したたかな女はセックスでも〇〇を忘れない

大好きな彼とようやくセックス……となれば、情熱のままに開放的になってしまう人もいるでしょう。でもね、したたかさは絶対忘れちゃダメです。そこで今回は、セックスでも忘れて欲しくないしたたかなポイントを紹介。彼をセックスでキュンとさせる、したたかなポイントはこの2つ。

したたかな女はセックスでも〇〇を忘れない

いかなるセックスも恥じらいは必須!

彼が脱がせてくれる前に自分でさっさと服を脱ぎ、下着も自分でサクッと取って、潔く股を開いてさぁどうぞ!! ……では、絶対男子萎えますからね!

たしかにセックスも回数こなしちゃうと『自分で脱いだほうが早いや』と、恥じらいもなく自分でパパッと脱ぎ、簡単に裸になる女子もいますが、誰と何回セックスしても恥じらいはなくしちゃダメです! (とはいえ、なかなか服を脱がないのもダメよ。夜が明けちゃうからね)

男子って恥じらいの中にエロさを感じるんです。だから股も簡単にパカーと開かないほうがいいですよ。恥ずかしがる女子の股をじわじわ開くのが興奮する! って男子も多いですからね。「召し上がれ」と言わんばかりにベッドの上で胸も隠さず、股もおっぴろげ状態では、男子のアソコも勃ちませんって……。

セックスの後もそう。裸のまま部屋を歩き回るなんて、はしたない行動はもってのほかです。裸を見せていいのはセックスの時だけ。それ以外は見せない。じゃないと裸の価値が下がります。セックス後シャワーを浴びるにしても、バスタオルを巻くなりして彼に体を見せないようにしましょう。

したたかな女はセックスの時も男子の前では恥じらいをなくしません。セックスレス防止のためにも恥じらいは大事。

したたかな女はセックスでも〇〇を忘れない

ベッドの上以外では気遣いを

セックスの時、男子の気遣いにキュンとしたことありませんか?

例えばフェラの時、髪の毛が邪魔にならないように耳にかけてくれたり、セックス中ベッドや壁に頭がぶつからないように手でおさえてくれたり、終わった後、自分のアソコをティッシュで拭く前に、あなたのアソコを優しく拭いてくれたり、イッた後脱力状態なはずなのに抱きしめてキスしてくれたり……などなど、ベッド上での男子のそんな優しさ(サービス?)にちょっとキュンとしちゃいますよね。

ベッドの上では大いに彼に気遣いをしてもらってください。けど、それ以外はあなたが気遣いをしてあげて欲しいもの。

例えばセックス前、彼がシャワーを浴びている間に、彼が脱ぎ捨てた下着や服をたたむとか、セックス後に「お水飲む?」と聞いてあげたりとかね。したたかな女子はしてもらうだけじゃなく、自分から気遣いができます。

たぶん気遣いが一切ないセックスって、気持ち良かったとしても、どこか虚しさが残りますよ……。せっかくならお互いの気持ち良さもそうだけど、気分良くセックスしたいですよね?

したたかな女はセックスでも〇〇を忘れない

おわりに

セックスの満足度を上げるためにもしたたかさは大事。彼と馴れ合いの関係になっても恥じらいと気遣いは忘れないでください。手抜きしないセックスこそ、愛あるセックスですからね。

 

Written by 美佳