意外? 「一目惚れ婚」の離婚率はわずか10%と判明!

■「一目惚れ婚」なんて本当にうまくいくの?

 アメリカでカップル1500人を対象に調べた結果、なんと、一目惚れを経験した約半数の55%がそのまま結婚していたそうです。

 ビックリするのは、そのリサーチでの離婚率です。男性の場合でもわずか20%、女性に至っては10%以下という驚くべき数字が出ています。アメリカでは、結婚した夫婦の約半数が離婚しているという現実を踏まえると、「一目惚れ結婚」がひとつの理想のカタチであると実感せざるを得ないデータと言えます。

 出逢ってすぐの結婚は周囲から反対されやすいものですが、この数字だけ見れば、やはり第一印象や直感はとても大切だということです。

■なぜ一目惚れだと長続きしやすいのか?

 みなさんはこのデータを見てどう思われましたか?

 「やはり結婚は最初にピンと来る人でなければ続かない!」なんて改めて思いましたか? 本当の意味での一目惚れなんて、人生で何度も訪れるものではないと思います。しかも、年齢を重ねるとともに、会った瞬間にドキドキするような出逢いなども限られてくるので、惚れにくい人にとっては現状に不安を感じてしまうでしょう。

 今日はこの調査の数字から、「一目惚れ結婚」をもう少し紐解いて、離婚しない幸せな結婚を考えてみましょう。

■男性からの一目惚れの方が離婚しにくい?

 まず最初に、男性視点で「なぜ一目惚れは離婚しにくいのか?」を分析していきたいと思います。まず、一目惚れして何とかその女性を射止めようと思うことで、男性は以下のような心理状態になります。

1. 自分の想いを伝えるために必死に追いかける
2. 願いが叶うまでに時間をかけることで特別な価値が出る
3. 苦労して手に入れることができたので簡単には手放せない

 男性側の一目惚れから始まった場合、意中の人と苦労して相思相愛になることにより、より高い価値感と達成感がもたらされるわけです。離婚すること=自分の努力を無にしてしまう怖さという感情が、簡単には離婚できない心理になるのではないでしょうか。

 ただ男性の場合は、仮に自分から惚れて追いかけて手に入れても、その後、つきあってから女性の愛情が強すぎて逆転してしまうと、調子に乗って浮気してしまう危険性も一部はらんでいます。

 または結婚という一つの目的が成就されることで安心してしまい、ちょっとした遊びの浮気などが原因で、統計上では女性よりも離婚率が高くなるのかもしれません。

■女性が一方的に追いかける一目惚れは危険?

 それでは女性側の離婚率10%の理由についても探っていきましょう。女性の一方的な想いから始まった恋愛には2つのパターンがあります。両想いとなって大切にされるか、安心させてしまい相手から大切にされないかのどちらかです。

 女性が一方的に男性を追いかける立場になってしまった場合には、単なるセックスフレンドになってしまったり、簡単に浮気をされてしまうといったケースがあるはずです。つまり、女性の一目惚れから始まった恋愛の場合、実は結婚まで至らずに別れてしまうことが多いと考えられるのです。

 それゆえに結婚まで無事に辿りつくカップルは、仮に女性側の一目惚れがきっかけであっても、周りからも仲が良い理想のカップルとして認知されるのでしょう。

 実は、これが女性の一目惚れ結婚の離婚率が極めて低い数字を出している理由なのではと推測されます。

■離婚する夫婦は最初から兆候が出ている?

 冒頭でも言いましたが、出逢った瞬間の第一印象で恋愛が始まり、そのまま結婚できたら本当に理想的でしょう。

 実際に周りの仲良し夫婦を見てみれば、大きなケンカや別れ話など別れの危機もなく、そのまま結婚へと一直線に進んでいます。反対に離婚する夫婦は、結婚へ至る過程で別れ話が何度か出たり、新婚当初から小さなケンカが結構あったりと別れへの小さなサインが出ているものです。

 もちろん一目惚れ結婚でなくても心配はいりません。好きになるまで時間がかかろうが、お見合いだろうが、リアルな結婚生活は日々の言動や行動、そしてお互いの思いやりなどの積み重ねが、より二人の強固な関係を構築していくということをお忘れなく!

【婚活・お見合いガイド:久野 浩司】


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…