【運命を知る手相占い】生命線からわかること

手相占いの基本線である「生命線」。生命線は、人差し指と親指の付け根の間から、手首方向に孤を描いて伸びる線を指します。

長くてよく目立つ線ですのでわかりやすいと思います。生命線は、位置、長さ、濃さ、張り出しなどによっていろいろな意味合いを持ちます。

今回は、生命線にどんな形の種類があり、何を意味しているのか説明していきましょう。

【運命を知る手相占い】生命線からわかること

生命線の位置

生命線の始点は、人差し指と親指の付け根との中間が標準的な位置とされています。標準より高い位置から始まっているか、低い位置から始まっているのかが、ひとつのポイントとなります。

<始点が高めの場合>

何事にも積極的で、決断力があり勇敢とされます。体力に恵まれている人が多いようです。

 

<始点が低めの場合>

向上心がある努力家です。自分がリーダーになるよりも、人に付き従っていくほうが向いています。
【運命を知る手相占い】生命線からわかること

生命線の長さ

<生命線が長い>

生命線が手首に届くくらい長い人は、生命力にあふれています。バイタリティーがありエネルギッシュです。

 

<生命線が短い>

体力がないのであまり無理はできません。何事も自分のペースを守り、規則正しい生活をすることで運気がアップします。

生命線の濃さ

<生命線が濃い>

自信に満ちていて、細かいことをあまり気にしない性格です。精神力が強くストレスを溜めにくいでしょう。

 

<生命線が薄い>

粘り強さと根気がないので、困難に遭遇すると乗り切れないこともあります。何事も自信がなく、人や運勢に流れされやすい傾向があります。迷いが多く、決断することが苦手です。
【運命を知る手相占い】生命線からわかること

生命線の張り出し

<張り出しが大きい>

生命線が大きなカーブを描き、手の平の真ん中より張り出している場合、仕事も遊びも一生懸命なパワフルタイプです。じっとしていることが苦手で、いつも動きまわっているでしょう。ただ、元気なことが災いして対人面や恋愛面でのトラブルを起こす可能性も秘めています。

 

<張り出しが小さい>

生命線が直線的で、あまりカーブしていない場合、体力や気力が弱く消極的です。あっさりした性格でこだわりがありません。何事もすぐに諦めがちです。体力よりも、知力や技術力で勝負をしたほうがいいタイプです。軽い運動などをして体力をつけるといいでしょう。

その他、特殊な生命線

<生命線が2本ある>

生命線はたいていの人は1本しかありませんが、稀に2本ある人もいます。この場合、生命力が人の2倍あるとされます。非常に健康的で精神的にもタフです。長寿になる可能性が高いでしょう。

 

<生命線が鎖状になっていたり、乱れている>

生命線全体が鎖状になっていたり、乱れている場合、とてもデリケートで傷つきやすいタイプだと言えます。ストレスをためやすいですし、疲れやすくもあるので、栄養のある食事と休養をたっぷりとることを心がける必要があります。

 

<生命線の終点が2股に枝分かれしている>

生命線の終点付近が、2股に別れていると強運の持ち主です。試練が降りかかってきても、自らのパワーではねかえすことができるでしょう。
【運命を知る手相占い】生命線からわかること

おわりに

まずは自分の手相をよく見て基本的な見方を頭に入れましょう。

他の人の手相と見比べてみると、違いがよくわかると思います。いいなと思える男性がいたら、「手相を見せて!」と言えば、コミュニケーションをとるきっかけになるはずです。

お互いの手を触っているうちに、仲が深まっていく可能性大ですよ。

 

Written by 紅 たき

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…