アラサー処女ってぶっちゃけヤバイ!? 男性の「えっ」な本音とは

友達はどんどん処女を手放して、ちらほら結婚、子どもまで産んでるっていうのに……。

わたしはと言えば、アラサーになってもいまだに経験なし! これってもしかしなくても、ヤバイんじゃないの!?

なんて悶々と悩んでるアラサー処女さんに、男性の本音をこっそりお教えします。

男性にとってのアラサー処女は「えっ」な存在

晩婚化が進んでいると言われる現代。いわゆる初エッチの年齢が上がっていても、なんらおかしくありません。

実際、筆者のまわりにも性経験のないアラサー女性はいますし、そんなに珍しくないというのが肌感覚ですね。

ぶっちゃけ、何歳で初エッチを迎えたっていいじゃないか! と思います。どこかの馬の骨にポイッとくれてやって黒歴史と化すよりも、よほど良いです。

でも、処女でいる期間が長くなればなるほど「アラサーで処女……男性的にはどうなのかな?」と気になってしまうのも、仕方がないこと。

そこでリサーチしてみたところ「アラサーで処女だって言われたら、正直どうしたらいいかわからない」「表面上はなんでもない風に返事するだろうけど、ちょっと固まる」といった意見が。

印象の良い・悪いは置いておいて、とにかくまずは「えっ」と戸惑うという声が多かったです。

とはいえこの「えっ」には、いろいろな意味が含まれているようです。もう少し詳しく見ていきましょう。
アラサー処女ってぶっちゃけヤバイ!? 男性の「えっ」な本音とは

戸惑うリアルな声「なんか重い……」「どう接したらいいの?」

アラサーと呼ばれる年齢にまでいけば、男も女もそれなりの恋愛を経験してきている……という先入観がありますよね。

そこにきて「わたし、処女なの」と言われると、男性としては少なからず驚き、反応に困ってしまうことが多いようです。

「そんな、ヒドイ!」とつい反論したくなりますが、まぁ落ち着いて。女性だって、30を過ぎた男性に童貞だとカミングアウトされたら、ちょっと戸惑いませんか?

「なぜ今まで恋愛をしてこなかったんだろう?」「何か問題があるんだろうか?」

……って、思うかもしれませんよね?

だから、百歩譲って戸惑うまでは許してあげましょう。問題は、その先です。処女だと言われて一瞬ひるんでしまっても、その先の関係にヒビさえ入らず、二人で向き合っていければ何の問題もありません。

アラサー処女の場合、年代的に結婚という、非常にデリケートな問題もはらんでいます。男性としてはまだその気もないのに「エッチしたら即結婚! なんて話になったらどうしよう……」と、思わず後ずさりしたくなることもあるようです。

また、処女だから「特に優しくしないといけない」「一から教えてあげないといけない」こういった配慮を面倒だと感じる男性も、少なからずいるみたい。

女性側としては大変遺憾で痛い話ですが、男性の本音の一つとして知ってだけはおきましょう。
アラサー処女ってぶっちゃけヤバイ!? 男性の「えっ」な本音とは

むしろ歓迎! 「俺色に染めたい」「ピュアな感じ」

もちろん、アラサー処女に対して悪い印象を持つ男性ばかりではありません。基本的に「リードされたい」女性と比べて、「リードしたい」男性の場合、むしろ経験豊富すぎる女性に引いてしまうことも多いのです。

そう。男性的にはビッチよりも処女。むしろウエルカム! なんですね。

男性はナイーブかつデリケートな生きものなので、元カレと比べられたり、テクニック不足を指摘されたりするのを異常に怖がります。

その点、処女ならば、文字通り汚れのない真っ白な状態。比較対象がいないので、当然過去と比べて自信を喪失させられることはありません。

且つ俺色に染められるという、男性の支配欲をそそられる対象が処女なのです。

また「処女は自分を安売りしない、大切にしている」という面に好印象を持つ男性も少なくありません。
アラサー処女ってぶっちゃけヤバイ!? 男性の「えっ」な本音とは

おわりに

アラサーで処女だと打ち明けたとき、もしかしたら彼は一瞬戸惑うかもしれません。残念ながら、良くない印象を持つ男性もゼロではありません。

でもそれ以上に、何とも思わない! むしろ好印象だし、うれしい! という男性がいることも忘れないで。

そもそも処女かそうでないかで気持ちがぐらつくようなら、ロクな男ではありません。本当に好きなら、過去の性体験の数なんてどうでもいいことです。

処女だと聞いて嫌な顔をするような男なんてこっちから願い下げ! 本当に大切な人が現れたときのために、大事にとっておきましょ♡

七尾なおの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

7うーん…