好きな人とのLINEの適切な頻度ってどのくらい? 長続きする内容5選も紹介

LINE(ライン)は手軽で気軽に連絡ができるのでアプローチに適したツールではありますが、あまり連絡の頻度を高くしてしまうと相手からの印象を落としてしまう可能性があります。

そのため、LINEでのアプローチを成功させるためにも、正しいLINEの頻度を把握しておきましょう。

恋愛を成功させるにはLINEの頻度を守るのが大切

恋愛を成功させるにはLINEの頻度を守るのが大切LINEは手軽で気楽に連絡が送れるため、好きな人にはついついメッセージを送る頻度が高くなってしまいがちです。

しかし、頻繁にLINEをしてしまうとことで、面倒な人と思われてしまう可能性があります。そのようなことにならないためにも、恋愛ではLINEの適切な頻度や、送るべき内容などを把握し、それらを守ることが大切となります。

適切なLINEの頻度3選

好きな人とLINEをする場合には、その頻度に注意しなければなりません。頻度を守ることで、好きな人から悪い印象をもたれることなく、長くLINEを続けていくことができるでしょう。

そのLINEの頻度は相手の都合や性格、相手との関係性、アプローチの方向性などによって変わります。そのため、どのような場合に、どのくらいの頻度でLINEを送ることが適切であるか事前に把握しておきましょう。

1:相手に合わせる

LINEはいつでも気軽に送ることができます。しかし、時間を気にせずに、頻繁にLINEを送るようなことをしてしまうと、相手から面倒と感じられてしまう可能性があります。

そのようなことを避けるためにも、仕事や学校などが終わる時間、家に帰ってからゆっくりしている時間など、相手の生活リズムに合わせてLINEは送るようにしましょう。

相手の生活リズムを把握できない場合は、LINEをしているうちに返信がくる時間帯や返信の頻度などから、相手がLINEをしやすい時間を考えて、相手のペースに合わせるようにしましょう。

2:距離を縮めたいなら毎日

2:距離を縮めたいなら毎日もし、相手との関係性が良好で、脈ありと感じる場合は、距離を縮めていくために、頻度を上げて毎日LINEを送っても良いでしょう。

ただし、一日に何回もLINEを送って相手がその連絡を負担に感じないように、一日に送るLINEの回数は見極める必要があります。一日に何回もLINEをすることが重要なのではなく、毎日LINEで連絡を取ることが重要ということを意識しましょう。

また、毎日LINEでやりとりをしていた場合、LINEをしない日が数日続いていたりすると、相手は嫌われたと勘違いしたり、不安の感情を与えたりなどしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

3:長期戦なら三日に一回

好きな人にはついついLINEを送る頻度が上がってしまいがちです。しかし、あまりLINEを頻繁に送ってしまうと、アプローチとして逆効果となってしまう可能性があります。また、初めは相手のLINEのペースも把握できていないこともあります。

そのため、LINEの頻度を誤って相手からの印象を落としてしまうことを避けるためにも、まずは長期戦覚悟で三日に一回ほどのペースでLINEは我慢をしましょう。

三日に一度くらいであれば印象を悪くすることはなく、そのLINEを通して、相手のLINEのペースを探っていくことができます。相手のLINEのペースがわかってきたら、そのペースに合わせていくようにしましょう。

長続きするLINEの内容5選

好きな人にLINEを送る場合は、頻度が高くなりすぎないように注意しなければなりません。しかし、頻度が高くなくても、しばらくの期間LINEを続けていれば話す内容もなくなってきます。

好きな人にアプローチをする場合には、できるだけ相手と接する機会を持つことが重要なので、話す内容がないからとLINEをしなくなってしまうことは避けなければなりません。

LINEで話す内容にはいくつか話題を長続きさせやすいものがあるので、それらをうまく使って、LINEを長続きできるようにしておきましょう。

1:その日の出来事

1:その日の出来事LINEを続けていくためには、話題を集めておくことが重要です。そのため、日常生活の中で常にLINEの話題となる出来事を探すようにしておきましょう。

アプローチとしてLINEをする場合は、好きな人と接する機会を持ち続ける必要があるので、毎回好きな人を楽しませるような内容でなくても問題ありません。また、その日の出来事を話すことで、いろいろな会話の展開に繋がっていくこともあります。

2:趣味

趣味の話であれば、自分の好きなことなのでいつまでも話していられるという人もいます。そのため、趣味はLINEの話題として扱いやすいでしょう。

また、好きな人と共通の趣味がある場合は、2人で盛り上がることもできます。もし、趣味が一致していなくても、相手に趣味のことを話してもらえれば、相手の好きなことを理解でき、自分もその趣味についての知識をつけていくことでLINEも続けていきやすくなります。

3:学生時代の話

LINEを続けていくために常に話題を集めておくことは重要です。しかし、いくら意識して話題集めをしていても、ネタ切れとなってしまうこともあります。

そのような場合は学生時代の部活や行事、勉強などの過去のことを話題にすると良いでしょう。相手の過去の経験を知ることもできます。

4:お互いの好きな食べ物

話題でネタ切れをした場合には、学生時代のような誰にでも共通する経験を話題にすると良いでしょう。

誰でも毎日食事をし、大抵は好き嫌いがあったりするので話題にしやすいです。また、最近食べた物や美味しかったお店など、話題の展開も豊富です。さらに、相手の好みを把握したり、良い流れとなれば一緒に食事に行く約束を期待することができます。

5:共通しているあるある話

5:共通しているあるある話話題のネタ切れをした場合には、学生時代や食べ物などの誰にでも共通するような話題を出すことが鉄板でしょう。もし、同じ学校や職場に通っていたり、共通の知人などがいる場合は同じ経験をしている場合もあります。

そのため、二人にしかわからないような日常のあるあるネタの話をしても良いでしょう。他の人とはできない会話なので、距離を縮めることも期待できます。

LINEでの脈アリチェック項目4選

好きな人にアプローチをしている場合、相手からのいろいろな反応によって脈アリかどうかを判断することがあります。LINEの反応でもその脈アリかどうかを判断できることがあります。

LINEではどのようなことがあると、脈アリと判断できるのか事前に知っておき、アプローチに活かすようにしましょう。

1:必ず返信する

忙しくてLINEの返信を後回しにしてしまうことは誰にでもあります。しかし、その相手が好きな人であった場合、あまりに返信を後回しにしてしまうと印象を悪くしてしまう可能性もあります。

そのため、どれだけ忙しくても好きな人へのLINEの返信は少し優先度を高めになることから、必ず返信しましょう。もしその返信をなるべく早くしてくれる場合には脈アリの可能性があります。

また、返信が遅れたことで印象を悪くしないために、軽く謝罪の一言が添えられている場合、さらに脈アリの可能性が高まります。

2:写真を送る

2:写真を送る好きな人には自分のことを知ってもらいたいと思うことがあり、LINEでは無意識のうちに自分の日常を知ってもらおうと、写真をよく送ってしまうということもあります。

そのため、日常生活の中の何気ない写真をよく送ってくるという場合には脈アリの可能性があります。

3:プライベートな話を打ち明ける

好きな人には自分のことを知ってもらいたいと思うことがあります。そのため、他の人には言わないようなプライベートな話を、好きな人だけにするということがあります。

人に言えない話をするということは、それだけ信頼をされているということでもあるので、脈アリの可能性が高くなります。

4:真似をする

LINEで言葉の言い回しやスタンプなどを真似されている場合には、相手が自分のことを理解しようとしていたり、好みを合わせようとしている可能性があります。

そのため、LINEを始めた頃と印象が変わり、自分に寄せてきている場合には脈アリの可能性があります。

LINEの頻度に注意して好きな人と連絡を取ろう

LINEは気軽に送ることができるのでアプローチをするために適したツールです。しかし、その使い方を間違ってしまうと、好きな人からの印象を落としてしまう可能性があります。

そのため、正しいLINEの頻度や送る内容などに注意して、好きな人と連絡を取るようにしましょう。

Written by nana

nanaの他の記事を読む