセックスではなく、愛をお互いに確かめるセックスが必要となってくるでしょう。

 

Written by 早紀