男慣れしていない女性のメリット。経験不足はマイナスじゃない!

初体験が中高生時代……というのが当たり前と思ったら大間違い! ハタチを過ぎても処女で、アラサーでも経験人数が1人、2人という女性は決して珍しくないのです。

そういうウブな女性は自分が未経験であること、経験がそれほどないことを隠したがるもの。だけど、知られてはいけない、恥ずかしいものと思い込むのはちょっと違うかもしれません。むしろメリットとして捉えるのが正しいんじゃないでしょうか?
男慣れしていない女性のメリット。経験不足はマイナスじゃない!

天然の恥じらい

日本人男性は堂々と裸を見せつける女性が苦手です。アメリカのポルノ誌に載るような、お色気たっぷりの女性が惜しげもなく裸身をさらす写真より、少女が突風にめくれ上がるスカートを必死で押さえながら赤面する写真のほうが好きでしょう。たとえ何人経験していようとも恥じらいは欠かせません。

その点、男性慣れしていない女性は天然の恥じらいを見せることができます。わざとらしい演技ではなく、自然に初々しい恥ずかしさが出てくるんです。それは男性にとって魅惑的なリアクションであり、興奮をかきたてるきっかけにもなるはず。男性慣れしていないからこその「武器」だといえます。
男慣れしていない女性のメリット。経験不足はマイナスじゃない!

誰かに染まっていない純粋さ

セックスに慣れた女性には無意識のクセがあり、それはたとえば長く付き合った彼氏との暗黙のルールだったり、ときに男性から主導権を奪ってしまうような行為だったりします。女性自身は気づかなくても、男性はそうしたクセに気づいたとたん、別のオトコの影を感じて気分が萎えてしまうのです。

でも男性慣れしていない女性は、経験がない(少ない)だけに、良くも悪くもオドオドしていて男性に何にも染まっていない純粋さを感じさせます。男性からすると、自分の色に染められる楽しみがあるので、そこは魅力として自信を持つべきところ。ピュアでも良いのです!
男慣れしていない女性のメリット。経験不足はマイナスじゃない!

処女好き男性はたまらない

世の中には、「何人ものオトコの体を渡り歩くような女性は不潔だ」と考える男性がいます。日本人男性は処女性に神秘的な魅力を感じやすいのですが、それが極端なタイプがいるのです。

そうした男性は、結婚するなら処女が理想的と考えますし、ウブでセックスにはぎこちない女性ほど魅力的だと考えます。生涯愛すべき妻にふさわしいのは、大人になっても純潔を守る女性であり、その数が多くはないという点でも希少価値を見出すようです。
男慣れしていない女性のメリット。経験不足はマイナスじゃない!

男慣れしていると見せかける必要はない

男性との交際やセックスに不慣れな女性は、そんな自分を野暮ったいと感じて、できるだけ隠そうとします。派手な服装やメイクをしたり、飲み会でわざと下ネタを話したりと、「私は結構遊んでますよ」アピールをする人がいるのですが、そういうのはむしろ逆効果。

男性からは簡単にヤれそうなオンナとして恋愛対象外に見られてしまいますし、でも本当に尻軽なわけではないので、軽薄なヤリモク男性からはドン引きされる……という、どうにも報われない状態に自分を追い込む可能性があります。

男慣れしていると見せかけたところで、得なことは何一つありません。それよりは、ありのままの自分を素直に見せたほうが、純粋そうな女性を好む男性から気に入ってもらえるかもしれないのです。

 

Written by 沙木貴咲

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…