ダサメイクは卒業! 垢抜けメイク術でいまどき美人になろう

メイクは張り切ってしようと思うとついつい濃く古臭くなってしまいます。

メイクで垢抜けるコツは、極力色味を薄く&ツヤ感を意識する事が大切です。また、眉毛も必要以上に細くしない事も大切です。

今回は、ついついメイクが古臭くなってしまう&童顔で幼い感じのメイクになってしまう人にも是非利用してほしい垢抜けメイク方法をお伝えしたいと思います。

ベースメイクはマットよりもツヤ肌を意識して垢抜け美人へ

ベースメイクはマットよりもツヤ肌を意識して作った方が垢抜け感を演出しやすくなります。もし産毛があればシェーバーを使って剃り、ファンデーションがのりやすい肌を作りましょう。

ファンデーションを塗る前には、基礎化粧品をしっかり使って肌を整えてください。

また、雰囲気を変えたいなら化粧下地にコントロールカラーを活用するのがオススメです。

特に垢抜け感を出せるのがラベンダー色のコントロールカラー。ピンクの血色感とブルーの赤味抑え効果の両方の効果をかなえてくれます。肌に透明感もでるのでくすみやすい人にもお薦めです。

また、ファンデーションは極力薄めにリキッドタイプを使うようにしてください。厚塗りになると、古臭くなってしまうので注意です。シミやそばかすは部分的にコンシーラーなどを活用してください。

上からルースパウダーをはたく時も、決して厚塗りにならないように艶感がでるタイプのものをサッと軽くつける程度にしてください。パフを使うよりも大きめのブラシがオススメです。
ダサメイクは卒業! 垢抜けメイク術でいまどき美人になろう

チーク&リップはあえて色味を薄めに

チークやリップはあえて色味を薄めにします。ついつい真ん丸にピンクチークを使用してしまう人は、チークの使用を控えめにするようにしてください。

チークは狭い範囲にがっつり塗るのではなく広範囲にブラシでふわっと乗せる感じです。クリームチークの上から粉状のチークを付ける人もいますが、どちらかだけで充分です。

色を強調すると古臭いメイク&幼いメイクになってしまうので、あくまで薄くつけるようにしてください。

リップは最近だと体温で色が変わるリップや薄付きのカラーリップなどもありますので、しっかり色のつく口紅よりも軽い付け心地のカラーリップを使う事で垢抜けメイクを楽しむ事が出来ます。
ダサメイクは卒業! 垢抜けメイク術でいまどき美人になろう

眉毛はナチュラルに仕上げよう

眉毛を極端に細くする&ゲジゲジ眉毛のまま整えないのは、垢抜けメイクに適していません。眉を自分で整えるのが難しい場合は、一度サロンで眉をカットしてもらって覚えるのがベストです。

眉の長さは小鼻と目尻を結んだ延長線上に目尻の最後が来るように描くのが最もバランスよいと言われています。

垢抜けメイクの場合は、このバランスよりも少し短めに作ると良いですね。眉毛は長すぎると古臭いメイクになってしまうので、少し短い位で作っておくと良いでしょう。

また、眉の形はアーチ眉よりもやや並行眉が今のトレンドです。
ダサメイクは卒業! 垢抜けメイク術でいまどき美人になろう

垢抜けメイク術で垢抜け美人になるコツまとめ

垢抜けメイクはベースメイクを薄付きリキッドでツヤ感を意識して作るのがオススメです。ベースはラベンダー系のカラーで、赤味消し&透明感や血色を出すようにして下さい。

また、上からルースパウダーをはたく時も出来るだけ薄くつけてください。個人的にはパフより大きめブラシがオススメです。

リップやチークも極力薄く抑えめにつけてください。色は濃く狭く塗り込めば塗り込むほど古くなります。

眉毛も細すぎず太すぎず。アーチ状ではなく、やや平行ぎみに自然な形で整えて下さい。明るいカラーのアイブロウマスカラも、ちょっと塗るだけで垢抜けるのでオススメです。

みなさんも、垢抜けメイクを活用してメイクを楽しんで下さいね。

みくまゆたんの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…