感情的になる人が、感情的にならないようにする方法

皆さんは、感情的になってしまい人を傷つけてしまう事がありますか? 私は、少しですがあります。

感情的になってしまうと、自分でも思いもよらないような言葉を人に投げつけてしまいます。相手を傷つけてしまった頃には、時すでに遅し。その後、どんなに関係を修復しようとしても埋まる事は困難です。

最近だと、SNSで攻撃的な発言をしてしまう人を何人か見かけます。私自身も人を傷つけてきたし、そして傷つけられてきました。おそらく、どちらが良い悪いのではなく、どちらも公共の場で自らの負の感情をぶつける事自体が、大人げないのだと思います。

人に負の感情を押し付けて傷つけない為にも、今回は感情的になってしまう人が感情的にならないようにする方法を、自らの体験を通じて紹介したいと思います。

1.相手の立場になって考える力をつける

言葉を発する度に、人を傷つけて悩んでいる人こそ行って欲しい事があります。それは人を傷つけて自分を肯定するのではなく、相手の立場になって考え直してみる事です。

もし、自分がその言葉を投げかけられたらどう思うだろうか? 改めて相手側の立場に立って考え直してみて下さい。感情的になる人ほど、実はこれをおざなりにして更に相手を攻撃するハメになります。しかし、これはどんどん負を招くだけなので絶対にやめましょう。

感情的になる人が、感情的にならないようにする方法

2.SNSで言ってしまいやすい人は、思い切って少し絶ってみよう

実は、若干SNS依存症の私。毎日SNSを眺めるうちに、やがて生活の一部になってしまいました。

しかし、SNSの怖い所は発言力の強い言葉の方が影響力も強いので、ついつい自分もそうなってしまう事です。イイネが多いと、「私の発言が正しい」と勘違いしてしまう事も。しかし、リアルな現実では決してそのような事はありません。

まして、婚活中の場合は謙虚で女性らしい方がウケが良いです。発言力が高くて自分を持っている人だと評価される事はありません。

特に婚活市場の男性は、女性の発言力よりも自分を立ててくれる人を選ぶ傾向が強いです。リアルとバーチャルの区別をつけられなくなった時こそ、SNSを絶つ勇気が必要です。

感情的になる人が、感情的にならないようにする方法

3.言いたい事があっても、まずは言葉を飲み込もう

思わず口から出そうな言葉があっても、相手を攻撃しそうな言葉だと察知したら飲み込むようにする事が大切です。失言をする事で、取り返しのつかない事態になる事もあります。よく人に失言をしてしまう人ほど、「言葉に出した後、どうなるか」を冷静に考えてから話す事が必要です。

感情的になりやすい人は、失言すればするほどどんどん失言を連発します。これは、自分の非を認めたくないからです。しかし、他から見ると無様な行為です。

特に男性に失言する場合、交際後はまだ良いのですが、交際する前に我慢できずに自分の負の感情をぶつけてくるのは困り者です。男性は、基本的に面倒な女性が嫌いです。

まして、婚活市場にくる男性は自分を支えてくれる女性を探す割合が多いので、交際前から喧嘩するのはやめておいた方が無難です。

感情的になる人が、感情的にならないようにする方法

感情的になる人が、感情的にならないようにする方法まとめ

感情的になる人は、負の感情が溜まれば溜まるほど人にぶつけてしまいがちです。その時は自分の気が治まるのかもしれませんが、後で取り返しのつかない自体になる事も……。特に婚活中の場合は、感情的になる事で縁を潰してしまう事にもなりかねません。

しかし、感情的になる人は「私の感情的になる部分も理解ある上で、受け止めてくれる人が良い」と開き直っている事も。また、そのように考える事で相手の愛情のバロメーターを図ろうとする女性もいます。

男性は、面倒を嫌がる傾向があるので基本的に感情的になる人を嫌がります。その為、少しでも婚活で上手くいかない事を改善したいなら「感情的な自分を受け入れてくれる人」を探すのではなく、「感情的な自分を少しでも治していこう」という意識に変えられるように努力していきましょう。

みくまゆたんの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…