恋愛も時短の時代? アラサー女子の時短恋愛4選

時短家事や時短メイクなど、最近は時間を節約する方法が多く登場するようになりました。忙しい日々を過ごしているアラサー女子のなかには、恋愛さえも時短する女性がいるようです。

時短恋愛をしているアラサー女子に、時短恋愛のポイントを聞いてみました。
恋愛も時短の時代? アラサー女子の時短恋愛4選

直感を大切にする

「男性と出会ったときに『あ、この人いいな』とか『うわ、なんとなく嫌』とか思うと思います。そのときの直感は結構当たるので、『嫌と思ったけれど、知っていけば実はいい人かもしれない』なんて期待はもちません。直感で“いい”と思った男性とだけ連絡を取り合うようにしています」(32歳/介護)

第一印象で相手のすべてを決められるわけでもないですが、一人ひとりの男性と向き合う時間がないのなら、自分の直感を信じて行動するのもいいですね。

今までさまざまな人と出会って経験を積んだアラサーだからこそ、人を判断する力も磨かれてきているはず。「なんとなくの予感」も冴え渡りやすくなっていると思います。
恋愛も時短の時代? アラサー女子の時短恋愛4選

「待ち」の姿勢をしない

「連絡先を知りたいなら自分から聞くし、デートも自分から誘います。自分から誘ったら負けとか、男性から誘うべきとか思わないです。むしろ、相手に期待していつまでもそわそわ待っているほうが非効率だと思う。自分から幸せを掴みにいかないと!」(29歳/教育)

待ちの姿勢でいると、他の女性にとられてしまったり、男性から「脈なし」と勘違いされて仲を深められなかったりと、不幸な結果を招くことがあります。

好意があるのなら自分からアピールしていったほうが、お互いに安心して交際を進められると思います。また、ダメならダメですぐに次へいけますから、そのぶん運命の相手と出会う確率は上がりそうです。

過去の男に関わらない

「元カレとかこちらが好意を抱けない男性とかはできるだけ疎遠にしています。好きではない男性と交流するより気になる男性と交流したいし、過去の男に時間をとられるなんて、前向きではないと思う」(30歳/飲食)

元カレや微妙な仲になっていた男性から連絡がきて、「何の用?」「もしかして復縁を期待されてる?」なんて思うときがあります。相手にしているうちに、時間も気持ちも消耗してくかもしれません。

過去は過去、今は今です。そして素敵な恋愛をするために、未来へ目を向けたいところ。過去の恋愛を振り切ったほうが、この先いい恋愛ができると思います。
恋愛も時短の時代? アラサー女子の時短恋愛4選

デートは“ついで”でやる

「デートするとなると、メイクしてオシャレして……と、正直かなり面倒です。それなら出かけた“ついで”にデートをすれば、メイクなどの手間がありません。デートの申し込みは出かける予定のある日にしたり、あるいはデートの予定日にほかの予定を入れたりしています」(28歳/アパレル)

ランチデートやショッピングデートなどなら、“ついで”のカタチでも十分にデートができそう。短時間デートのときにぜひ活用したい方法です。

丸一日を要するデートではないからこそ、デートをする回数は増やせると思います。相手の男性も短時間なら気軽に会ってくれそうです。
恋愛も時短の時代? アラサー女子の時短恋愛4選

時短=手抜きではなし!

時短について「手抜き」「効率化しすぎ」と、否定的に考える人もいると思います。なかには時短したことで罪悪感をもつ人もおり、せっかくの時短が心苦しいことになってしまうことも……。

しかし、時短は手抜きではありません。物事を効率よくこなし、その分、ほかのことにも時間をまわせる賢いやり方なのです。時間は有限ですから、納得のいく使い方をしてくださいね。

 

Written by 神之 れい