脱童顔。大人っぽいメイクで色っぽい顔に変身する方法

童顔の方は、ついつい「私にはどうせ大人っぽいメイクは似合わないから」といっていつまでも可愛らしいメイクをしてしまいがちになります。

ついつい使用するカラーも、いくつになってもピンクばかり使用します。しかし、20代のうちは良いのですが30代を過ぎると段々甘いメイクを童顔女性が続けると痛いオバサン状態になる事も……。

今回は、童顔の人でも簡単に大人っぽい&色っぽい顔に変身する方法をお伝えします。

小粒目ならヌーディカラーでがっつり囲む&大きな目なら抜け感を

小粒目で童顔の女性は、ヌーディカラーで目を囲む事で一気にモード系の顔になります。

目が大きめの女性は、ついつい更に目を大きく強調させようと濃いブラウンを塗ろうとしますが、あえてホワイトカラーを使いリキッドのアイライナーのみで締める事で大人っぽさを演出する事が出来ます。

できればアイライナーは、ペンシルよりもリキッドの方が大人の艶っぽさを演出する事が出来ます。

ただ、ギャルが良くつけるようなつけまつげやカラーコンタクトはNGです。

つけまつげをもしつけるなら、目尻3/1のみ

もし、つけまつげを着けたいのであれば目尻の3/1のみ使いましょう。できれば目尻に向かってまつげが長くなるタイプがオススメです。綺麗な流し目を演出する事ができます。

また、毛の質も細くて薄いタイプがナチュラルに盛れるのでオススメです。
脱童顔。大人っぽいメイクで色っぽい顔に変身する方法

団子鼻ならノーズシャドウで立体感を

鼻が小さい・団子鼻は童顔になりやすいパーツ。団子鼻だと、大人っぽいメイクが似合わないと思って手をださない女性も多いです。

しかし、鼻の上にパール系のハイライトや手持ちのアイブロウパウダー等で鼻筋に立体感を与える事で、少し鼻を高く見せる効果が期待できます。

ハイライトは、大人メイクに上手く使えるアイテム

ハイライトは一個持っておくと様々なシーンに利用できます。おでこと鼻、顎にサッとハイライトパウダーをひとはけする事で、顔に立体感を出す事が可能です。

ホワイトタイプのカラーも良いですが、大人っぽく自然に魅せる効果があるのは薄いゴールドタイプのハイライト。パールラベンダーカラーも、自然と大人っぽくて可愛らしい雰囲気を作れるのでオススメです。
脱童顔。大人っぽいメイクで色っぽい顔に変身する方法

リップはしっかり色とツヤが出るカラーを

リップはしっかり色とツヤが出るタイプのものを使いましょう。口紅はしっかり色が出るものを使う事でより大人っぽさを演出する事が出来ます。

個人的には、エスティーローダーのピュアカラークリスタルシアーリップスティックはツヤも持ちも良くて申し分ないアイテム。色がしっかりつく口紅にありがちな、カサカサ感も独特の嫌な匂いもなく使えます。

マニキュアは桜カラ―&薄ベージュがオススメ

マニキュアは極力薄いカラー一色で抑えるようにしましょう。ついつい童顔の女性だと、ややポップなカラーのマニキュアを塗る事が多いのですが、大人っぽく魅せたいなら乳白色のようなカラーを控えめに塗るのが良いですね。

もし、ネイルアートをしたいなら薬指一個だけなど控え目に付けるようにしましょう。
脱童顔。大人っぽいメイクで色っぽい顔に変身する方法

大人っぽいメイクで、色っぽい顔に変身する方法まとめ

大人っぽいメイクをする為には、極力色味を抑えたメイクをするように心がけましょう。

また、ついつい童顔だと敬遠しがちなノーズシャドゥやハイライトも使う事でグッと雰囲気が変わります。ハイライトは定番のホワイトカラーよりも、少し変わったラベンダーやゴールドタイプで垢抜けさせてみてください。

つけまつげは不自然になりやすいので極力使わない方が良いのですが、もしつけたいなら目尻3/1のみ使用して下さい。

リップはグロスよりもしっかり色が塗るタイプのものを。容器が可愛いタイプよりも昔ながらの口紅の容器をしたタイプの方が、大人っぽいカラーのものが多いのでオススメです。

また、最も大人メイクで目につくのは実はネイル。なるべく乳白色の嫌味のないカラーを一色塗りして控え目な上品ネイルを演出しましょう。

みくまゆたんの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

2うーん…