片思いの恋を諦める「見極め」と「タイミング」

片思いにも楽しいところがありますよね。妄想で恋を発展させたり、彼を思って自分磨きにいそしんだり。なんたって恋する相手に出会えたことは幸せだから。でも、それはしばらくの間のこと。長く続けていると、やっぱりどうしたって辛くなります。いつまでも片思いのままだとしたら……。

「だからといって、どこで踏ん切りをつければいいのかわからない!」

そこで今回は、“片思いの恋を諦める「見極め」と「タイミング」”についてお話しようと思います。

片思いの恋を諦める「見極め」と「タイミング」

その恋を諦める「見極め」

今の状況を客観的に見てみる

表だって振られたわけじゃない。彼は会えば優しいし、私を嫌っているようには思えない。特別冷たくされでもすれば踏ん切りもつくでしょうが、楽しい時もあって「もしかしたら……」の望みが残っていたら、真実は見極めにくいです。希望的観測を脇に置いて、少し客観的な目で今の状況を見てみてください。

・彼の方からは連絡がない
・返信が常に遅い、短い、そっけない
・彼から話題を振ってくることがない
・誘われるのはいつも突然
・「友達」という言葉をよく使われる

いくつもあてはまるようなら、彼との関係が恋に発展することはないと見極めた方がいいかもしれません。

片思いの恋を諦める「見極め」と「タイミング」

恋愛中毒じゃない? 自分に聞いてみる

本当に彼じゃなきゃだめですか? 彼という人を必要にしていますか?「恋愛」そのものに依存して、辛い恋の中毒になっていないでしょうか。お買い物中毒という言葉がありますが、恋愛中毒も存在します。辛いのに、やめられないのです。

彼そのものではなく、「苦しい恋」という状態にすっぽりはまっている状態だと気づいたら、出来るだけ早く断ち切らなくてはなりません。心と時間を浪費してしまう前に。

信頼できる友達に聞いてみる

渦中にいると、正当な判断が出来ないこともあります。そんな場合は、状況を知る友人や知人に意見を聞いてみましょう。少々辛辣(しんらつ)でも正直なことを言ってくれる人を選んで下さい。

耳に痛いことは誰だって聞きたくないものです。「大丈夫。そんなことない」、と励まして貰えた方が元気は出るでしょう。ですが、片思いを諦める見極めをつけたいなら……わかりますよね?

そして、「脈がないから諦めた方がいい」と言われたら、「でも……」と反論したりせず、相手の言葉を素直に受け入れます。本当に諦めるかどうかは自分次第ですが、人からあなたの恋はそんな風に見られているのです。言い訳せず、ごまかしを捨てれば、真実が判断できます。

片思いの恋を諦める「見極め」と「タイミング」

その恋を諦める「タイミング」

彼に彼女が……。

彼に彼女が出来た。今まで知らなかった恋人の存在を知った。……ショックですが、諦めるタイミングとしては絶好だと思われます。

恋人の存在を隠していたとしたらそれはそれで問題です。新しく彼女が出来たという場合も、あなたと交友がある間に恋を育んでいたということですから残酷ですよね。どちらにせよ、気持ちを断ち切るある意味良いタイミングでしょう。

転勤や転居

彼または自分の転勤、引越しなどで距離が離れたときは、諦めるタイミングかもしれません。既に恋人であれば遠距離恋愛で心の距離を縮めることもあるでしょうが、そうでなければ物理的な距離は心の距離も遠ざけます。顔を見たり声を聞く機会がなくなることは、忘れる辛さを軽減してくれるでしょう。

2回以上断られた

二人きりで会う誘いを2回以上断られたら、(理由や状況にもよりますが)基本「振られた」と理解した方がいいでしょう。少しでも相手に興味があれば、代替え案などを提案してきますから。

要するに脈なしってことです。上記2つより厳しい決断かもしれませんが、このタイミングで諦めた方が長々苦しむより傷は浅いです。

片思いの恋を諦める「見極め」と「タイミング」

おわりに

いかがでしょうか。片思いの恋を諦めたのに、いつまで経っても苦しい、辛い、ということがあるかもしれません。そんなときは、今までと時間の使い方を変えてみることをオススメします。

考える暇もないほど仕事や趣味に打ち込んでみるのはどうでしょう。習い事で何かを身につけるというのも楽しいです。新しい場所に出向くことで、新しい出会いの可能性も広がりますよ〜!

 

Written by mami

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…