アンチエイジングって何? エイジングケアはいつから始めるのが正解?

化粧品によく記載されている「アンチエイジング」。アンチエイジングという言葉はよく聞くけれど、実際はよく分かっていないという方もいるのではないでしょうか?

ここではアンチエイジングの意味とアンチエイジングケアはいつから始めるべきなのか解説していきたいと思います。
アンチエイジングって何? エイジングケアはいつから始めるのが正解?

そもそもアンチエイジングとは?

アンチエイジングは、英語ではanti-agingと書きます。日本語ではantiは“反対”とか“抗”という意味があり、agingには“加齢”とか“老化”という意味がありますから、アンチエイジングは「抗老化」とか「抗加齢」という意味があるということです。

人が年を取り、肌に衰えを覚えるのは自然なことですが、この自然の流れに抵抗しよう、逆らおうというのがアンチエイジングの考えです。肌の老化を止めることはできませんが、肌の老化の速度は遅らせることができます。

肌の老化を遅らせるための特別なケアを行うことをアンチエイジングケアと呼びます。

人の肌の老化の速度には個人差があり、30代後半でも40代に見えてしまう人、逆に40代なのに30代に見えてしまう人もいます。実年齢が30代後半なのに40代に見えてしまうという人でもアンチエイジングケアを行うことで年齢相応に見せることができますし、40代の人でも努力次第では30代に見せることも可能です。

女性はいつまでも若く美しく見られたいものですから、アンチエイジングケアに力を入れることで肌の老化に伴う悩みを軽減し、より満足のいく毎日を送ることができるようになりますよ。
アンチエイジングって何? エイジングケアはいつから始めるのが正解?

アンチエイジングケアは20代からスタートしよう!

アンチエイジングケアというと、エイジングサインが見られるようになる30代後半、ないしは40代からスタートすれば良いと思う人も多いと思います。しかし、アンチエイジングケアは20代からスタートさせてほしいと思います。

その理由としてまず挙げられるのが、肌の老化は20代から着実に進んでいるということです。20代の人と30代の人の肌を比べると、断然20代の人の肌の方がハリもあってキレイです。しかし同じ20代でも20代前半の人と20代後半の人とではどうでしょうか? ほとんどの場合、20代前半の人の方がツヤツヤでキレイな肌をしていて、20代後半になると少し疲れた印象の人も少なくありません。

つまり20代でも少しずつ肌の老化が進んでいるということです。肌表面にはそんなに大きな変化は見られないとしても、20代のうちから肌の奥では老化が進んできているんです。ですから20代でどれだけアンチエイジングを意識したケアを行うことができているかが、30代の肌にあらわれるといっても過言ではありません。

20代でできるアンチエイジングケアとは?

20代のうちはとくにシワやたるみなどのエイジングサインが出ていないようであれば、アンチエイジング用のスキンケア用品をそろえる必要はありません。睡眠をたっぷり取る、栄養バランスの取れた食生活を送る、紫外線対策を怠らないといったことに気をつけるだけでも十分効果があります。

またスキンケアの時に肌をこすらない、化粧水だけで終わらせるのでなく乳液も使う、メイクは毎日落として寝る、洗い過ぎない、といったことにも気をつけましょう。20代の時は少々肌を雑にケアしても、なんとかやっていけるものですが、毎日の積み重ねが後になってシミやシワの原因となってしまうこともあります。20代のうちから丁寧なスキンケアを心がけるようにしてくださいね。

本格的なエイジングケアはアラフォーから

本格的なエイジングケアは、エイジングサインが見られるようになるアラフォーから行っていきましょう。

具体的にどんなケアができるのかご紹介していきますので、ぜひ実践してみてください!
アンチエイジングって何? エイジングケアはいつから始めるのが正解?

アンチエイジング効果のある化粧品でケアする

シワやたるみ、ほうれい線などが見られるようになったら、基礎化粧品はアンチエイジングラインでそろえましょう。

各化粧品メーカーからエイジングケア専用の化粧品が出ていますので、成分などを比較して自分にピッタリのものを選んでみてください。

紫外線対策は徹底する

紫外線は肌の奥の真皮にダメージを与えて、シミやシワ、たるみの原因となります。

アラフォー世代は肌の老化を進行させないために、紫外線は極力浴びないように注意しましょう。
アンチエイジングって何? エイジングケアはいつから始めるのが正解?

アンチエイジングを意識した食生活を送る

食べるものが肌をつくりますから、食事には気をつけるようにしましょう。栄養バランスよく食べるとともに、肌をつくるのに必要なタンパク質の摂取が少なくならないように注意してください。

また肌老化を促進させる糖化を防止するために、甘いもの食べ過ぎないことや炭水化物を食べる前は野菜を先に食べることなどを心がけるようにしましょう。

質の良い睡眠を取る

肌は眠っている時につくられますから、睡眠不足が続くと肌のターンオーバーが低下して肌の老化が進みます。また睡眠は十分に取っているつもりでも、夜中に何度も目が覚めてしまったり、眠りが浅かったりする場合は、睡眠不足と同様に肌の老化が進みやすくなります。

アンチエイジングのためには、質の良い眠りが欠かせません。なかなか寝付かないという人は、寝る前にリラックスできるような環境づくりをしてぐっすりと眠れるように工夫しましょう。

 

Written by Marie