12通目:出会い系依存症の男、多発していませんか?(yuzuka→トイアンナさん)

12通目:出会い系依存症の男、多発していませんか?(yuzuka→トイアンナさん)

こんにちは、yuzukaです。

人気ライターであり、キャリアウーマンとしても名高いトイアンナさんとの文通型連載。今回は、「ネットでの出会い」について、お手紙を頂きました。実はこの話題、私のもとに送られてくる恋愛相談の中にも、かなり多いんです。「ネットで出会った彼」との恋愛、実は私も100%反対ってわけじゃありません。

だけど、ちょっと危惧している部分があるんですよね……。今回は断固反対!ってわけではありませんが、読者の皆さんのぶんまで、ネット恋愛の疑問を、トイアンナさんに向けてガンガンぶつけさせて頂きましょう……。

 

トイアンナさんの前回記事はこちら
11通目:ネットでの出会い、いいじゃん。ガンガンいこう(トイアンナ → yuzuka)

 

出会い系は危険!は、古い

さて、「ネットでの出会い、いいじゃん。ガンガンいこう」というトイアンナさんからのお手紙の中に、このような小見出しがありました。「出会いのきっかけ、隠蔽したくなる問題」。ネットで出会うことに否定的ではないのに、人に言えない……。これはやっぱり、昔からある「出会い系」への偏見だと思っています。

ひと昔前の出会い系は、今ほどセキュリティが万全ではありませんでしたよね。相手が何歳なのか、写真は本人なのか……。会ってみなければ分からない、いわゆる「一か八か」状態。それが原因で騙されたり、危険な目に遭うケースもあったため、その頃のイメージが定着している世代の方って、きっと「ネットでの出会いは危険でやましいもの」って感覚が、まだまだ拭えないと思うんです。

しかし時代とともに、出会い系自体も変わっていきました。数々のマッチングサイトやアプリが誕生して、年齢確認を含む本人確認が厳重になり、今やリアルでの出会いと、なんら変わらないくらい、スタンダードで安全な出会いの方法として、定着しつつあります。

確かに今でも「言いにくい」って感覚は付き物ですが、実はこの問題については、時代とともに薄れていく感情なんじゃないかなって、思っています。
「ネットで出会うなんて不健全だ」って考えは、あまりにも時代遅れです。合コンも、ナンパも、お見合いも、しちゃえば良い。大切なのは、出会い方より、出会う相手です。

出会い系で出会った彼、浮気症が多すぎ問題

さて、ここからは反対意見というよりは、トイアンナさんに聞いてみたいことです。
実は私の周りにも「出会いアプリで出会った人と付き合った」って人、結構います。しかし、「大切なのは出会い方より出会う相手」と言ったのは私なのにも関わらず、いくらそんな話を聞いてもアプリに登録しようとは思えなかったのです。

出会い系って、スマホひとつで出会えてしまいますよね。これってとっても画期的なのですが、見方によってはちょっと、手っ取り早すぎると思うんです。

合コンやナンパもマイナスイメージを持たれやすい出会い方ですが、そこで出会う彼らって、「リスクを背負ってる」って思うんですよね。

外に出て誰かを口説くって、結構勇気がいると思います。合コンに至っては、共通の知人がいて、何か「イケナイコト」をしようものなら、言いふらされる危険性もある。ナンパなら、大勢の前で無視されて、プライドを踏みにじられるかもしれません。それらのリスクを背負って、断られる怖さも感じながら、「それでも口説こう」って思う。それって、ひとつのハードルを超えての「口説き」だと思うんです。

そういう方法しかしらない彼らって、口説くことに手間がかかることを知っている。2人で食事に行くまでの面倒臭さを理解してるんじゃないかなって思います。

片や、「ネットでの出会い」って、勇気もリスクもありません。共通のグループに属している訳でもありませんから、何かをしでかして、身内に噂話を流されることもありません。「外に出ることもなく、好みの女性をデートに誘える」これに味を占めてしまうと、「出会うって簡単じゃん」って、出会いへのハードルが低い男性になってしまうんじゃないかなって思うんです。

実際によく聞くトラブルは、「ヤリ捨て」共通の知人がいないから、「会って関係を持ったらブロックされた」なんて話、本当によく聞きます。

それから一番多いトラブルが「付き合ったのに、出会い系を再開していた」というケース。これ、本当に凄い数の相談が来ます……。

浮気って、出会うまでに手間がかかります。だから、まともな社会人の方の浮気相手って、「職場の後輩」とか「地元の友達」だったりすることが多いですよね。偶然出会った中から、いつのまにか発展しちゃったってケースです。「ネットでの出会いを知らない男性」の浮気って、わざわざ新規の女性を獲得して、不特定多数と関係を……。ってパターンが少ないように思うんです。時間もない中、浮気をするためには、外に狩りをしに行かなくてはいけない彼らは、出会いの絶対数が少ないんですよね。

しかし、「ネットでの出会い」に味を占めている男性は、そういう男性に比べて、出会いの絶対数がめちゃくちゃ多い。ナンパに行かなくても、飲み会に行かなくても。スマホひとつで、自宅にいながら、何なら彼女の横で、浮気相手を探せてしまうのですから……。

出会い系にいる男性全てがこうだとは思いませんが、それでもやっぱり、「出会い系依存症」になってしまって、浮気やヤリ捨てなど、恋愛トラブルを引き起こしている男性って、結構存在すると思います。

だから私は、どうしても「出会い系での出会い」を、推奨できませんでした……。
「良い男なんて、ほとんどいないんじゃない?」って、思ってしまうから。

だからこそ、今回の連載を通じて、聞いて見たかったんです。「出会い系依存症のチャラ男」を見分ける方法はあるのか……。そもそも、そのリスクを背負ってまで、わざわざ出会い系で男を探すべきなのか……。っていう、素朴な疑問を。

「出会い系肯定派」のトイアンナさんは、どう思いますか?

 

(あなたはどっち派!?恋学アンケート実施中!!)

(1)ネットで良い男に出会えると思いますか?

 

Written by トイアンナ&yuzuka

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…