お肌のカサつきを徹底予防! もっちりお肌を手に入れる5つの習慣

乾燥肌の気になる人はもちろん、健康的なお肌の人も、季節によってはお肌のカサつきが気になってしまうのではないでしょうか?

カサつき対策のためには、毎日の乾燥予防が欠かせません。あなたは、ご紹介する5つのポイントのうちいくつ身についているでしょうか? 

お肌のカサつきを徹底予防! もっちりお肌を手に入れる5つの習慣

洗顔するときは、熱いお湯は使わない

寒い朝などは特に、冷たいお水で顔を洗うことは億劫に感じられてしまうかもしれませんね。しかし、35度以上の熱いお湯はお肌のカサつきを予防する、大切な保湿成分まで落としてしまう可能性があります。

すべすべのお肌をキープするためには、30度前後を目安に、熱すぎないぬるま湯で洗顔するようにしてください。毛穴が開きがちなときは、最後に冷たいお水を使って毛穴を引き締めることも合わせて習慣化しましょう。

お肌のカサつきを徹底予防! もっちりお肌を手に入れる5つの習慣

夏場と同じスキンケアアイテムは見直す

夏場は汗をかきやすく、テカリやすい一方乾燥しづらいことから、さっぱりとした使用感のスキンケアアイテムを好む人も多いのではないでしょうか。

しかし、さっぱり系のアイテムは保湿成分が多く含まれていない場合もあり、知らずしらずのうちにカサつきの原因になっているかもしれません。カサつきが気になるときは、しっとりとした使用感のスキンケアアイテムを活用してください。

さっぱり系のアイテムが好きな人は、カサつきの気になる季節だけ「乾燥肌用」「高保湿タイプ」などのスキンケアアイテムに切り替えるのもおすすめです。もしくは、化粧水はさっぱり系を引き続き使いながら、乳液やクリームを保湿効果の高いものに変えるなど、組み合わせを工夫してみましょう。

手のひらが触れないくらいの泡で洗顔する

お肌をカサつきから守るためには、いつもの洗顔のやり方も見直してみましょう。節約のためなどと言いながら、洗顔料をケチケチ使っていませんか? カサつきを改善したいなら、洗顔料はとにかくたっぷり使い、しっかりと泡立てることが大切です。

肌同士が触れ合うと、摩擦によって肌を傷つけてしまったり、肌に必要な保湿成分まで落としてしまったりする可能性があります。もともとのお肌が乾燥肌ではない人でも、洗顔のやり方を間違えると乾燥しやすくなってしまいます。

カサつきが気になるときは特に、ふわふわの泡でお肌を優しく包み込むことを心がけてください。泡立てネットなど、濃密な泡を作るためのアイテムも美肌作りに欠かせません! 

お肌のカサつきを徹底予防! もっちりお肌を手に入れる5つの習慣

洗顔後やお風呂上りに、顔を拭きすぎない

お湯の温度に気をつけていたり、たっぷりの泡で丁寧に洗ったりするだけでなく、洗顔後の水気の拭き取り方にも注意しましょう。洗顔後やお風呂上り、濡れた顔をタオルでゴシゴシ拭いてしまうと、お肌に必要なうるおいを損なってしまいます。

タオルは、清潔なものを用意して素肌にポンポンと当てるようにして水気を拭きとってください。また、カサつきが特にひどい時期には、あまり水気を拭きとらないまま化粧水を叩き込むというスキンケアもおすすめです。

お肌のカサつきを徹底予防! もっちりお肌を手に入れる5つの習慣

湿度の変化に敏感になる

お肌のカサつきを予防するためには、室温にもこだわりましょう。湿度の低い部屋は、お肌の乾燥を招きやすくなります。湿度計を設置し、50%を下回ったときには加湿器を使うなど、自分のルールを決めておきましょう。

乾燥しやすい季節、外出する機会や屋外で過ごす時間が増える場合には、湿度の変化を見逃しやすくなってしまいます。そんなときは、ミスト化粧水も活用してみましょう。

ミスト化粧水とは持ち運びできるミストタイプの化粧水で、顔に吹きかけることで、どこでも手軽に保湿できます。化粧直しのタイミングで使えば効果的に保湿できるため、ぜひ持ち歩きたいアイテムですね。

5つの正しい習慣で、カサつき知らずのお肌を手に入れて

敏感肌や乾燥肌など、生まれ持った肌質は人それぞれ違います。しかし毎日の習慣に気をつけていれば、カサつきなどの困った性質を緩和させることも難しくありません! 

悩みを解決へ導くためにも、日々の洗顔やスキンケアをもう一度見直し、正しい習慣を身につけましょう。

 

Written by ちあり