中距離恋愛を続ける9つのポイント! メリットやデメリットも解説

中距離恋愛という言葉を聞いたことがありますか。すぐには会えない、でも会おうと思えば会える距離間の中距離恋愛は、遠距離恋愛よりも続けるのが難しいとも言われています。ここではそんな中距離恋愛を上手く続けるコツやメリット・デメリットについてご紹介していきます。

中距離恋愛とはどんな恋愛?

旦那が好きすぎる妻の8つの特徴とは|好きすぎて困った時の対処法も紹介

遠距離恋愛はよく耳にする言葉ですが、中距離恋愛というのをご存じでしょうか。中距離恋愛とは、会うまでに1~2時間程度の距離間でお付き合いしている状態のことを指します。

会いたくても会えない遠距離恋愛とは違い、会おうと思えば会えるけど、物理的な距離や時間・体力に負担が生じるのが中距離恋愛です。

恋愛における距離感って?

恋愛においては、どれだけ2人が信頼し合っているかなどの心の距離と、物理的な2人の体の近さによって2人の親密度がわかると言われています。

中距離恋愛はすぐには会えない距離間での恋愛ですが、離れているからこそお互いを思いやる気持ちや、信頼する気持ちが大切になってきます。中距離恋愛でも心の距離感が近いカップルはうまくいくと言えます。

中距離恋愛のメリット6つ

頻繁に会うのは難しい中距離恋愛ですが、近距離恋愛や遠距離恋愛にはない中距離恋愛だからこそのメリットもあります。

中距離恋愛でもこんなメリットがあるのだと知っておけば、今中距離恋愛中の方も、これから中距離恋愛になるかもしれない方も、中距離恋愛を楽しもうという気持ちにシフトできます。

ここからは、中距離恋愛のメリット6つを順にご紹介します。

1:会おうと思えば会える適度な距離感である

中距離恋愛はすぐ会える距離ではありませんが、移動で1~2時間会おうと思えば会える適度な距離感です。

電車が運行していない時間帯などでは難しいですが、どうしても会いたいと思った時でも我慢するしかない遠距離と違って、会おうと思えば会えるのも中距離恋愛のメリットです。

しかし、自分が会いたいがために、夜遅い時間や翌日の相手のスケジュールも考えずに会いたいと困らせるようなことは禁物です。

2:お互いが自立できる

すぐに会える距離にいるとなんでも彼に頼りがちになります。それにいつも一緒にいると依存しあう関係になって、それぞれが自立しにくくなります。

中距離恋愛ではなかなか会うことができないので、自分の時間も多くなります。その時間を自分磨きの時間に使ったり、仕事を頑張って次に会えるまでの活力にしたりと、相手に依存することなくお互い自立ができるのもメリットです。

3:マンネリを防ぐことができる

中距離恋愛では、長距離恋愛ほど会えないということはなくても、会う頻度は限られてきます。いつでも好きな時に会えると、新鮮味もなくなり一緒にいてもすることもマンネリ化してきます。

しかしなかなか会えないと、会えた時にしたいことがたくさんできるので、マンネリ化を防ぐことができます。

4:デートがいつでも新鮮

いつでも会えるとデート回数も増えるので、行くところがなくなってきていつも同じ場所になるなど、パターン化してきて新鮮味がなくなります。しかし、やっと会えた時のデートは毎回新鮮に感じます。

それに、久しぶりにできるデートなので、お互いにその時間を充実させよう・楽しもうという気持ちで過ごすことができるので満足したデートになることが多いでしょう。

5:相手の大切さを改めて認識させられる

大好きで付き合いだした相手であっても、いつでもそばにいてくれるとそれが当たり前になって、大切さが薄れていくことがあります。

会いたい時に会えない、いつでも一緒にいられないと、自分にとって彼、もしくは彼女は本当に大切な存在なのだと改めて認識させられることが多くなります。

6:会いに行くときはちょっとした旅行気分になる

中距離恋愛では、会うのに移動時間がかかります。そのため、会いに行く時はちょっとした旅行気分になります。

1~2時間の長い移動時間も、これから恋人に会えると思うとその距離さえも楽しいものに感じてきます。また見慣れた景色から移動途中の景色が変わっていくのも、どこか旅行へ行くような心地にさせてくれるでしょう。

中距離恋愛のデメリット6つ

好きかどうかわからないときの見極めポイント15|気持ちをチェックする方法

中距離恋愛ならではのメリットをご紹介してきましたが、思うように会うことが難しい中距離恋愛では、当然デメリットもあります。

しかし中距離恋愛をしている方、これから中距離恋愛になるかもしれない方も、デメリットを悲観するのではなくデメリットを理解し乗り越える工夫をしていけば、中距離恋愛も必ず長続きするはずです。

ここからは、中距離恋愛のデメリット6つをご紹介します。

1:交通費の負担がある

中距離恋愛のデメリットと言えば、まず交通費がかかることです。遠距離恋愛ほどではないにしても、1~2時間はかかる距離の往復ですからそれなりの金額になります。

食事やデート代など他にもいろいろお金がかかるのに、交通費だけで毎月結構な金額になってしまうのは金銭的に厳しいと感じることもあるでしょう。

2:わがままが言えない

中距離恋愛では会える回数や時間が少ない分、会った時には喧嘩になったり嫌な雰囲気にならないようにしようと、言いたいことを我慢したりわがままを言えなくなってしまいます。

その時は険悪なムードを避けようとして我慢していたとしても、我慢の限界が来ると逆にそれが爆発して悪い方向へと向きかねません。わがままばかりもいけませんが、言いたいことやちょっとしたわがままは素直に言うことも時には大切です。

3:お互いを試す駆け引きになりがち

中距離恋愛では離れている時間が多いため、合わない時間に何をしているのか気になったり、気持ちが離れてしまったのではないかと心配になって、どうしても疑い深くなってしまいます。

そのため、相手の気持ちを確かめようと、お互いを試す駆け引きをしがちになってしまいます。それがエスカレートすると疑心暗鬼の気持ちが強くなって悪い方向へと進みかねないので注意が必要です。

4:会いに行く側の人の不満が多くなる

会いに行くのが一方だけに偏ると、会いに行く側の人にだけ時間やお金の負担がかかります。それが積み重なっていくと、いくら好きな人に会うためとはいえ、どうして自分ばかりが大変な思いをしなければならないのだ、といった不満が多くなりがちです。

不満が溜まるとそれが喧嘩の元になったり、最悪な場合には破局の原因にもなりかねません。時間もお金もかかる中距離恋愛では、お互いに不満が溜まらないようにすることが大切です。

5:寂しい思いをしやすくなる

中距離恋愛は遠距離恋愛ほどの距離はないにしても、会いたい時にすぐ会える距離ではありません。そのため会いたいと思った時に会えなかったり、一緒にいたい時にいられないことで寂しい思いをしやすくなります。

会えない時間が多い時は、次に会う時のことを考えたり何か自分の趣味を見つけるなど、寂しい思いを紛らわせる方向に気持ちを持って行くことも大切です。

6:好きのバランスが崩れると大変

恋愛においてお互いを思う気持ちのバランスは大切です。どちらかの思いが強くなりすぎたり、冷めてきてしまうと上手くいかなくなることが多く、特に微妙な距離の中距離恋愛では注意が必要です。

中距離恋愛では、お互いが好きだという気持ちのバランスが保たれている時はいいのですが、どちらか一方の気持ちが冷めるなどバランスが崩れた場合、会う回数が減ってそのまま自然消滅になってしまうこともあります。

中距離恋愛を続けるポイント9つ

旦那が好きすぎる妻の8つの特徴とは|好きすぎて困った時の対処法も紹介

中距離恋愛は近距離恋愛に比べて大変なことや心配・不安なことも多いですが、上手く続けるポイントを把握しておけば、困難なことも多い中距離恋愛でも続けることができます。

ここからは、中距離恋愛を続けるためのポイント9つをご紹介します。

1:中距離恋愛に適したデートプランを考える

前述したように、どちらか一方に移動の時間やお金の負担がかかるのは不満の元になってしまいます。そこで、デートをする時にはお互いの中間地点にしたり交互に行き来すれば、どちらかに負担がかかるということもなくなります。

また、行き来したり中間地点にしたりと会う場所を変えることでデート場所の選択肢も広がり、中間地点なら会える時間が長くなるというメリットもあります。

2:適切な頻度で会う

会いたいばかりに無理を押して会っても、それが続けば疲れが出てきて会うのが面倒になってくることもあります。

どちらか一方またはお互いに無理が生じないように、スケジュールを調節しながら適切な頻度で会うのも長続きさせるポイントです。無理してたくさん会うよりも、やっと会えた時間を充実させる方が、2人の仲もより深まっていくでしょう。

3:思いやりとねぎらいを持つ

相手が会いに来てくれたり連絡をくれたりすることを当たり前のように受け取っていると、不満が出てくることもあるかもしれません。相手のことを考えず自分本位の気持ちでいると、そこから関係が崩れてしまうこともあります。

忙しくても時間を作って会いに来てくれる相手には、いつでも思いやりとねぎらいの気持ちを持つことを忘れないようにしましょう。

4:マメに連絡を取る

中距離恋愛ではなかなか会うことができないため、必然的にコミュニケーションの機会が少なくなります。ただでさえ一緒にいる時間が少ないのに、連絡もあまり取らなくなると段々と恋愛のテンションが下がってきて、気持ちが冷めていく事にもなりかねません。

会えないからこそコミュニケーションは大切なので、メールや電話などを使って、会えない時間もできるだけマメに連絡を取るようにするのも中距離恋愛を長く続けるポイントでしょう。

5:会うとき以外の時間の過ごし方を考える

中距離恋愛では会えない時間も多くなります。そんな時に相手のことばかり考えて寂しがってばかりでは、気持ちも沈んでしまいます。会えない時間がたくさんあるからこそ、その時間を有効に使いましょう。

例えば習い事をしたり、趣味を見つけたり、友人達との時間を楽しむのもいいでしょう。また次に会った時に素敵な自分を見せられるように自分磨きをするなど、会えない時間をいかにうまく使うかも中距離恋愛を長続きさせるコツです。

6:相手を信頼する

寂しさや不安・心配が増すと会えない時間の彼の行動が気になって、彼を責めたり問い詰めたりしてしまいがちです。

そこから喧嘩になってしまったら、2人の関係が終わってしまうことにもなりかねません。会えない時間が多い恋愛だからこそ、相手を信頼することが大切になってくるでしょう。

7:デートは思いっきり楽しむ

すぐに会える恋人同士とは違って、中距離恋愛では会える回数や時間も限られてしまいます。だからこそ、デートでは中身を充実させ存分に楽しむことで、少ない回数でも満足度が増します。

無理に時間を作って少しだけ会うよりも、1回のデートを思いっきり楽しむのも中距離恋愛を長続きさせるポイントです。

8:結婚を考えているなら同棲を考える

中距離恋愛をしている相手との結婚を考えているならば、同棲を考えてみるのもおすすめです。中距離恋愛で不安なままの状態を続けているよりも、同棲することで会えない時間の寂しさや不安を解消できます。

また、同棲を考えることで、その先の結婚についての話も進めやすくなるでしょう。

9:隠し事はしない

中距離恋愛では会えない時間が多い分、お互い信頼することが何より大切です。そこで、隠し事はしないようにするのも長続きのポイントです。

隠しごとをしてしまったために、疑われたり嘘が発覚したりした時、離れていて十分に話し合える時間がないと、気まずいまま心が離れてしまうこともあります。また、1度隠しごとをすると、また何か隠し事をされるのではないかと相手は疑心暗鬼になって、信頼関係が損なわれてしまいます。

中距離恋愛におすすめのデート3つ

会うにも時間とお金がかかる中距離恋愛では、たまのデートだからこそ会えなかった分も思いっきり楽しみたいものです。

次からは、中距離恋愛のデートをさらに楽しく充実させるおすすめのデートを3つご紹介します。

1:旅行デート

中距離恋愛の日帰りデートでは、どうしても時間に限りが出てしまいます。もっと一緒にいたいけど普段はあまり時間が取れないという時には、お互いに休みを調整して旅行デートをしてみるのもおすすめです。

普段とは違う場所でゆっくり過ごせば、お互いの恋愛モードも益々高まります。何日もかけた遠くへの旅行でなく日帰り旅行でも、環境が変わることで気分もリフレッシュされるでしょう。

2:ディナーデート

やっと会える2人の時間はリラックスして過ごしたいものですが、いつも緊張感がない状態で会っていると段々と気持ちがだらけてきてしまいます。そこで、たまには高級なお店でのディナーデートもおすすめです。

毎回気張る必要はありませんが、時にはちょっとお洒落をして普段いかないようなレストランでディナーを楽しむと気分も高まるでしょう。

3:お互いのお家デート

中距離恋愛ではできるだけ長く一緒にいるために、独り暮らしの場合には週末などはお家にお泊りデートになることも多いでしょう。

お家デートの時には思う存分くっついてみたり、一緒にDVDを観たり、手料理を作って楽しんだりとゆっくりと2人の時間を過ごしましょう。また、同じ空間で過ごすことで2人の仲を一層深め、また次の日からの仕事を頑張る活力にもなります。

中距離恋愛をしていく上での注意点5つ

遠距離の方が続く可能性が高い!!「中距離恋愛の成功率」診断

いつも一緒にいられない中距離恋愛だからこそ、長く続けていくにはお互いの信頼感や相手への思いやりの気持ちが大切になるでしょう。

相手のことを考えない自分勝手な行動や考えは、相手を傷つけたり負担になったりして破局のきっかけになることもあるので注意が必要です。では、中距離恋愛をしていく上での注意点を解説します。

1:相手の行動を気にしすぎない

なかなか会えないと、会えない時間の相手の行動が気になるものです。しかし、寂しさや心配のあまり、何でも知りたがったり相手の行動を疑うようなことを言ったりすると、喧嘩になってしまうこともあります。

中距離恋愛では喧嘩をすると仲直りのきっかけが取りづらく、そのままずるずる引きずって自然消滅ということもあり得ます。相手の行動を気にしすぎたり束縛しすぎたりしないことも、中距離恋愛では大切です。

2:むちゃぶりをしない

なかなか会えないのは寂しいけれど、忙しい彼にもっと会いたい、今すぐ会いたいなど相手にむちゃぶりをするのはやめましょう。

たまに言われるわがままなら、彼も可愛いと受け止めてくれますが、むちゃぶりばかりされると負担になってきますし、煩わしく思われてしまうこともあります。

3:疑われる行動は慎む

自由な時間を有効に使うことはお互いプラスになりますが、頻繁に異性のいる飲み会に行くなど、相手に疑われる行動は慎みましょう。

会えない時間が多いからこそ、2人の間に亀裂ができるような行動は慎むことが重要です。

4:会っている間は2人の時間を楽しむ

やっと会えた時間に、ずっと携帯ゲームをしていたりSNSばかり見ていたりすると、自分と会っている時間は必要なのかと、相手は会う理由を見失ってしまうかもしれません。

携帯ゲームやSNSを見るのは一人の時でもできるので、会っている間は2人の時間を共有して思う存分楽しむようにしましょう。

5:片方に負担がかかりすぎないようにする

お付き合いしていると、彼が食事をごちそうしてくれたり会いに来てくれることが多い場合があります。

食事をごちそうしてくれたらカフェでは自分が出すなど、片方に負担がかかり過ぎないようにするのも中距離恋愛を続けていく上で大切なことでしょう。

中距離恋愛を乗り切ろう

中距離恋愛は、遠距離恋愛より続けるのが難しいという声もありますが、中距離恋愛ならではのメリットもたくさんあり、デメリットも少し工夫をすれば乗り越えていけるでしょう。

中距離恋愛を長続きさせるには、お互い無理をしないことが1番です。そして、お互いを思いやる気持ち・なかなか会えないことをネガティブに考えすぎないで楽しむ気持ちが大切です。

春森 桜の他の記事を読む


この記事どうだった?

14いいね!

12うーん…