化粧水はコットン派? 手のひら派? メリット&デメリットまとめ

お肌を乾燥から守るために、欠かせないスキンケアアイテムの化粧水。あなたは、化粧水をなじませるためにコットンを使っていますか? それとも手でパッティングしていますか?

保湿効果を高めるため、それぞれのメリットやデメリットをチェックしてみましょう。

化粧水はコットン派? 手のひら派? メリット&デメリットまとめ

コットンパッティングのメリット

肌触りのいいコットンでのパッティングは、摩擦が起きにくく、お肌にストレスを与えづらいのが特徴です。また、手のひらは皮膚の表面に微かなでこぼこがあるため、化粧水をのせていく上でムラが起きやすいものですが、コットンならムラなくお肌のすみずみまで化粧水を伸ばしていくことができます。

また、手のひらについた雑菌がそのままお肌に触れてしまうことも防げるため、お肌を労わりながら優しく化粧水をなじませたいときに重宝します。コットンに化粧水をたっぷり含ませて、しばらくお肌の上においておけば、パックのような役割も果たしてくれます。保湿効果を高めたいときにうれしいですよね。

化粧水はコットン派? 手のひら派? メリット&デメリットまとめ

コットンパッティングのデメリット

一方で、コットンには化粧水をたっぷり含ませて、丁寧にパッティングしなければかえって大きな摩擦を起こしやすくなる可能性もあります。例えば、肌トラブルが起きている場所を乾いたコットンでこすると、悪化させてしまう可能性があります。

また、お肌の弱い人の場合、コットンの品質にもこだわらなければいけません。繊維が崩れやすいコットンは、お肌に繊維が付着しやすく、そのままにしておくと雑菌繁殖のきっかけにもなってしまいます。肌質との相性も見ながら、使いやすいコットンを探してみてください。

手のひらパッティングのメリット

自分自身の手のひらでしっかりと化粧水を叩き込んでいく手のひらパッティングは、お肌の状態を実感しやすいのが特徴です。「少し乾燥気味かもしれない」「前よりも皮膚がたるんでいるような気がする」など、お肌の状態を直接確認できるのは、コットンによるケアにはない魅力です。

また、手のひらで化粧水をなじませれば、コットンのように繊維が付着したり、摩擦が起きたりというトラブルを防ぐことができます。さらに、化粧水を人肌でじっくり温めることで浸透力が高まり、より高い保湿効果も期待できます。

手のひらパッティングのデメリット

メイクやスキンケアを手で行う上での1番のリスクは、お肌に雑菌がついてしまう可能性があるということです。常に清潔な状態をキープしているつもりでも、手のひらには知らずしらずのうちに雑菌がつきやすいものです。デリケートな顔周りのお肌に雑菌が付着すれば、肌トラブルの原因になりかねません。

また、皮脂汚れなどをすっきり落とすことを目的とした「ふきとり化粧水」などの商品は、コットンを使うことを前提に展開されています。お手持ちの化粧水が、コットン用の商品の場合は、手のひらでパッティングしても効果を活かしきれない可能性があります。

化粧水はコットン派? 手のひら派? メリット&デメリットまとめ

肌に合う化粧水のなじませ方を見つけるには

化粧水をお肌になじせるにあたって、一概に「正しい方法はこれ! 」と言うことはできません。お肌との相性は人それぞれ違うため、1週間コットンを使用し、次の1週間は手のひらで化粧水をなじませるなど、どちらの方法も試して自分にはどちらが合っているか見極めましょう。

また、お肌は季節や気温の変化も敏感にキャッチします。夏場には問題がなかったパッティング方法でも、冬場は刺激を感じやすくなる場合もあります。「絶対にコットンを使ってケアをしよう」などと決めずに、常にお肌の状態にぴったりなやり方を見つけ、柔軟に対応してください。

コットンの場合も、手のひらパッティングの場合も、ゴシゴシと強くこするのはNG。化粧水を優しく叩き込み、お肌にしっかり浸透させることが大切です。

化粧水はコットン派? 手のひら派? メリット&デメリットまとめ

コットンでも手のひらでも、化粧水をうまく活用しよう

お肌に合った高品質な化粧水を使っていても、十分に浸透していなければ保湿効果を実感することは難しくなってしまいます。

コットンも手のひらも、それぞれにメリットもデメリットもあるため、お肌の状態に合わせて上手に使うことが肝心です。化粧水をしっかりなじませて、カサつき知らずのもちもちのお肌を手に入れてくださいね。

 

Written by ちあり