上手に駆け引きをするコツ8つ!駆け引きの成功例と失敗例も紹介

気になる人との恋を成功させるためには、上手な駆け引きはすごく効果的であると言えます。

上手な駆け引きを行うことで、難しく感じてしまうあの人との恋も叶うかもしれません。

今回は、そんな上手な恋の駆け引きについてご紹介していきます。

恋愛における駆け引きの効果とは?

【手相占い】恋愛運がわかる手相とは? あなたはモテる!?

恋は駆け引きが重要です。たとえば気になる人とデートをする際、どんな服を着ていこうか悩むとか。

相手とまだ両想いの確信がないのに、あまり女性らしさが強い格好だと、かえって相手に気を遣わせてしまいますよね。

いわゆる、これが恋の駆け引きのひとつ。しばらく恋を休んでいると、駆け引きの仕方も疎くなりがちです。

今回は、恋愛時に意識したい駆け引きをご紹介します。必要な駆け引きと不要な駆け引きの仕方を、ぜひマスターしてください!

駆け引きをする時の注意点

駆け引きをする際には、明確な正解がないため、どんな恋愛本にも正解はありません。

そのため、相手との関係性や相手と自分の性格、その場の状況を考慮して、その場に合わせた行動を心がけましょう。

駆け引きは自分と相手の間のことですから、どのような駆け引きをすればいいのか、判断できるのは自分しかいません。

そのため、洞察力と経験値を積むことが大切になってきます。感情的にならず、冷静に相手を観察して上手な駆け引きが出来るようにしていきましょう。

上手に駆け引きをするコツ8つ

「人を好きになる」がわからない。そんな人への恋愛感情の気づき方を教えます!

では、早速、上手に駆け引きをするコツについてご紹介していきます。ここでは、8つのコツを紹介していきますので、今、気になっている人がいる方は参考にしてみて下さいね。

また、状況や関係性、性格によって取るべき駆け引きは変わってくるので、そういったことを念頭に置きながら、自分に合った方法を探してくださいね。

上手に駆け引きをするコツ1:距離感を的確につかむ

まず、上手な駆け引きをするには、距離感を適切につかむことが大切です。

これは、どんな場合においても必須になってくるので、まずは客観的に自分と相手の距離を知ることから始めましょう。

距離感を分かっていないと、相手はそれほど仲が良いと感じていないのに、積極的に行動しすぎてしまうなど、空回りしてしまいます。

駆け引きにはある程度の余裕が必要ですから、冷静に駆け引きをする土台をつくるためにも、距離感の把握は必ず行いましょう。

上手に駆け引きをするコツ2:ギャップをみせる

客観的に、あなたはどんなタイプでしょうか。もし彼にかわいい印象を持たれているなら、たとえば仕事ができる一面を彼に見せるといいでしょう。

普段のイメージにない一面を見せられると、男性はギャップを感じて、あなたを魅力的に感じるはずです。

反対に格好いいタイプなら、仕事の悩みを見せるなど、ちょっと弱気な自分を見せることで、彼に守ってあげたい欲を促せそう。

いずれも意識すると難しいですが、普段の自分のイメージにはないものを彼に見せられると、恋はもっと盛り上がって楽しくなるでしょう。

上手に駆け引きをするコツ3:相手によって連絡頻度を変える

連絡をとる際の頻度は、恋の駆け引きにおいて重要なことの一つであると言えます。

相手によって、返信のスピードを速くしたり、遅くしたりすることで、相手があなたを気になってしまうという状況を作るのです。

例えば、最初の距離を詰める段階には、早く返信をする、そして相手が自分に興味や好意を持ち始めたら、返信を遅くすると、「どうしたんだろう?」「何かあったのかな?」とあなたのことが気になってしまうはずです。

上手に駆け引きをするコツ4:会話を予測する

会話を予測することも駆け引きをするコツの一つになります。

あらかじめ、会話の内容を決めて置いたり、相手がどういった返しをするのかを予測しておくことで、どういう方向で会話を進めるかを計画することができます。

ある程度の会話を予測していれば、会話が思いつかず、焦ってしまうこともなくなり、会話の主導権を握ることができます。

その中で、相手をドキッとさせるセリフなどを盛り込むことが出来るので、計画的な駆け引きを出来るようになるでしょう。

上手に駆け引きをするコツ5:相手が喜ぶポイントを把握

自分がどういう行動や言葉を相手に向けると喜ぶのか、相手の喜ぶポイントを把握しておくのも、駆け引きにおいて大切なことです。

駆け引きの際は、攻めるときと引くときの使い分けが大切になってくるわけですが、攻めるときに必要になってくるのが相手を喜ばせたり、ドキドキさせることです。

相手がどんなことに喜ぶのかを把握することで、駆け引きの際に言葉や行動を上手に選択することができるようになるはずです。

上手に駆け引きをするコツ6:感情的になりすぎない

恋は盲目とはよく言ったもので、恋をすると理性的でなくなり、感情的になってしまいがちです。

その結果、客観的に物事を見れなくなってしまうため、戦略的な行動が出来なくなってしまいます。

感情に任せて突っ走った結果、上手くいきそうだった恋が失敗するパターンもありますので、感情的になりすぎないように自分で気を付けていきましょう。

上手に駆け引きをするコツ7:自分の長所や強みを知っておく

駆け引きをする際に自分の長所や強みを知っておくのは、大きな武器になるでしょう。

自分のどういった部分が魅力的なのか、人を惹きつける特徴はどこか?を一度考えてみましょう。

あなたの強みを駆け引きの際にも生かすことが出来れば、恋が成就する確率もぐんっと上がるはずです。

自分では分からないという人は、友達や家族に「自分のいいところはどこなのか」を聞いてみて下さい。客観的な自分の見え方が分かってすごく参考になるはずですよ。

上手に駆け引きをするコツ8:男性をキュンとさせることを把握しておく

駆け引きをするにあたっても、女性のかわいらしさや愛嬌は大きな武器になります。ですので、男性はどんな仕草や言葉にキュンとするのかを事前に把握しておきましょう。

駆け引きをするにも、まずは相手があなたのことを気になる、可愛いなと思う、という段階に持っていく必要があります。

ですので、押しの作戦として男性を喜ばせたり、自分を可愛く見せたりする方法を頭に入れておきましょう。

駆け引きが成功した人の例3つ

では、実際に駆け引きが成功した人は、どのようなことをしていたのでしょうか。駆け引きが成功した人の例を参考にすることで、駆け引きの成功率は上昇するはずです。

これから紹介する3つの例を参考にして、自分なりの駆け引きをするべく、作戦を練ってみて下さいね。意中の相手の心を射止める方法がきっと見つかるはずです。

駆け引きが成功した人の例1:競争心を刺激した

相手男性の競争心を刺激することは、駆け引きが成功する要因としても大きいものです。男性は、本能的に競争に勝ちたいという気持ちを持っています。

そのため、男性の競争心を上手く利用することは恋愛においても効果的であると言えます。

例えば、気になる彼の前で他の男性と仲良くしたり、男性の影をちらつかせてみたり・・・と、誰かに取られるかも、という気持ちにさせて彼の競争心を煽ってみましょう。

ただ、これはやりすぎてしまうと、軽い女性に見られてしまったり、冷めてしまったりするので、様子を見ながら行いましょう。

駆け引きが成功した人の例2:さりげなく好意をアピール

この例でのポイントは、さりげなく、という部分にあります。男性には狩猟本能があり、女性を追いかけたい、振り向かせたいという欲求を持っています。

そのため、女性からストレートに好きな気持ちを表に出してしまうと、その女性を振り向かせることが、価値がないことのように思えてしまうのです。

ですから、あくまでも「さりげなく」好意をアピールすることで、男性としても「どっちなんだろう」とソワソワした気持ちになることで、頭の中があなたでいっぱいになるはずです。

駆け引きが成功した人の例3:わざと冷たくした

わざと冷たくすることで、駆け引きが成功する例もあります。

今まで、自分を好きな感じで接してきていた女性が、急に冷たくなることで、男性の頭の中はハテナでいっぱいになります。

「どうしてだろう」「なにかしてしまったかな」と考えることで、あなたのことを考える時間が増えます。

今までは、好かれて当然だった相手が急に素っ気なくなることで、あなたの存在の大きさを感じることになるでしょう。

ただ、冷たくしすぎると、反感を買ってしまったり、諦められてしまったりもするので、期間や程度には十分注意してくださいね。

駆け引きが失敗した人の例2つ

ドタキャンとは? ドタキャンをする人がよく使う言い訳6つと特徴6つ

では、逆に駆け引きが失敗するのはどういった場合なのでしょうか。駆け引きが失敗した人の例を参考にして、気を付けるべきポイントをしっかりと押さえておきましょう。

駆け引きは難しいものですが、なるべく失敗をしないようにここでは、二つの例を挙げていきます。これらのようなことにならないように、注意して読んでみて下さいね。

駆け引きが失敗した人の例1:距離をおいても相手が焦らない

駆け引きには、押しと引きが大切です。ただ、「引く」方法の一つである距離をおいても相手が焦らず失敗してしまったというパターンもあります。

元々、相手が女性慣れしている人であったり、モテるタイプ、またあなたのことを気になっている状態にまだ達していないときは、距離をおくという作戦は効果的でない場合があります。

距離をおいても相手が焦らないのであれば、そのままフェードアウトされてしまう可能性もあります。

ですから、相手があなたに好意があることを確認してからこのステップに入るようにしましょう。

駆け引きが失敗した人の例2:好意をアピールしたら引かれた

好意をアピールしたら引かれたという失敗のパターンもあります。

大抵の男性は、自分から女性にアピールしたい、リードしたいという人が多いですから、女性からグイグイ来られると引いてしまうという人も少なからずいます。

ですので、好意を伝える際は、あくまで「さりげなく」匂わせることを意識してみて下さい。どっちつかずの態度が男性の心を掴む一歩になるでしょう。

駆け引きのコツをつかんで上手にアピールしよう!

告白が成功するタイミングの見極め方8つ|タイミングに悩む社会人必見!

どれだけ、恋愛の経験を重ねても恋愛には正解がなく、恋を成就させるのは、多くの人にとって難しいことでしょう。

恋を成就させるにあたって、駆け引きは大事なポイントの一つにもなってきます。

駆け引きにも明確な正解はないので、あなたと相手の関係性、相手の性格、その場の雰囲気に合わせて、なにをすれば相手が自分を気になるようになるのかを見極めて、上手にアピールしてみましょう。

しっかりと相手を観察できれば、きっと恋が上手くいくはずです。

柚木深つばさの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

4うーん…