結婚生活の費用に対する考え方から学ぶ結婚相手の見極め方

結婚生活ではいろいろな出費があります。結婚を検討していく上で、この結婚生活に関わる費用についてどういう考えを持った男性なのかは非常に重要となります。

何がかかるのか分かっていない

独身と結婚生活ではかかる費用の種類も金額も異なります。また、費用面でいろいろな手当などの制度もありますので、お子様ができた場合などでも変わってきます。そういうことについて最低限の知識を持ち合わせている男性なのかがポイントにあります。

そういう現実の厳しさや生活の知恵を考えてきていない男性は、独身として高い収入であったとしても、家族を養う立場としては非常に頼りないです。徐々にお相手の考え方を結婚にシフトしていくことがから始めなくてはなりません。

貯金が貯金で無くなる

費用はあなただけに閉じたものではなく、結婚相手にも飛び火します。また、結婚相手にかかる費用があなたに降ってくることもあります。

そういう意味で、独身時代に貯金だと思っていたものが、実は貯金ではなくなる状況が有り得ます。彼が苦しい時はあなたの貯金が生活費になり、あなたが苦しい時は彼の貯金が生活費になる、そして、それ以外に余力があればそれが家庭としての貯金となる、といったように独身の時とは明らかに貯金になり得るお金も異なってきます。

生活費用をどう分担するのか

特に収入に大きな開きがあったり、所有する財産に大きな開きがある場合は、結婚生活で発生してくるいろいろな費用をあなたとお相手でどのように負担を分散させていくのかを結婚前にしっかりと話し合うようにしましょう。

恋愛期間中は、どちらかが高い熱を出していまうので、勢いで負担してしまうこともあるでしょう。しかし、結婚生活は非常に長きに渡ります。

そういう意味では、結婚前に決めたことに固執せずに、結婚後の状況を踏まえて費用の分担を定期的に見直すようにしておくこともポイントです。

お金の話から目を背けない

資本主義の世の中になっていますから、お金の話から目を背けることはできません。結婚はあなた以外の人も含めてお金の話が広がっていきます。

これまで他人だった人の家族までも関わってきますので、見栄や虚勢などいろいろな想いがお金との関わりででてくることもあります。綺麗事ばかりでは済まされないでしょう。

だからこそ、恋愛の期間や結婚の期間から、そういう一緒に乗り越えていかなくてはならない困難であるお金のテーマについては、むしろ積極的に意見交換や行動を一緒に起こしていく、そんなパートナーとの関係を作っておくことが非常に重要となります。

いかがでしたか?

結婚相手を考えていく上で、結婚生活で発生する費用の金額自体というよりかは、パートナーとしてどう乗り越えていこうと考えているのか、そういう考えをしっかりと持っている人なのかがより重要となります。

 

Written by 神崎志乃