悪質ネットナンパに要注意! 女性がSNSで気を付けるべきこと

ツイッターやインスタグラム、FacebookやLINEなど様々なSNSが流行している現代。

とても便利なツールである反面、悪質なネットナンパなどが横行しているケースもあります。

女性がSNSを利用するなら、これだけは気を付けなければいけません。

悪質ネットナンパを見極める方法をご紹介します。
悪質ネットナンパに要注意! 女性がSNSで気を付けるべきこと

ダイレクトメッセージに要注意!

SNSにはそれぞれ他の人に見られないようにメッセージを送ることができる機能がついていることが多いものです。

プライベートな話や画像なども瞬時に送ることができるので、とても便利で楽しいものです。
でも世の中が便利になる一方、危険にさらされることが多くなることも確かです。

ダイレクトメッセージは設定をしないと誰からでも送ることができるので、一方的にあなたのことを「いいな」と思った人が直接メッセージを送ることができるのです。

顔がわかる写真やプライベートな情報をSNS上にアップしている女性が、ストーカーなどの被害にあったというケースも少なくありません。

実際にSNSを利用したことがある人なら一度は見ず知らずの人からダイレクトメッセージを受け取ったという経験があるのではないでしょうか?

悪質ネットナンパに要注意! 女性がSNSで気を付けるべきこと

悪質なネットナンパのダイレクトメッセージには次のような内容が書かれていることが多いです。

 

「僕は広告代理店で働いている27歳の○○○○と申します。趣味はカフェ巡りで休みの日は散歩しながら新しい店を探しています。東京に出てきたばかりで友達が欲しくてメッセージしてみました。よかったら友達になってくれませんか?」

 

「○○、30歳です。よく○○(芸能人)に似てるって言われます。おしゃべりしてくれる人募集してます!」

 

一見、普通に友達が欲しい人だと感じますがそれが悪質ネットナンパの作戦です。
大抵、イケメン風の画像が貼り付けられています。

もしあなたに知らない人からダイレクトメッセージが送られてきて、エリートサラリーマンであることをアピールしてきたら警戒することをおすすめします。

悪質ネットナンパの目的はあなたの体です。
実際にSNSで出会ってお付き合いが始まり、結婚まで至ったケースもたまにあるのは事実です。

でもそういった実際のお付き合いに発展するケースでは、同じ趣味のサークルに所属していたことがきっかけで会話をするうちに友達になり関係が進展していったというパターンが多いものです。

見ず知らずの人からの何の前振りもない突然のダイレクトメッセージは、やはり危険なものです。

SNSを利用するときに気を付けるべきこと

女性がSNSを利用するときには自分のプライベートをさらしすぎないように気を付けなければなりません。

具体的には次のようなことに注意しましょう。

自分の行動範囲がわかるような画像をアップしすぎない

毎日どんな行動をしているか、普段どこにいるかということはSNSをずっと見ていると意外とわかってしまうものです。

自分ではそんなつもりがなくても背景に写りこんだ景色や電柱の住所表示、シンボル的な建物などであなたの行動範囲はまるわかりです。

ストーカー気質がある人が一人の人を徹底的に調べたら、あなたの目の前に突然現れることも不可能ではないのです。
悪質ネットナンパに要注意! 女性がSNSで気を付けるべきこと

メッセージを送れる人やあなたの発信を見られる人を制限する

友達として承認したらあなたの発信をチェックすることができるようになるなど、自分で設定をかけましょう。

許可制にしたり、承認制にしたりとSNSによって方法は様々ですが不特定多数の人に見られるより危険がグッと減ります。

イケメンに騙されない

ちょっとかっこいいなと思ったりすると、どうしても気持ちが緩みがち。ダイレクトメッセージなどで顔写真を送ってくる人は大抵ちょっとイケメンであることが多いものです。

自分に自信がある人なのでしょう。好みのタイプの男性に「会おう」と言われても警戒心を解いてはいけません。
悪質ネットナンパに要注意! 女性がSNSで気を付けるべきこと

おわりに

いかがでしたでしょうか。

悪質ネットナンパの世界は日々進化していて、どうにかあなたの警戒心を取り除こうとあの手この手で迫ってきます。

業界人を装って気を引いたり、ご飯だけおごらせてなんて甘い言葉をささやいたりしてきます。

ネットナンパの目的は90%以上があなたの体だということを忘れないように、自分を安売りしないように気を付けてくださいね。

 

Written by miichikin

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…