不倫のエッチがいつもより気持ち良いのは背徳感のせい?

不倫という行為には賛否両論ありますが、不倫のエッチが普通の恋人とするエッチよりも実は気持ち良いと感じる人がいるのですって。それは許されない恋故の背徳感のせい? それとも他に理由があるの?

今回は不倫とエッチの関係性についてお話していきます。

不倫という禁忌(きんき)が作り出す特殊な状態に、体も心も燃え上がる

不倫はタブー! 分かっていてもハマってしまう底なし沼

不倫は、妻や家族を持つ男性にとっては何よりもしてはいけない絶対タブーの行為です。大切な家族を悲しませるだけでなく、社会的信用にもヒビが入ってしまう、家族にとってはある意味重大な犯罪よりも罪の重い行為です。

先に待つのは身の破滅かも知れないと分かりながらも、どうして男性も女性も不倫という行為に走るのでしょうか。

男性側は、家族というしっかりとした基盤を作った時点でどこかやり終えた、目的を達成したかのような錯覚に陥ることがあり、その家族の中にいる妻という人が自分にとって女性ではなくなってしまう時があるのです。

そんな時若くて魅力的な女性にふと出会うと、本能的に自分のものにしておくことで、男性としてのランクが上がったような勘違いをしてしまい、不倫が社会的にも人道的にも道に外れた行為だという認識が出来なくなるのです。

独身の女性が不倫に走ってしまう原因は、人の所有物を羨ましいと思う女性特有の欲求が目を出してしまうからでしょう。誰かのものであるはずの既婚の男性が、自分を欲しいと思ってくれている、そして妻よりも自分という女性を選んだ、それこそがとても大きな意味を持ち、自分のプライドを満足させ、自分の価値を高めてくれるような錯覚に陥ってしまうのでしょう。
不倫のエッチがいつもより気持ち良いのは背徳感のせい?

不倫のエッチは、普通の恋人とするよりも気持ち良い

不倫の時のエッチを、普通の恋人とのエッチと比べてみるといつもより気持ち良いと感じる女性が一定多数います。

男性は、精神的な部分と性的欲求の部分は繋がっているようで実は別々で、好きでない女性でもエッチな行為に走ることはそう難しくないのです。

女性の場合は、精神的な部分と性的欲求部分は連動していて、いくら体だけ気持ちよくなろうとしても反応せずに終わることが多くあります。不倫相手を好きだと思う気持ちに加え、自分だけのものではないのにエッチをするという背徳感でスリルを感じ、体も興奮状態に陥りやすいのです。

不倫関係において、結婚というゴールはあまり期待出来ないことの方が多く、またいつ男性の家族にバレるか分からないという状態こそがエッチ1回1回の希少価値を高め興奮を助長するのです。
不倫のエッチがいつもより気持ち良いのは背徳感のせい?

女性経験豊富な既婚者のテクニックにハマってしまうことも

既婚者とのエッチが普通のセックスよりも気持ち良い理由には、男性がかなりの場数を踏んできているお陰という可能性もあります。

今現在結婚しているのだから、その妻である女性とはもちろんのこと、今まで付き合ってきたであろう女性達とも当然エッチの回数を重ねているはずなのでその分状況に慣れていて当然です。

もし不倫をしているあなたがあまりエッチの経験がないのだとしたら、そのテクニックに翻弄されているだけの可能性も否めません。

彼自身に離れがたい魅力がエッチ以外にあまりないのだとしたら、不倫から得る不利益は割にあわないはずです。今一度本当に全てを失ってもその不倫を貫き通したいのか、相手の男性の家族のことにも思いを馳せ良く考えて、取り返しのつくうちにその道を引き返すことも考えてみても良いのかもしれませんね。
不倫のエッチがいつもより気持ち良いのは背徳感のせい?

不倫の背徳感のエッチよりも魅力的なものもある

これまで不倫のエッチが普通のエッチよりも気持ち良い理由をお話してきましたが、本当に心身共に相手を愛し、相手からも愛され、たった1人を見つめて全てを満たすようなエッチの方が、本当は何十倍も気持ち良いんです。

体の気持ち良さだけではなく、心も満たされるエッチにあなたが出会えることがありますように。その充足感は、不倫の背徳感に引けを取らない位、あなたを満足させてくれるはずです。

司の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

6うーん…