【恋のおまじない】彼氏が欲しい時に力をくれるオススメのおまじない

彼氏が欲しいと思った時、瞬時に自分だけじゃ告白したり出会いを探しに行くことに対して勇気が出せないと思い悩んだことはありませんか?

そんな時、恋に効くおまじないがあればとっても心強い応援団になってくれるはずです!

今回は彼氏が欲しい時に特に効果があって手軽に出来るおまじないをご紹介します。

道具もいらない! 面倒くさがり屋さんでもすぐに始められる、恋に効くおまじない

「運命が今、変わる……」と言葉にするだけ! あなたの言葉に恋の力が宿るおまじない

このおまじない、何と「運命が今、変わる…」と3回唱えるだけです。

自宅で家族が一緒に暮らしていて声を出すのが恥ずかしいという場合は、小さな自分に聞こえる位の声で問題ありません。

おまじないと言えるのか、疑問に感じる人もいるのではと思える程簡単なおまじないですが、そこには理由があります。

昔から言葉には魂か宿ると考えられていて、言霊と言う言葉がありますよね。

言葉自体に力が宿るという考え方が主流ですが、これには自分の潜在意識に対してこれからの行動を促すという意味合いもあるのです。

言葉に出すことであなたの潜在意識は運命の変換時期に来ていると刷り込まれます。

自分自身で何か変わった行動を取っているつもりはなかったとしても、潜在意識からの働き掛けで普段は出掛けないような出会いに溢れた場所に足を運んだり、普段よりも積極的な発言・行動を繰り返すようになるのです。

無意識の内にあなたの行動が変わって行けば、出会いや恋愛の種が周囲に溢れていたことに次第に気づいていくことでしょう。

そうしてこのおまじないを試していた女性達は、彼氏を作る機会に恵まれ事態は好転していくのです。

どんなにお金がなくても、時間がなくても実行出来るこのおまじないは彼氏が欲しい女性に力添えをしてくれる心強い存在になってくれるはずです。

【恋のおまじない】彼氏が欲しい時に力をくれるオススメのおまじない

自分に出すメールはまだ見ぬ彼氏へのラブレター? 恋が宿るお守りに!

大変な手間がないのに、強い恋愛のパワーを呼び処せることの出来るおまじないに、メールを使ったものがあるんです。

普段自分が使っているスマートフォン(ガラケーの方はそれで問題ありません)を使います。

 

【1】メール作成画面を呼び出す。

【2】宛先欄に自分のメールアドレスを入力する。

【3】件名は入力せず、「My love comes soon」と本文に入力する。

【4】送信ボタンを押し、受信したメールは保護して消えないようにする。

 

先程の項目では、口から出る言葉について言霊のお話をしましたが、今回は文字にした場合の言霊のおまじないです。

入力した英文の通り、あなたの元にまだ見ぬ彼氏や幸せなことをこのメールが引き寄せてくれるのです。

スマートフォンをあなたは普段と同じように、肌身離さず持ち歩いていれば存分にその効果を発揮してくれるはずです。

【恋のおまじない】彼氏が欲しい時に力をくれるオススメのおまじない

女子力もアップするマニキュアに恋愛運が宿るおまじない

マニキュアはお洒落でモテる女性の必須アイテムと言っても過言ではありません。

このおまじないは足に塗るペディキュアを使うことで、恋愛運と一緒に女子力も無意識の内に上がっていくというものです。

 

【1】好きな男性を思い浮かべながら、利き手と反対側の足の指に赤いマニュキアを塗る。

【2】靴下などでマニキュアを隠して、21日間絶対に周囲に知られないようにする。

 

もし赤いマニキュアがどうしてもすぐに手に入らなかったり、濃く派手過ぎる色が苦手だという場合はご自身が好きな色・もしくはラッキーカラーで代用出来ます。

あなたの通った道を、運命の相手も辿るように引き寄せる効果がありますので、未来の彼氏に出会える日も遠くないかもしれませんね。

おまじないの効果のために見えない所にお洒落をすることで、無意識に女子力もアップする効果があります。

女子力がアップすれば、恋を引き寄せる力もグンと強くなりますので一石二鳥なおまじないなのかもしれません。

【恋のおまじない】彼氏が欲しい時に力をくれるオススメのおまじない

おまじないはあくまでサポート役! あなた自身の力もフルパワーで発揮することを忘れないで

これまで彼氏が欲しいと思っている女性に向けて、簡単に出来てかつ効果の高いおまじないを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

おまじないは彼氏が欲しくてアプローチしたいけれど、勇気があと少し足りない時、とても心強い支えになってくれます。

けれどおまじないに頼り切ることなく、自分で勇気を振り絞る気持ちを必ず忘れないようにしましょう。

折角やって来てくれた恋愛運が逃げてしまうことのないように、丁寧なおまじないと生活を心掛けると良いですね。

司の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…