本命彼のライン既読時間、遅いから脈なしなわけではない!?

ラインの既読時間、好きな人とのやりとりだと気になっちゃいますよね〜!

なかなか既読がつかないと「迷惑かな」「重いかな」など色々と不安になっちゃうもの。だがしかし、ラインの既読時間は早ければ良いってもんじゃない! というウワサも。

さて今回は、本命彼のライン既読時間、遅いから脈なしなわけではない!? ということについてご紹介致します!

気持ちは既読の早さではない

「脈ありならばすぐに既読になる」と考えてしまう気持ちも分かります。自分が彼に好意を持ってもらえていれば、興味があるからこそすぐにメッセージをチェックしたくなるんじゃないかと。逆を言えば、メッセージに興味がない=自分に興味がない、と考えてしまうわけですよね。

ただ、一概にはそうとは言い切れません。たとえば、ポップアップなどでメッセージのさわりが見られます。それを見て、「かんたんに返事が出来ない内容だなぁ」と思えば、時間にも心にも余裕のある時にしっかり読んで返事をしようと思います。また、それまでの会話の流れがあって、それが軽い内容ではない場合は、同じく時間が必要な場合もあります。単純に忙しい時期で返信が出来ない時などもしかり。

まだそんなに相手のことを知らない時期、「しっかり返信したい時はあえて時間を置いて、余裕のある時に返事をしよう」と思うことは人によってはあることなので、既読になる時間が遅い=脈なしとは言い切れないかもしれません。

その次の対応を見よう

既読が遅くて不安になってしまう場合は、既読後の彼の対応を見ましょう。

返信をすることが遅くなってしまったことに対しての「ごめんね」という気持ちと、状況の説明がされていたり、また、そういうことはなくても、その次に続く内容が「これは時間がなければ返信出来ない内容だな」と感じるのであれば、既読が遅かった理由は脈なしなのではなく、逆に「あなたのことを大切に思っている」という気持ちの現れなのかもしれません。

気持ちが伝わらない対応に関しては……

逆のパターンです。たとえば、既読する時間が遅かった上に、その後の返信もスタンプのみだったり、一言二言のみであれば、それは脈なしの可能性もあるのかもしれません。

ただこの場合も、忙しくて本当に心に余裕のない状況という可能性もありますので注意が必要。彼の状況を見ましょう。もし、仕事が山場を迎えている状況の場合であれば、力を振り絞って返信してくれた可能性もありますよ。

仕事が忙しい時や、たくさんの人との連絡のやりとりをしなければいけない仕事だったりすると、ラインの画面を見るのもうんざりしてしまう時もあります。
そんな時は、「返信が遅くなってごめん。落ち着いたら必ず時間作るから待ってて〜」ということが言えずに、スタンプのみになってしまうことは往々にしてあるものです(笑)

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか? ラインの既読時間って「気にしちゃダメだ」と思いつつやっぱり気になってしまうものですよね〜。

それだけで相手の気持ちを測ってはいけないって分かっているけれど……。

もし、既読までの時間に不安になっている人がいたら参考にしていただければと思います!

 

Written by ヒナタ

関連キーワード

KEYWORDS