セックスレスが原因で夫婦喧嘩……どうすればいい?

セックスレス解消に関するハウツーは、ネットにたくさん載っています。
それをコピペするかのようにここで紹介することも可能ですが、そんなことまでして原稿料を得たいとは思わないし、お読みになっている方だって「これ、ほかのサイトでもおなじことを書いてあった」と思えばツマラナイでしょうし、なにより時間の無駄ですよね。

今回は、セックスレス夫婦の旦那の視点から、レス解消法について、一緒に見ていこうと思います。
セックスレスが原因で夫婦喧嘩・・・どうすればいい?

女性ホルモンの「どうしようもなさ」を、男がどこまで理解できるのか?

「したいのに、嫁が求めに応じてくれない」こういうとき、旦那は単純に欲求不満になります。これは女性でも理解できますよね。
だから旦那は奥さんが出かけているときにオナニーしています。あるいは風俗店で性欲を処理してきます。あるいは浮気します。どれもしない旦那は、おとなしく寝るんでしょうけど、オナニーくらいしているかもしれませんよね。

旦那にどこまで奥さんに対する理解があるのか? たとえば奥さんが「出産後、性欲というものが湧いてこない」と思っている気持ちを、旦那はどこまで理解し、思いやりを持っているのか? 話のポイントはここだろうと思います。

産後に限らず、女性って、女性ホルモンの作用ゆえ「どうしてもしたいと思えない」ときってあるでしょう。

たとえば不妊治療でホルモン注射を打った女性のなかには、ホルモンバランスが乱れて、ホントは「妊娠しやすい日」だからヤラないといけないとわかっていても、どうしてもヤリたいと思えないという人もいるそうです。こういう女性ホルモンの、いわば「どうしようもなさ」を、男がどこまで理解できるのか? ということです。
セックスレスが原因で夫婦喧嘩・・・どうすればいい?

だから「知らない」のです

奥さんが旦那さんに女性ホルモンのことを、つまり女性のカラダのことを、ちゃんと教えてあげるしかないように思うのです。
つまり「ヤル・ヤラない」でケンカをするのも結構ですが、女性のカラダのことを「知らない」人に対して怒ったところで、話はなにも始まらないでしょ? ということです。

おそらく世の多くの男性は、女性のカラダのことや女性ホルモンがどのように女性のカラダに作用しているのか、知らないはずなんです。
知識として知っている男性であっても、「実感として理解できている」とは限らない。男は女ではないのだから。だから「知らない」のです。教えてあげるしかないと思いませんか? 
セックスレスが原因で夫婦喧嘩・・・どうすればいい?

旦那はきっとオナニーで我慢するでしょう

セックスレスが原因で夫婦喧嘩になった人に対して、「コミュニケーションから信頼関係と愛情を育み、自然とお互いにセックスをしたい流れをつくりましょう」などと、きれいごとで答える人がいます。あるいは「配偶者以外の異性とセックスをするのは厳禁。不貞行為であり、離婚の原因になります」と、正論を言う人もいます。
でも、ちょっと待ってよ! と思わないですか? コミュニケーション以前に、男は女性のカラダについて知らないことがたくさんあるわけだから、まずは教えてあげる必要があるはずなんです。

男という生き物と女という生き物は、おなじ人間であっても「180度」考え方がちがいます。
たくさんの女子を取材してきましたが、いまだに取材するたびに「こうもちがう生き物なのか」と思い知らされるほど、まるっきりちがうことを考えています。
ちがう考えを持っている者どうしが、お互いに「こういうことを考えている」と伝えあうところから、セックスレスが解消されるのではないですか? 

セックスレスが原因で夫婦喧嘩・・・どうすればいい?
解消されるまでのあいだ、旦那はきっとオナニーで我慢するでしょう。それはそれでいいんです。

男子は中学生くらいからせっせとオナニーしてきたわけです。「結婚前後にさんざんセックスさせてくれたの、あれ、楽しかったなあ。でも今の嫁はヤラせてくれない。しかたない、オナニーでもするか。なんだか中学生の頃に戻った気分だな」と思わせておくといいんですよ。

男って中高生くらいからずっとセックスレスだったのだから、ふたたびレスの状態に戻してあげて、ふたたびセックスを謳歌できる日を夢見させておくといいのでは? 男のデフォルトは「死ぬまでセックスレス」。

これを克服するところに、男としてのそこはかとない「生きる歓び」があるのだから、「旦那はオナニーだけでかわいそう」なんて、あまり強く思わないことです。それより旦那への性教育です。

女体とは……を教え込むのです。

 

Written by ひとみしょう