HSPの恋愛傾向・特徴10選|HSPが恋愛するときに気をつけたいこと5つ

HSPが恋愛をするときに気をつけたい点を知りたい方も多いのではないでしょうか。この記事ではHSPの人の恋愛傾向や、HSPの人が恋愛をするときに気をつけたいことを紹介します。HSPが恋愛をするときに気をつけたい点を知りたい方は、ぜひ読んでみてください。

HSPとは

HSPとは

HSPとは神経質・臆病・引っ込み思案・繊細・敏感といった人の事を指します。HSPの人は、感受性が人より強い傾向があります。言いたい事が言えない、感情が高ぶると、自然と涙が止まらないといった現象を起こす人もいます。

感受性が強いと、人の些細な心の動きを読み取る事ができるので、恋愛に一見有利のような気がします。

しかし、人の気持ちを察する能力がある事でダメージを受けやすくなったり、周囲の雰囲気を読みすぎてしまい「苦手かも」と思ったら自ら距離を置いてしまったりと、人付き合いの不器用な人も多いです。

繊細過ぎる気質

HPSは心が繊細過ぎる故に不安感が多い傾向があり、周りの人間関係や刺激に疲れるためしんどいと感じやすいです。人との関わりで考えすぎてしまったり気にしすぎる特性があるので、人間関係で苦しい思いをすることが多いです。

また、HSPの理解がなく合わないパートナーの場合、辛いことが増えたり喧嘩が多く続かない可能性があります。HSPは相手との相性次第で恋愛依存やモラハラが起こる可能性もあります。

弱みを強みに考えてみよう

HSPの特徴によってうまくいかないことは確かに多く難しいですが、HSPの特徴は活かし方次第でメリットにもなります。例えば、人の気持ちをよく考えることが出来る能力は接客業や人を相手にする仕事に生かすことが出来ます。

世の中には人の気持ちよりも自分の気持ちの方が大切な人もいます。しかしお客様に対して自分中心ではお客様の気持ちに寄り添うことが出来ません。HSPの能力はそう言った時に役立ちます。

HSPの人の恋愛傾向・特徴10選

HSPの人の恋愛傾向・特徴10選

HSPの男性であろうと女性であろうと難しくても出来ることなら幸せな恋愛をしたいでしょう。HSPの恋愛は相手との相性や環境次第で辛いことも起こる可能性があります。

まずは、HSPの人の恋愛傾向を知ることでHSPを客観的に知りましょう。そうすることで、恋愛をしながら自分は今HSPの恋愛傾向が出ているなと気づくことが出来ます。そして、改善方法を考えることで幸せな恋愛に一歩近づきましょう。

1:相手に尽くし過ぎてしまう

HSPの恋愛は相手に尽くしすぎてしまう傾向にあります。どうしても人の気持ちを察してしまうので、人が困っていることに気づいたら放っておくことが難しいです。そのため結果として尽くしすぎてしまう傾向にあります。

相手が機嫌が悪そうだったらいらないことはせず気を使って黙っていたり、相手がペンを必要としそうなことに気づいてペンを持って行ってあげるなど相手に合わせて動く傾向があります。

2:相手のペースに依存しやすい

HSPは繊細で傷つきやすい部分があるので、傷つかないよう人の機嫌を取ることが多いです。そのため、相手の機嫌を悪くしないよう先回りして動いたり、相手の気分に合わせたりして機嫌を損なわないようにするため、相手のペースに依存しやすくなります。

相手のペースに合わせることで、相手の機嫌が悪くなりにくいので自分の気持ちを抑えてまで相手のペースに合わせる人がいます。

3:深く安定した恋愛に向いている

HSPは繊細で疲れやすいため、安定した恋愛が向いています。相手の気持ちをよく考えることが出来るので互いに思いやれる関係になるとHSPではない人の恋愛以上に深く心を通じ合わせることが出来るでしょう。

一方、相手が実際に別れる気はなくとも、別れようと度々口にするような人の場合、人一倍不安や心配になりやすいHSPの人にとって、その恋愛は疲れ果ててしまうでしょう。

そのため、互いを思いやる恋愛が向いています。

4:不毛な恋愛にハマることもある

例えば、HSPの人の気持ちを考えすぎる点がマイナスに転じて不毛な恋愛にハマってしまうことがある可能性もあります。例えば、奥さんが家に帰ると怒るから参っているんだという人に寄り添いすぎて不毛な恋愛に繋がってしまう場合があります。

それは女性に限らず男性のHSPにも可能性のあることです。

優し過ぎる故、人を助けたい気持ちがあれど、相手がいる人の相談に乗りすぎてしまうと不毛な恋愛へと繋がり辛くなります。

5:恋愛対象に不信感や不安を抱きやすい

繊細で恋愛依存に陥る可能性もあるHSPは、恋愛対象に不信感や不安を抱きやすいです。相手のことを深く愛している故、失ってしまう時の怖さがあります。

そのため、相手が少しでも異性と話していたりすると不安になってしまったり、異性と連絡を取っていないか不安になります。恋愛依存は必ずしもHSP全員がするわけではありませんが、特性上そうなってしまう可能性もあります。繊細な特性がデメリットになることもあります。

6:恋愛に対してはいつも真剣勝負

HSPは優しいため、相手が傷つくような恋愛は苦手とします。また相手のことを真剣に思っているので相手の幸せのため頑張ろうとします。

しかし相手側が真剣じゃない人の場合、HSPの方は真剣に恋愛をしているので、精神的に落ち込んでしまう可能性があります。自分が真剣に愛している故、相手が自分を不安にさせたり真剣に愛してくれないと悲しく傷つき精神的に不安定になりやすいです。

7:気質の合わない相手とは相まみえない

HSPの方は繊細さを理解してくれる相手ではないと、あまり近づかない人が多いでしょう。自分とは違い繊細さを持ち合わせていない人の言葉で傷ついてしまったり、どうしてこの人は人のことを考えず傷つけることを言えるのだろうと感じるでしょう。

HSPを理解出来ない人とHSPの人が近づいてしまうと、他愛もない会話でも傷ついてしまうことがありストレス源となります。そのためそう言う方を避ける人が多いでしょう。

8:激しい恋に落ちやすい

HSPは繊細で相手の感情や状態を良く把握できるので、非常に相手のことを考えることが出来ます。そのため、HSP以外の人に比べると感情の理解度が高く相手と深く心を繋げることが出来ます。そのため、HSPの恋愛は激しい恋に落ちやすいです。

互いに相手を思いやれば思いやるほど、相手の理解に繋がります。理解しつつ思いやりを持った行動をすることでHSPは激しい恋に落ちやすくなります。

9:慎重過ぎるのでなかなか進展しない

HSPは傷つきやすい故、自分が傷つかないよう警戒心を持って過ごしています。物理的な攻撃は目に見えますが、言葉の攻撃はいつ自分に飛んでくるかわかりません。そのため、相手が自分の心に攻撃をしてこないか慎重に関わります。

そのため、なかなか自分の心を開くことが出来ずなかなか恋愛が進展しません。とはいえ警戒心をすぐに解いて心を開くということは、HSPの人にとって非常に難しいことです。

10:理想のタイプに強いこだわりがある

もちろんイケメンが好きであったり、大金持ちが好きな人もいますがここでいうHSPの理想のタイプはそういうことではありません。HSPは傷つきやすいので自分を傷つけない人を探します。

暴言を言うなど具体的な物ではなく、さりげない言葉の言い方や行動の仕方で傷つくことも多いのでそう言った部分を満たす人を探しているうちに理想のタイプへのこだわりが強まってしまいます。

HSPの人が恋愛するときに気をつけたいこと5つ

HSPの人が恋愛するときに気をつけたいこと5つ

HSPには繊細さや不安感、様々な物事に気づいて相手に尽くしてしまうなど相手によっては恋愛が困難になる特性もあります。しかし、HSPの人も恋愛をしたいでしょう。そう言った方のためにここではHSPの人が恋愛するときに気をつけたいことを紹介します。

HSPの特性を踏まえた上でどう言った点に気をつけることで幸せな恋愛を出来るか確認して、安定した恋愛を目指しましょう。

1:HSP気質が理解できる人を選ぶ

一番と言っても良いほど大切なことです。HSPの繊細さを気にしすぎなだけと言う人にHSPの人が心を開くのは難しいでしょう。HSPの人は気にしたくて気にしているわけではありません。そういう理解がない方と付き合うっても幸福度はあまり高くないでしょう。

一方で、HSPの気質を理解してくれたり長所の方をよく見てくれる方と付き合えるとHSPの方の恋愛は安定する可能性が高く、幸福度が高くなるでしょう。

2:疲れやすい自分に向き合って無理をしない

HSPは人への気疲れもありますが、音や光など外部の刺激によっても疲労が溜まります。そのため、非常に疲れやすいので、それを無理しすぎてしまうと、精神や身体に不調が起こってしまうでしょう。

そうならないためにも、あまりうるさい所へ行かないようにしたり、外出した分沢山休む時間を設けることによって、心のエネルギーを節約したり回復したりしましょう。そうすることで、安定して長く付き合える可能性が高まります。

3:一人の時間を確保する

いくら人と居るのが楽しくても、HSPで気疲れする人は多いでしょう。そのため、意識的に一人の時間を確保することが大切です。一人の時間を確保するために、人と一緒に居る時間を減らしてしまうことが心苦しいでしょう。

しかし、自分が一人の時間を確保しないことによって、精神的に不調で相手との関係が悪くなる方が勿体ないです。またそういった傾向を理解してくれる方と付き合うことによって安定した恋愛を継続出来るでしょう。

4:ゆっくりと未来のプランが立てられる人を選ぶ

今後結婚をするのか、これから長く付き合っていくのか、それがわからない人と付き合っていては、HSPの人の精神は不安定になってしまいます。今後色々と工夫しながらも長く付き合っていくつもりで、結婚も視野に入れられる人と付き合えると精神が安定するでしょう。

5:穏やかな性格をもった人を選ぶ

あまりにもズバズバと感情をぶつけてくる人はHSPの人にとって苦痛でしょう。HSPの人が穏やかな恋愛生活を送るためには穏やかな性格をもった人を選ぶことで精神的に安定して長く付き合うことが出来るでしょう。

HSPの気質を理解して無理のない恋愛をしましょう

HSPの気質を理解して無理のない恋愛をしましょう

HSPを見て見ぬ振りをしてしまってもいつか苦しくなって不調が起こるだけです。自分はHSPなのだと理解をしてそれを踏まえた恋愛に進むことでストレスが減るでしょう。そうして幸福度の高い恋愛に一歩近づくことが出来ます。

Written by みくまゆたん

みくまゆたんの他の記事を読む