洗顔の仕方で肌が変わる! 正しい洗顔方法をマスターしよう

ニキビや毛穴など、肌トラブルで悩まされていませんか? スキンケアを頑張っているのに、なかなか肌トラブルが解消されないという場合、洗顔の仕方に問題があるのかもしれません。洗顔の仕方を変えるだけで驚くほど肌が変わるんですよ! では正しい洗顔の仕方をみていきましょう。

洗顔の仕方で肌が変わる! 正しい洗顔方法をマスターしよう

間違った洗顔の仕方は肌にダメージを与える

間違った洗顔の仕方を続けていると、乾燥や肌荒れ、毛穴の開きなどの肌トラブルに悩まされることになり、放置しておくとニキビやシワ、シミなどができてきてしまいます。以下にやってしまいがちな、5つの間違った洗顔の仕方について挙げていきますので、当てはまる点がないかチェックしてみてくださいね。

洗顔の仕方で肌が変わる! 正しい洗顔方法をマスターしよう

避けたい5つの間違った洗顔の仕方

1.泡を立てずに洗う

洗顔料をしっかりと泡立てずに洗顔をすると、肌との間で摩擦が生じて皮脂と水分が奪われていってしまいます。そうすると角質も剥がれやすくなり、乾燥したり、肌のバリア機能が低下したりして、紫外線の影響などを受けやすくなってしまいます。

 

2.肌をこすってしまっている

汚れをしっかりと落とそうとして肌をこすってしまうと、摩擦で角質層が傷つけられて、肌に赤みや痛みがでてしまうこともあります。

洗顔のときだけでなく、タオルで水分を拭き取る際に肌をこすったりしてしまうのも、肌にダメージを与えることになります。基本的にスキンケアはやさしく丁寧にするべきで、肌をこするのは禁物です。

 

3.洗顔しすぎる

「肌を常にきれいに保っていたい」と思うばかり、1日に何回も洗顔することはありませんか? 何回もすると、肌のうるおいを保つのに必要な皮脂を落とし過ぎてしまい、肌が乾燥しやすくなってしまいます。基本的に洗顔は、1日に朝と夜の2回すれば十分です。

 

4.すすぎの回数が不十分

洗顔をした後のすすぎの回数が不十分だと、洗顔料が肌に残ったままになってしまうことがあります。そうなると、肌が刺激されて肌トラブルを招きかねません。泡は洗い流せていても、洗浄成分が残っているということがよくありますので、丁寧に洗い流すようにしましょう。

特に髪の生え際やアゴ周り、フェイスラインはすすぎ残しやすい部分なので気をつけてください。

 

5.洗顔をしたあと保湿までの時間があく

洗顔料をしっかりと泡立ててから、手のひらでやさしく洗顔して十分にすすいだとしても、洗顔後すぐに化粧水や美容液などで保湿ケアをしないと肌は急激に乾燥していきます。

洗顔後などに水分が肌から急激にとんでいくことは「過乾燥」と呼ばれていて、何の保湿もしないと洗顔前よりも肌が乾燥してしまいます。

肌のコンディションを良くする正しい洗顔の仕方とは?

正しい洗顔の仕方をマスターできると、今までの肌トラブルから解放されますし、「肌のコンディションがよくなった」と実感することができるようになります。ここでは、皆さんにぜひマスターしてもらいたい正しい洗顔の仕方を詳しく解説していきます。

洗顔の仕方で肌が変わる! 正しい洗顔方法をマスターしよう

洗顔は朝と夜の2回が基本

肌のためには洗いすぎはよくありません。しかし顔を洗わないのも、ニキビや吹き出物などの肌トラブルの元となってしまいます。ですから洗顔は1日2回、朝と夜に行うようにしましょう。

朝の洗顔は、寝ている間に蓄積した皮脂汚れを落とすため、そして、夜はメイクや皮脂など1日の汚れを落とすためにクレンジング後に洗顔します。メイクを落とさずに寝てしまうのは肌に負担となりますから、帰宅後はまずメイクを落とすことを習慣にしてくださいね。

洗顔料をよく泡立てる

きめ細かい泡を立てることで、肌の表面にある汚れを絡めとっていくことができます。また、肌との間での摩擦が減るため、肌から皮脂や水分を必要以上に奪わずに汚れだけを落としていくことができます。

洗顔料を泡立てるときに水分が少ないと、洗浄成分の濃度が強くなってしまうこともありますので、使っている洗顔料の使用方法に従って泡立てるようにしましょう。

Tゾーンから洗い始める

洗顔料を泡立てたら、Tゾーンやアゴなど皮脂が多い部分から洗い始めていきましょう。目元や口元など乾燥しがちな部分から洗い出してしまうと、皮脂や水分が肌から奪われてしまいますので洗う順番にも気をつけてくださいね。

洗顔の仕方で肌が変わる! 正しい洗顔方法をマスターしよう

ぬるま湯でしっかりとすすぐ

洗顔料をしっかりと落とすため、20~30回ほどぬるま湯ですすぐようにしましょう。ぬるま湯の適温は33~36℃くらいです。髪の生え際やアゴ周り、フェイスラインなど洗顔料が残りやすい部分は特に丁寧にすすいでいくようにしましょう。

清潔なタオルで水分を拭き取っていく

肌に水分が残っていると、洗顔後につける化粧水や美容液が肌に浸透していきにくくなりますので、清潔なタオルで肌の水分を拭き取ります。拭き取るときには肌にやさしくタオルをあてて、肌をこすらないように注意しましょう。洗顔後のタオルは毎回新しい清潔なものを使うようにしてください。

洗顔後すぐに保湿する

洗顔した直後は肌に水分がありますが、その状態のまま何もせずに3分以上放置しておくと水分が急速にとんでいってしまいます。ですから、洗顔してタオルで水分を拭き取ったらすぐに化粧水、美容液、乳液などで保湿するようにしましょう。

 

Written by Marie

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…