【夢占い】結婚式の夢の意味は?

結婚式の夢を見た! なんてことはありませんか? 結婚する夢や結婚式の夢は、気になる夢の1つですね。

夢は、潜在意識から私たちにメッセージを投げかけていると言われています。

夢占いでは、結婚式はどんな意味を持つのでしょうか。それでは、意味を紐解いていきましょう。

夢の中での結婚式の意味とは

結婚式の夢は、自分が結婚式を挙げる夢でも他人の結婚式に出席する夢でも、シチュエーションに差はあれ、大きな意味は「自分自身と相思相愛になるチャンス」となります。

人は誰しも、長所も欠点も持っています。今まであなたは、どちらかに偏って自分を見ていたのでしょう。自分の欠点ばかり見ていても、反対に長所ばかり見ていてもバランスのとれた状態とは言えません。

プラスのことには必ずマイナスの面があり、マイナスのことには必ずプラスの面があり、どちらもその両方を補い合う形で完成形となるからです。

結婚式の夢は、あなたの心をバランスのとれた状態へと導く夢です。女性性と男性性、陰と陽のバランスを表していることもあります。
【夢占い】結婚式の夢の意味は?

好きな人や恋人と結婚式を挙げる夢

実際に好きな人や現在の恋人と結婚式を挙げる夢を見たら、あなたの創造性が高まっている証拠です。何か全く新しいことが、もう直ぐ始まる予感があります。それは仕事や将来へ向けての転機となるでしょう。

あなたはもしかして「今後何か大きく自分の運命が変わっていくかもしれない」という予感があったかもしれません。

が、いざ飛び込もうとなるとどこか「できない」言い訳を探していたのでしょう。夢は「あなたは前進する価値がある」ということを知らせようとしているのです。

結婚式の夢に出てくる相手が現実の好きな人であっても、見知らぬ相手であったとしても、すべてあなたの一面を表しています。夢の中での人物は、あなたに成長を促すヒントを与えてくれているのです。
【夢占い】結婚式の夢の意味は?

嫌いな人、苦手な人と結婚式を挙げる夢

嫌いな人や苦手な人と結婚式を挙げる夢を見てしまったら、夢の中で自分がどんな気持ちだったのかが重要なキーポイントとなります。

夢の中に出てくる人物は、全て自分の投影です。嫌いな人や苦手な人は、あなた自身の欠点や短所を表しているのです。後悔してる過去を表してることもあります。

「あの時こうすれば、今は〜だったのに」と、今でも当時の選択を後悔してることはありませんか?

過ぎたことは気にしない、というのは簡単なこと。そうできないから、あなたは「嫌いな人と結婚する」という形で後悔を夢に見てしまったのでしょう。

夢の中での結婚相手の言葉や行動に、解決策のヒントが隠されています。よく吟味して、あなたが感じたことを受け取ってみてください。それが、一番あなたに伝えたいメッセージなのです。
【夢占い】結婚式の夢の意味は?

結婚式の夢を見たときの恋愛運

結婚式の夢といえば、気になるのが恋愛運。夢の中での結婚相手や恋愛相手は、実際の恋愛や結婚にはあまり関係ないと言われていますが、その夢を現実の恋愛で生かす方法はもちろんあります。

夢の中に出てくる人物は、あなたの一部を表しています。結婚相手の長所や惹かれた部分に注目してください。

もし、他人が結婚式をあげる夢を見た場合、夢の中の花婿さんのよい面を探してみてください。それはすべて、あなたの中にまだ眠っている「可能性」を意味しているのです。

見知らぬ人や自分の好みのタイプではない相手が結婚式の夢に出てきた場合、自分が苦手だと思っていた分野に才能や可能性が眠っていることを意味しています。

結婚式の夢は、自分の中に眠っているものを揺り起こすきっかけを教えてくれているのです。新しい可能性は、あなたを魅力的にし恋愛運を高めるでしょう。

菅原 紫月の他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…