セックスの挿入時に痛みを感じるのはなぜ?

女性の性事情で尽きない悩みといえば、ズバリ「セックス時の挿入の痛み」でしょう。

処女でもないのにセックスに痛みを感じると「私って濡れにくい?」「もしかして病気かも……?」なんて心配をしてしまいますよね。

中には痛みが怖くて彼とセックスできない、気持ちよくなれないという人も多いのではないでしょうか? 彼もなんとなくその雰囲気を感じとって、コミュニケーションがうまくいかなくなってしまうことも……。

今回はそんな「セックス時の挿入の痛み」を解説していくとともに、効果的なストレッチ方法を伝授していきます。

ぜひ、今夜から実践してみてくださいね。

セックスの最中に痛みを感じるのには理由があった!

主な痛みの原因は、以下の3つであると言われています。

①濡れにくい
女性のアソコはデリケートな部分です。十分に濡れていない段階でいくら挿入を試みても、女性はただ痛みを感じるだけです。

また女性の愛液は体質や体調などによってサラサラしていたり、粘り気があったりと濡れやすさにも違いがあります。

一番の解決方法は、しっかり前戯を行ってから挿入に臨むことです。それでも濡れが不十分の場合は、ローションを使うなどして摩擦をできるだけ少なくしてみましょう。

 

②挿入してすぐのピストン運動
女性の膣は伸縮性がありますが、それでも挿入後に高速ピストンされると痛みしか感じないことがほとんどです。ですから、男性器を挿入した後に膣が男性器の形に合わせて伸縮してくるまで少し待ってもらいましょう。

 

③心理的不安
セックスにいつも痛みを感じている人は「セックス=痛いもの」と考えていることが多いです。痛みを感じるあまり、そればかりを気にしてしまっている女性もいます。

大事なのは、リラックスして男性とのセックスを楽しもうと思う気持ちです。

自分の気持ちがちゃんと男性とのセックスに向いているか、またセックスに至るまでのムード作りも重要となります。セックスの挿入時に痛みを感じるのはなぜ?

意外と知らない挿入時の痛みの原因

挿入時の痛みの原因としてあまり知られていないのが「アソコ周りの筋肉がかたまってしまっている」ということ。

日常的に、アソコ周りの筋肉を使うことがないため、筋肉が固まってしまい伸縮性が悪くなっている場合が多いのです。

特に猫背の人や、デスクワークが多いという人は要注意! 腰を丸めていると背骨が歪んでしまうだけでなく、下半身を支える骨盤底筋も、膣も、また子宮にも悪影響を及ぼします。セックスの挿入時に痛みを感じるのはなぜ?

固まった筋肉を伸ばすストレッチ方法

固まってしまった筋肉は、簡単なストレッチを行うことで解消できます。

まずはお腹の真ん中にある子宮を意識して深呼吸をしてみましょう。

呼吸に合わせて子宮が伸び縮みするイメージで行うと尚良いです。呼吸が浅い人ほどアソコ周りの筋肉も固くなりやすいので、日頃から深い呼吸を意識して行いましょう。

そして、腰をピンと張った状態で座ってください。お尻の中心には「座骨」という骨があり、この骨を立てて座るようにすれば、自然と背筋が張ります。

その状態をキープすることでアソコ周りの筋肉は自然とほぐれていきます。

また歩く時も、お腹と背筋を伸ばして大股で歩くようにすると尚良いでしょう。大股で歩くと骨盤周りの筋肉が動いて、自然とポカポカしてくるので、ダイエット効果も見込めます。

普段から腰が曲がっている人や、呼吸が浅い人にとって初めは苦しいかもしれませんが、慣れてくると体に良い姿勢や呼吸法であることが分かってきます。
セックスの挿入時に痛みを感じるのはなぜ?

おわりに

セックスの挿入時の痛みに関していくつかのことを紹介してきましたが、いかがでしょうか?

痛みを気にせずに男性とのセックスを楽しむためにも、日常から努力を重ねていきましょう。どうしても改善されないという場合は、愛撫のやり方や挿入角度などを話しあってみるのも効果的です。

早紀の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…