駆け引きってどういうこと?恋愛時に意識したい効果的なアプローチ術

恋は駆け引きが重要です。たとえば気になる人とデートをする際、どんな服を着ていこうか悩むとか。相手とまだ両想いの確信がないのに、あまり女性らしさが強い格好だと、かえって相手に気を遣わせてしまいますよね。
いわゆる、これが恋の駆け引きのひとつだと思います。しばらく恋を休んでいると、駆け引きの仕方も疎くなりがちです。
今回は、恋愛時に意識したい駆け引きをご紹介します。必要な駆け引きと不要な駆け引きの仕方を、ぜひマスターしてください! 駆け引きってどういうこと?恋愛時に意識したい効果的なアプローチ術

相手に対してちょっと冷たく当たる

よく恋愛時に、「男性には追わせたほうがいい」といいますよね。男性には狩猟本能があり、手に入るとわかった女性よりも、手に入りそうで入らない女性に夢中になるとか。
たしかにこれは一理あると思います。というのも、その恋を本気にさせるには、少しでも相手の興味を自分に惹きつける必要があると思うからです。
そこでひとつ意識したい駆け引きは、相手との両想いが確信した際(あるいは自分の気持ちよりも、相手の気持ちのほうが大きい場合)、相手に対してちょっと素っ気ない態度を取ることです。それこそ、連絡頻度を少なくするとか、ですね。
たとえば仕事が忙しくなって、彼への連絡が思うように取れなくなったとしますよね。すると、相手は「いままで頻繁に連絡をくれたのに……」と、あなたのことが気になり出すはず。
いわゆる、これが恋を盛り上げるのでしょう。男性に不安を感じさせたり、心配させたりすることが、結果的に彼の気を引かせることに役立つのだと思います。
ただし、これは両想いの確信ができたときでないと、そのまま恋が冷めてしまう恐れが高いです。あくまでも相手を翻弄させるように、ちょっと意地悪に意識ができるといいのかもしれませんね。
駆け引きってどういうこと?恋愛時に意識したい効果的なアプローチ術

デートの誘いをカンタンにしない

気になっている人からデートに誘われたとして、すんなりと誘いを飲むのもひとつの手だと思います。でも、そこで「いつでもいいよ」と言ってしまう女性と、「その日はごめん。予定があるんだよね」という女性では、男性に映る印象が違うでしょう。
男性が女性を口説き落とす際に、一筋縄ではいかないほうが、男性はより相手の女性に夢中になるからです。簡単に手に入る女性は、恋が盛り上がりづらいのは、前述のポイントでご紹介した通り。
ムリに誘いを断る必要はないですが、それとなく予定がつまっていることを伝えたり、相手からの二回目の誘いが早いようなら、「遅くならない程度なら! 」と断っておくのもいいのかも。あまりガツガツ、相手の誘いに乗ってしまうのは避けましょう。
駆け引きってどういうこと?恋愛時に意識したい効果的なアプローチ術

自分のギャップを上手に見せる

客観的に、あなたはどんなタイプでしょうか。かわいいタイプ? それとも格好いいタイプ?
もし彼にかわいい印象を持たれているなら、たとえば仕事ができる一面を彼に見せるとか。「仕事でこんなことしているんだけど~」と伝えるとか。
普段のイメージにない一面を見せられると、男性はギャップを感じて、あなたがより魅力的に感じると思います。反対に格好いいタイプなら、自分の弱みを彼に見せるとか。
仕事の悩みを見せるなど、ちょっと弱気な自分を見せることで、彼に守ってあげたい欲を促せそう。
いずれも意識すると難しいですが、普段の自分のイメージにはないものを彼に見せられると、恋はもっと盛り上がって楽しくなると思います。

おわりに

恋の駆け引きって難しいものですね。でも、これが恋の醍醐味でもあります。
駆け引きってどういうこと?恋愛時に意識したい効果的なアプローチ術
駆け引きを楽しみながら、彼のハートを夢中にさせられるよう、アプローチを頑張ってみてください。

 

Written by 柚木深つばさ