結婚したいという気持ちを阻む2つの障害……上手な乗り越え方

結婚適齢期になると、周りがどんどんゴールインしていくこともあって気持ちが焦りますよね。

しかし、相手があってのことだけに、なかなか思い通りに進まないことも珍しくありません。「結婚したい」という気持ちの前に立ちはだかる障害は、どう乗り越えていけば良いのでしょうか?
結婚したいという気持ちを阻む2つの障害……上手な乗り越え方

ケース1:彼はいるけれど、なかなかプロポーズしてもらえない

結婚に対する考え方は、しばしば男女の間ですれ違うものです。女の子の場合は、出産のタイムリミットも考えると30歳までには結婚したいと思うものですが、男性には20~30代ではまだ早いと考えている人がけっこう多いのです。

そのため「君と付き合ってはいるけれど、今すぐ結婚をしたいとは考えていない」と冷たく拒絶され、泣く泣くお別れして婚活を始めたという女の子も少なくありません。
結婚したいという気持ちを阻む2つの障害……上手な乗り越え方

ただ、男性には結婚に対して重い責任が付きまとうので、女の子よりも慎重にならざるを得ないということはあるでしょう。共働きが増えたとはいえ、日本はまだまだ「男性が大黒柱となって家族を養うべき」という考え方が根強い国だし、子供が生まれれば自由に使えるお金や遊びに費やす時間も大幅に減ってしまいます。

それでも一緒になりたいと思えるほどの女の子なら良いのですが、そうでもないとなるとやはり「自由」のほうにベクトルが傾いてしまうのも仕方ありません。そんな気持ちの揺れ動きが治まり「俺もそろそろ身を固めようかなぁ」となんとなく思い始めるのが、男性の場合30代後半~40代にかけてらしいのです。

ですから、様々な葛藤を乗り越えて自由よりも自分を選んでもらうためには、女の子も努力してそれなりの魅力を身に付けなければいけません。「結婚したら専業主婦になるから、あなたが頑張って働いて家族を養ってね」と依存する気満々では、男性が逃げたくなるのも無理はないし、家に帰った時にふんわりと癒してくれるような温かい雰囲気がなければ、幸せな結婚は想像できないでしょう。

選ばれる女の子は、適度に自立しつつ、男性を立てる術を知っていて、尚且つ丸ごと温かく包み込む器の広さを持っています。

大切なのは「男性に幸せにしてもらう」ことではなく「お互いが努力して一緒に幸せをつかみ取っていく」という姿勢。独身でいるよりも結婚することのほうにメリットを感じることができれば、彼も真剣にプロポーズを考えてくれるかもしれません。
結婚したいという気持ちを阻む2つの障害……上手な乗り越え方

ケース2:なかなか恋人ができない

結婚をしたいけれど、なかなか自分に合う男性が見つからない。出会いのチャンスがない。社会人になると新しい出会いの機会が減るので、このような悩みを抱えている女の子はたくさんいます。

運よく職場に好みの男性がいて、たまたま相手も自分を気に入ってくれているというのであれば別ですが、ただ悶々と日々を過ごしていても彼氏いない歴が更新されていくだけ。積極的に行動を起こして、幸せをつかみに行きましょう! 出会いのきっかけを作るには、次のような方法があります。

<婚活パーティ>

一昔前のイメージとは大きく違い、近頃では気楽に参加できるイベント形式の婚活パーティが増えてきました。年齢や職業だけでなく、もっと細かく条件を区切って検索することができるので、自分に合う男性を見つけるにはもってこい。

「街コンジャパン」のような大手なら、スタッフによるサポートもしっかりしているので、1人参加でも気後れすることはありません。興味を引かれたイベントにどんどん参加して、出会いのチャンスを広げていきましょう。

<SNS>

twitterやインスタグラムなどを通じて出会い、お付き合いを始める人も増えています。お互いのことがほとんど何も分からない状態での交流なのでトラブルも起こりやすいですが、きちんと段階を踏めば大丈夫。

まずは、いいなと思った相手をフォローしたり「いいね!」を送ったりするところから始めてみましょう。ただし、中には良からぬことを考えている危険な男性もいるので、信頼できる相手だと確信が持てるまでは、個人情報を伝えたり、2人きりで会ったりしないように気を付けてくださいね。
結婚したいという気持ちを阻む2つの障害……上手な乗り越え方

おわりに

結婚をつかみ取るための具体的な方法を紹介しましたが、いかがでしたか? 一生がかかっていることなので、結婚には男性もおのずと慎重にならざるを得ません。そのあたりの心理もよく理解し、自分を磨いて「この人となら」と思ってもらえるようにしましょう。

なかなか出会いが訪れない場合は、婚活パーティやSNSをうまく活用すればチャンスがぐんと広がりますよ!

 

Written by まぁこ