恋愛相談は同性に相談しない方がいい理由とは? 相談先おすすめ3選

恋愛で悩むと、女の子同士で愚痴を言い合って盛り上がることが多いですよね。

それもそれで楽しい時間ではありますが、もしそれが、あなたを不幸な恋愛に突き落とすきっかけだとしたら?

「恋愛相談は同性よりも異性にしたほうがいい」、その理由を詳しく説明します。

恋愛相談を同性に相談しない方がいい理由とは?

恋愛相談は同性にしない方がいいといわれますが、その理由は同性の場合は他への優越感を味わいたいなどの気持ちがよぎり、的確なアドバイスをしてもらえないことがあるからです。

彼氏との仲があまりうまくいかなくて同性の友達に恋愛相談したとしても、実はその友達は「他人の不幸は蜜の味」で、真剣にアドバイスしているようで、心の中では自分の方が幸せだという優越感に浸っていて、全く参考にならないアドバイスを行う可能性があります。

女の子同士の場合は、恋愛相談されても自分を基準に考えてしまう傾向があるということです。

恋愛相談に向いてない同性の特徴4つ

恋愛相談は同性にしない方がいいということでしたが、やはり恋愛相談は同性の友達にしたいという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には、恋愛相談に向いていない同性の特徴4つをご紹介しますので、チェックしてみてください。

もし、あなたの友達がこれらの特徴にあてはまる場合には要注意です。同性に恋愛相談する場合には、少なくとも以下にあてはまらない人にするようにしましょう。

恋愛相談に向いてない人1:おしゃべりさん

恋愛相談に向いていない人におしゃべりさんがあげられます。

おしゃべりな人に恋愛相談するということは、自分がどういったことに悩んでいるのか、いつの間にか周囲の人に漏れてしまう可能性が高くなります。

おしゃべりな人に「絶対内緒だからね」と言っても、それは意味がありません。

より重要な内容を得ることができたとその友達は喜び、「誰にも言ってはダメだからね」という前置きのもと、多くの人に広めることでしょう。

恋愛相談はおしゃべりな人には絶対にしないようにしましょう。

恋愛相談に向いてない人2:人の不幸が生きがいの人

人の不幸を生きがいにしている人が、友達の恋愛の悩みを聞けば、それはもう楽しくて仕方がありません。

恋愛相談に向いていない人に、人の不幸が生きがいの人もあげられます。

表面的には「大変ね」と心配そうに振舞うでしょうが、実は心の中では貴方の不幸が面白くて仕方ないということです。

その場合、相談した本人が不幸になるように、アドバイスする可能性もあります。

そのことに気づかずにアドバイスどおりに行動すれば、より問題が大きく成る可能性さえあります。

恋愛相談に向いてない人3:自分が正しいと思っている人

自分が常に正しいと思っている人は、恋愛相談された場合にも自分の考えを相談した人に押しつけることでしょう。

自分が正しいと思っている人に相談をしても、的確なアドバイスはもらえない可能性が高いです。

たとえば、「彼氏が最近冷たくて」と相談すれば「その男はダメだね。別れるべき」というように、極端なアドバイスしてくる可能性が高いのです。

実際は、恋愛問題は二人の関係性や性格など複雑な問題なので、第三者が正解を出せるはずなどないのですが、自分が正しいと思っている人は、無責任にこういった答えを押しつけてくる危険があります。

恋愛相談に向いてない人4:人のものを欲しがる人

恋愛相談をされた場合、普通は友達の彼氏を取ろうという気はおきません。親身になって自分のことのように共感し、アドバイスをしようとするでしょう。

しかし、世の中には友達の彼氏も自分の恋愛対象とし、人のものを欲しがる人がいます。そういった人は他人の彼氏だろうと好みであれば欲しがります。

そのことに気づかず、恋愛相談をすると、貴方の彼氏への愚痴を直接言いに行ったり噂を広め、貴方の彼氏を奪いにくるかもしれません。

同性に恋愛相談する場合には、その同性がどういった人なのかを見極めて行うことが重要です。

恋愛相談を異性にするメリット3つ

恋愛相談は異性に行うという方法があります。実際に異性に相談したことがある方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

彼氏と同性の男の人であれば、男性の心理がわかって男性目線でのアドバイスをしてもらえるでしょう。ここでは恋愛相談を異性に行うメリットを3つご紹介します。

恋愛相談を異性にするメリット1:男心が聞ける

恋愛相談を異性にするメリットに、男心が聞けるということがあります。男と女では生物学的にも違うため、違う思考回路をしているとよく言われますよね。

いくら理解しようとしても完全に相手のことをわかることはできません。そんなときに、相手の気持ちに近い気持ちを知ることができるのが、異性です。

恋愛をしていて相手の気持ちを知りたいという場合には、異性の友達に相談してみましょう。

ただし、その場合は相手が勘違いして「付き合ってほしい」ということを言わないような関係の異性に対して行わなければなりませんし、相談中に勘違いをさせないような距離感を保つことも重要です。

恋愛相談を異性にするメリット2:本音を言ってくれる

恋愛相談を異性にするメリットとしては、本音を言ってくれるというのがあります。同性に相談する場合は、どうしても相手が傷つかないように、とオブラートに包んだような答えを言いがちです。

しかし、異性の場合はそういった言い方ではなく、本音で相談に答えてくれる可能性が高いです。

そして、本音のアドバイスは恋愛問題を解決に導いてくれる可能性があります。恋愛相談は本音で話してくれそうな異性に行うようにしましょう。

恋愛相談を異性にするメリット3:的確なアドバイスがもらえる

恋愛相談を異性にするメリットとしては、的確なアドバイスがもらえるということがあります。異性に恋愛相談をすると、男性の場合は確実に解決する方法を提示してくるでしょう。

男性は相談をされた時には、「共感」というより、具体的な「解決方法」を考えるようにできています。

そのため、恋愛相談を異性にすると、問題解決に向けての的確なアドバイスをもらえる可能性が高いです。

恋愛相談を異性にするデメリット2つ

恋愛相談は同性よりも異性にした方がいいということを説明しましたが、恋愛相談を異性にする場合にはデメリットも存在します。ここでは恋愛相談を異性にするデメリット2つをご紹介します。

恋愛相談を異性にする場合のデメリットをよく考えて、異性への恋愛相談にはリスクを伴うということをふまえ、異性への恋愛相談を行うようにしましょう。

恋愛相談を異性にするデメリット1:男友達の恋人に誤解される

恋愛相談を異性にするデメリットとしては男友達の恋人に誤解されるということがあります。

恋愛相談するために異性の友達に会っていたのに、彼女や周りから疑われて、より話がこじれ、相手の異性の友だちへも迷惑がかかってしまいます。

そうなれば、もともとの恋愛問題ではなく、下手をすれば友人関係にひびが入ってしまうかもしれません。大切な友人を失くすことにもつながりかねません。

たとえば、異性の友人の彼女も交えて複数人で会う、または自分の友人を含めて大勢で会うなど、疑われないようなシチュエーションで恋愛相談するようにしましょう。

恋愛相談を異性にするデメリット2:男友達に好意があると勘違いされる

友達になるということは、相手に少なからず好意があるということです。男女の場合、そういった部分が恋愛に発展する可能性はゼロではありません。

こちらにその気がなくても、相手は自分のことを好きだったという可能性は十分考えられます。

恋愛相談を異性にする場合には、そういった誤解がないように、相手のパートナーにも同席してもらい相談にのってもらうこともいいでしょう。

恋愛相談に向いている相談先3つ

恋愛相談は同性にするよりも異性にするといいということでしたが、それ以外にも恋愛相談に向いている相談先があります。ここでは恋愛相談に向いている相談先3つをご紹介します。

恋愛相談はしたいけど身近な人には相談したくないという方、今まさに恋愛問題に悩んでいる、これから相談する可能性があるという方はぜひ参考にしてみてください。

恋愛相談に向いている相談先1:ニューハーフ

恋愛相談に向いている相談先にニューハーフがあります。ニューハーフの場合は、男性経験もありながら女性の気持ちもわかるため、恋愛相談で的確なアドバイスをしてくれます。

男性側の気持ちを理解できるので、女性が相手の気持ちが理解できないときも、男性側の気持ちを説明してくれますし、女性としての気持ちもわかることから相談しやすいでしょう。

ただし、ニューハーフの知り合いがいないという人は、ニューハーフの方がいるお店に日頃から通うなど、知り合いになっておく必要があります。

恋愛相談に向いている相談先2:占い師

恋愛相談に向いている相談先に占い師があります。占い師ですので、恋愛の問題を第三者的立場で考え、いいアドバイスをしてくれるでしょう。

また、占い師は手相や生年月日などの独自の根拠から見てくれますので、いい加減なことは答えません。

全て正しいとは一概には言えませんが、悩みに対してどうすればいいかという視点では教えてくれるでしょう。

恋愛問題はどうしても感情的になって、冷静に対処することが難しくなってきますが、第三者的立場で冷静に判断してくれる占い師から回答をもらうことで、安心できるでしょう。

恋愛相談に向いている相談先3:恋愛相談サイト

恋愛相談に向いている相談先として、恋愛相談サイトがあります。恋愛相談サイトでは、恋愛における問題に対して専門的な識者が応えてくれます。

恋愛相談サイトの場合は、相談される内容も多岐にわたり、それに対する答えも多くあります。

そのため、恋愛問題を恋愛相談サイトに相談すれば、多くのデータから導かれたアドバイスを聞くことができます。

もし、身近で恋愛相談できる相手がいないという場合には、こういった恋愛相談サイトを利用することも恋愛問題の解決の近道といえるでしょう。

恋愛相談サイトおすすめ3選

恋愛相談をしたいという人で周囲に相談できるような人がいないという方には恋愛相談サイトがおすすめです。

恋愛相談サイトであれば、自分の周囲の人のことを相談しても相談内容が漏れる心配もありませんし、何より親身になって相談に乗ってくれます。

ここでは恋愛相談する場合におすすめの恋愛相談サイトを3つご紹介します。誰にも知られず、でも的確なアドバイスが欲しいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

愛カツ

おすすめの恋愛相談サイトに「愛カツ電話相談」があります。愛カツ電話相談は、弁護士などを含めた各領域におけるプロフェッショナルが揃っているので、自分の恋愛相談を聞いてくれるだけでなく、具体的なアドバイスがもらえます。

また、休日や夜遅くでも24時間相談受付をしているので、仕事で決まった時間がなかなかとれないという方でも空いている時間に相談できますし、恋愛におけるノウハウも教えてもらえるでしょう。

愛カツ電話相談

恋愛掲示板

おすすめの恋愛相談サイトに、ミクルの恋愛掲示板があります。恋愛掲示板にある似たような恋愛の悩み相談を見て参考にしたり、自分の相談にも多くの人からアドバイスがもらえます。

実際に恋愛をしている人が多く見ていることから、いろいろな人からアドバイスがもらえるでしょう。

匿名性があるので、直に電話相談するよりも相談しやすく、また時間的な制約もないので便利です。

掲示板ミクル

恋愛ユニバーシティ

おすすめの恋愛相談サイトに恋愛ユニバーシティがあります。

恋愛ユニバーシティは国内有数の女性向け恋愛ポータルサイトで、専門家の恋愛相談や女子力アップの学習コンテンツなど、恋愛における悩みを解決する情報を多数取り扱っています。

また、恋愛ユニバーシティは無料で掲示板や電話で恋愛相談でき、さまざまな恋愛の悩みを受け付けてくれます。

ユニバーシティとは大学のことを意味しますが、その名前にちなみ、大学のように恋愛のスキルアップをあげるために履修科目を用意していたりと、ユニークな恋愛相談所となっています。

恋愛ユニバーシティ

恋愛相談する相手は客観的な立場の方が的確なアドバイスがもらえる

いかがでしたか。恋愛相談は仲がいい同性の友達にしがちですが、同性の場合は的確なアドバイスをもらえないことがあるということがわかっていただけたでしょう。

恋愛相談する場合は、恋愛を客観的な立場でアドバイスできる異性や恋愛相談所に相談するのがベストです。

恋愛相談所の中には無料だったり、簡単に利用できるものも多数ありますので、一人で悩まずに気軽に相談してみましょう。

まぁこの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…