セックスするならどんな場所が理想? 理想と現実のギャップも知りたい

女性とはロマンチックな生き物です。

セックスという行為は、大切な人と愛情を確認し合う大切なもので、その場所は出来るだけ素敵な場所でと願うのは当然のことです。

今回は女性がどんな場所でセックスをしたいと思っているのか、また現実とのギャップはどうなのかについてお話していきます。

女性がセックスをしたいと思う場所は多種多様

女性の永遠の憧れ! ホテルのスイートルーム

二人で過ごすには豪華すぎるスイートルームで恋人とのセックスを夢見ている女性は少なくないと思います。

夜景の見える大きな窓の付いたホテルの最上階、ワインで乾杯なんてしながら落ち着いた時間をたっぷり過ごした後でセックスに移る、何ともロマンチックで一生の思い出に残りそうな時間が過ごせそうですよね。

特別なお金持ちのカップル以外は、ホテルのスイートルームは完全な非日常空間ですのでその分お互いの気持ちが盛り上がって思い出深いセックスになること間違いなしです。
セックスするならどんな場所が理想? 理想と現実のギャップも知りたい

演出もバッチリな最新のラブホテル

最近のラブホテルは昔よりも機能性も、見た目もお洒落で清潔で、ロマンチックな雰囲気に改善されていきています。

リムジンサービスやルームサービス、ホテルのお部屋ごとにロマンチックに演出されていたり恋人同士がどんな風に過ごすのも思いのままです。

女性同士でお泊りするプランがあるほど女性に人気のラブホテルですから、環境を大切にする女性としては理想のセックスをするには打って付けの場所だと言えます。

但し本当に簡素なラブホテルもありますので、もしこの記事を読んで参考にしようとしている男性がいたならば、ラブホテルなら何でも良い訳ではないということを必ず覚えていて下さい。

整頓された彼の部屋は理想の場所

ロマンチックな非日常空間でのセックスに加え、もう1つ大切なのがリラックスした雰囲気の中でセックスをするということです。

彼が普段暮らしているその空間に、自分という異なる存在が入ることを許してくれているというその事実が女性にとっては何よりも大切で嬉しいことです。

普段はズボラ気味な彼が、あなたを呼ぶからと妙に整頓してみせた部屋の様子なども、彼の気遣いを感じられて益々愛情を高める効果があるのではないでしょうか。
セックスするならどんな場所が理想? 理想と現実のギャップも知りたい

理想と現実の落差にショックを隠せない! 現実はどんな所でセックスしてる?

散らかり過ぎた彼の部屋でのセックスに心が萎える

先程整頓された彼の部屋でのセックスは、彼からの愛情を感じられてとても心が高まるものだとお話しましたが、散らかり過ぎた部屋でのセックスに対して女性はどんな気持ちになるのでしょうか。

部屋が散らかった中でのセックスは、彼の普段あなたにあまり見せていないだらしなさや優柔不断さ、見通しを立てない所があったり、羞恥心に欠けるのではないかなど、今後の付き合い自体に不安を覚えるような要素を自覚してしまいます。

ある意味ではあなたに素の自分も彼はさらけ出してくれていると前向きに捉えることも出来ますが、自分という恋人が訪れるのに日常感をあまりにそのままにされて招かれるのは気分の良いものではないはずです。

なし崩しのカーセックスは微妙な気持ちになることも

例えば夜景を見に遠出をしたり、周囲にラブホテルなどがないような場所で、かつ人目に付きにくい場所に車を止めている場合カーセックスという行為をするカップルも少なくないと思います。

車の中というのは、二人きりの言わば密室ですので男性にとってはセックスに適した場所に感じるかもしれませんが、女性にとっては狭いし周囲から見えていないか気にかかるし、空調も充分に効かない場合もあってあまり嬉しいセックスにはならない可能性の方が高いのです。

もしカーセックスを頻繁に仕掛けて来る男性が恋人の場合は、運転に支障のない範囲で後部座席の窓に目隠しをしたり、周囲の目に確実に映らないように必ず配慮することを忘れないようにしましょう。
セックスするならどんな場所が理想? 理想と現実のギャップも知りたい

女性はロマンチックなセックスを望み、男性は日常生活の延長のセックスが落ち着く

これまで女性にとって理想的なセックスの場所についてお話してきました。

男性と女性ではそもそも、セックスにベストな場所というものが違うということが分かっていただけたでしょうか。男性には女性がロマンチックな場所でのデートやセックスを望んでいるということは、恐らく理解出来ません。

もし普段のセックスをする場所に不満があるのなら、理由を添えて彼に提案を重ねて行くことで彼も考えを改めてくれる可能性も高いので、諦めずに主張していきましょう。

あなたと彼どちらにとっても、セックスが大切な時間になるように願っております。

司の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

3うーん…