新婚旅行で国内に行くならココがオススメ! 見どころをご紹介!

彼との結婚式が済んだら、次はいよいよ新婚旅行ですね。どこに行くか、もう決めましたか?
「新婚旅行=海外」のイメージがありますが、国内も悪くないかもしれません。最近は新婚旅行を国内にするカップルが増えているそうです。

国内であれば費用も抑えられますし、移動時間も短い分、1日長くゆっくりできることも。
今回は新婚旅行を国内にするなら、どこかがオススメか。場所の見どころを挙げてみましたのでご紹介します。

1位:沖縄県

日本のハワイ、グアムと言ってもいいでしょう。日本と思えない南国の雰囲気は、ハネムーンにオススメのリゾート地です。その魅力は何と言っても、その美しいビーチですね。ここまでキレイなコバルトブルーの海が拝めるのは、国内では沖縄だけだと思います。

修学旅行で行った人も多いかもしれませんが、沖縄の離島にはまだ足を運んだことのない人もいるのでは?
たとえば宮古島、石垣島。聞いたことのある人も多いでしょう。宮古島ではマリンスポーツ、石垣島では水牛車でゆっくりと時間を堪能するのもいいですね。

2位:鹿児島県

鹿児島にも沖縄に負けないビーチがあります。最近話題になっている百合ヶ浜はご存知でしょうか。春から夏にかけて中潮から大潮の干潮時だけ、姿を表す砂浜といわれています。
その白い浜は言葉にできないほど美しく、エメラルドグリーンの海と一緒になった姿は、まさに楽園の名にふさわしいでしょう。

鹿児島には、屋久島があるのも忘れてはいけません。島の9割が森林の屋久島は、推定樹齢7200年といわれる縄文杉が。
屋久島は日本一が雨が多いといわれています。映画「もののけ姫」の舞台になった屋久島の神秘に満ちた森と水の営みを、ぜひその目で堪能してみてください。

3位:北海道

海よりも大自然を堪能したいなら、北海道は外せませんね。北海道は国内のなかで最も広大な土地を誇る県ですから、時間があるならあちこち巡れるといいと思います。

たとえば北海道と聞いて、富良野のラベンダー畑を思い浮かべる人も多いはず。「ファーム富田」なら丘全体にラベンダー畑を楽しめるので、ぜひ一度足を運んでみてください。

冬なら札幌の「夢まつり」も有名ですね。お土産として有名な白い恋人の製造を見学できる「白い恋人パーク」もありますね。
北海道といえばカニやいくら、ウニといった新鮮な海の幸も忘れてはいけません。函館、小樽エリアは海鮮料理店が多くあるので、その美味しさを味わいたいものです。

4位:京都府

日本文化を堪能するなら京都もいいですね。京都の魅力は、まず食べ物。京都には美味しい食べ物がたくさんありますよね。たとえば千枚漬け、すぐき、柴漬けといった漬物。
にしんそば、湯豆腐、手まり寿司といった食べ物も京都ならではでしょうか。豆大福、そばぼうろ、金平糖といったお菓子もありますね。

京都は、お寺の数が多いのでも有名なスポットです。春は桜、夏や新緑、秋は紅葉と、そうした光景とのお寺とのコラボレーションは、日本でしか見られない風流さです。

たとえば清水寺の参道の清水坂から、石段で降りる坂道「三年坂」。「嵯峨野の竹林」も写真で一度は見たことのある人も多いのでは。窓から秋の紅葉を堪能できる「光明寺」も話題のスポットです。

おわりに

国内なら予算も抑えられますし、日数が増やせる分、ゆっくりと過ごせるのもメリットです。

海外で考えていたカップルも、ぜひ国内に的を絞って、ふたりで羽を伸ばしてみては?

 

Written by 柚木深つばさ

関連キーワード

KEYWORDS