遅刻癖を治して、仕事もプライベートも時間通りに過ごそう

あなたは遅刻癖はありますか? 仕事でもプライベートでも、遅刻をして良いことはありません。

どうしても朝に起きれない、出発時間を忘れる等、いろいろ原因があると思います。

今回は「遅刻癖の治し方」についてまとめてみました。
遅刻癖を治して、仕事もプライベートも時間通りに過ごそう

出発時間の見積もりをおろそかにする

仕事では遅刻しなくても、プライベートでよく遅刻する人がいます。プライベートの遅刻は、仕事に比べてペナルティがそれほどないですよね。だから出発時間の見積もりがおろそかになってしまい、遅刻をしてしまうのです。

「○時にどこに集合」ということは分かっていても、大事なのは移動時間を把握することです。それはスマホで簡単に調べられます。そのひと手間が惜しいと考える暇があれば、予定が入った時点ですぐに調べましょう。出発時間さえ分かれば、あとはそれに合わせて出発すればよいだけです。
遅刻癖を治して、仕事もプライベートも時間通りに過ごそう

集合場所が想像と違った

移動時間は把握しても、集合場所が想像と違うときもよくあります。駅から徒歩1分の場所だから、現地で分かると思うかもしれません。でも、いざ現地に着いてみると、駅の出口がたくさんあり、どの出口から徒歩1分か分からない。せっかく時間通りに到着しても、道に迷って遅刻してしまうのはもったいないことです。

初めて行く場所なら、地図アプリなどに集合場所を登録するなどして、道順を明らかにしておきましょう。

早めの行動を意識する

遅刻が多いと感じている人は、早めの行動を意識しましょう。交通渋滞や電車遅延のように、自分以外の原因で遅刻する可能性もあります。時間ギリギリまで自分の時間を過ごしたり、オンタイムに到着するスケジュールはやめましょう。

5分前行動を心がけたり、もっと早めに到着するようにしたり。近くを散歩できるほど余裕のあるスケジュールを立ててみて下さい。
遅刻癖を治して、仕事もプライベートも時間通りに過ごそう

仕事で遅刻してしまう

プライベートはまだしも、仕事で遅刻することは問題です。電車遅延のような仕方ない理由もありますが、少し早めに出社するなど対策は可能です。

もしくは、いつも朝に体調悪いという人がいると思います。徐々に回復するのかもしれませんが、毎朝体調不良になるなら一度病院に行きましょう。知り合いに毎朝お腹が痛くなる人がいました。病院にいくと肝臓が悪いと診断されて、今は治療中だそうです。

もしかしたら病気の可能性もあります。遅刻癖と同時に病気も治しましょう。

朝寝坊をなおす

たまに朝寝坊する人はいますが、頻度が高いとなれば問題です。原因を見つけて直してしまいましょう。

・寝不足

夜更かしをすることが多く、睡眠が足りずに朝寝坊してしまう。睡眠時間が足りないなら、十分な時間を確保しましょう。7時間寝たいなら、起床時間から逆算して、毎日寝る時間を決める。夜更かしもその時間までと心に決めて、決まった時間に寝る習慣をつければ、朝寝坊はなくなります。

・睡眠の質が悪い

毎晩決まった時間に寝ていたとしても、睡眠の質が悪いと疲れはとれません。例えば、暑くて寝苦しい夏の夜など、睡眠の質は下がることでしょう。とはいえ、冷房をつけっぱなしで寝るとかえって体調を崩します。ひんやりした寝具に変える、少し離れた部屋の冷房をつける等、工夫して対処してください。

睡眠の質を上げることで目覚めもよくなり、朝寝坊は改善すると思います。
遅刻癖を治して、仕事もプライベートも時間通りに過ごそう

まとめ

いかがでしたか? 遅刻癖となれば、もはや習慣になっています。遅刻は自分の時間も相手の時間も奪う行為です。お金よりも時間を大切にする人もいます。遅刻が続くと、時間を大事にする人はあなたから離れていきます。

豊かなライフスタイルを手に入れるためにも、原因を見つけて遅刻癖を治しましょう。

 

Written by 前田 ヒロキ

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…