朝は洗顔をしない方がいい? 美肌のための常識を変える新習慣

あなたは朝、どんな洗顔をしていますか?

洗顔にはいくつかのパターンがあり、肌質に合わせやり方を変えることで、お肌にストレスを与えずに美肌を手に入れることができます。

朝の洗顔パターンを紹介するので、自分に合った洗顔スタイルを見つけましょう。

朝の洗顔は、自分に合ったやり方を見つけよう

一日の中で付着した汚れやメイク汚れを落とす夜の洗顔と違い、朝の洗顔はゴシゴシ落としすぎるのは逆効果と言われています。

しっかりした朝洗顔は、お肌を保湿するために必要な成分までも落としてしまう恐れがあるからです。

夜にはクレンジング剤と洗顔フォームを使って、しっかり洗顔している人も、朝は油分を落としすぎないように気をつけて洗顔しましょう。ここでは、石鹸や洗顔フォームを使わない洗顔を「洗わない洗顔」として、さらに掘り下げていきます。

朝の洗わない洗顔には、いくつかのパターンがあります。代表的な「水だけ洗顔」、温熱効果も期待できる「蒸しタオル洗顔」、スキンケアを工夫する「拭き取り洗顔」などが代表的な洗顔方法です。

それではそれぞれの特徴を、さらに掘り下げていきましょう。

簡単&低コストな水だけ洗顔のやり方

アイテムを揃える必要がなく、いつでも気軽に始められるのが水しか使わない水だけ洗顔です。朝から洗顔フォームを使うことで、油分やその他の成分を落としすぎてしまう恐れがありますが、水だけの洗顔なら洗いすぎる心配がありません。

洗顔フォームの節約にもなり、コスト面でも出費を抑えられるなどさまざまなメリットがあります。デメリットとして、皮脂が出やすい人などは汚れを十分に落としきれない可能性があります。

水洗顔のやり方は、水もしくはぬるま湯をパシャパシャと顔に当て、表面の汚れを落としていくだけです。ゴシゴシと強くこすると、お肌に負担を与えるため、優しく水を当てるように洗顔しましょう。

熱すぎるお湯も、必要な保湿成分を落としてしまう可能性があるため、体温より少しぬるいくらいの温度を目安にしましょう。朝は洗顔をしない方がいい? 美肌のための常識を変える新習慣

ほっこり温かい、蒸しタオル洗顔のやり方

蒸しタオル洗顔は、顔に蒸しタオルを当てる洗顔方法です。蒸しタオルの魅力は、顔全体の汚れを包み込んでくれることだけでなく、ほどよい熱と蒸気でお肌を柔らかくしてくれることにもあります。

血行を促進してくれるので、血行不良が原因でできた目の下のクマやくすみの対策にも効果的。さらに、熱の力でお肌の浸透力をアップし、化粧水や乳液の保湿成分がお肌の奥深くまで浸透しやすくなります。

デメリットとして、水だけの洗顔や拭き取り洗顔に比べ、やや手間がかかることが挙げられます。

蒸しタオル洗顔をするときは、まず清潔なハンドタオルを用意して、水にさらします。きつくしぼって水気を切ったら、電子レンジに入れて1分ほど加熱しましょう。

やけどしないように気をつけながら取り出し、気持ちいいと感じる温度まで冷ましたら、上を向いて蒸しタオルを顔の上にのせます。

タオルが乾いてきたら外し、その後普段のスキンケアやメイクを開始しましょう。
朝は洗顔をしない方がいい? 美肌のための常識を変える新習慣

お肌の汚れをしっかり落とせる拭き取り洗顔のやり方

石鹸や洗顔フォームを使わない洗顔では、寝ているあいだに排出された余分な皮脂、汚れ、ほこりなどが付着したままになる可能性があります。

不衛生に感じてしまうときは、水やぬるま湯で簡単に洗顔したあと、拭き取り洗顔で汚れをすっきり落としましょう。

拭き取り洗顔とは、拭き取り化粧水をコットンに含ませ顔全体に滑らせることで、汚れや角質を拭き取る洗顔です。

拭き取り化粧水には、もちろん保湿成分や美容成分もたっぷり含まれているため、汚れを落とすこととお肌にうるおいを与えることを同時に実感できます。メリットとして、他の洗顔方法に比べ、しつこい汚れもすっきり落としやすいことが挙げられます。

その一方でお肌に刺激を与えやすいという特徴もあります。お肌の弱い人は、拭き取るときの摩擦で、ニキビや肌トラブルを招かないように気をつけてください。

拭き取り洗顔をするときはまず、ドラッグストアなどで購入できる拭き取り用の化粧水を手に入れましょう。化粧水をコットンに含ませ、あごから頬と、お肌を上へ持ち上げるようにコットンを滑らせていきます。朝は洗顔をしない方がいい? 美肌のための常識を変える新習慣

柔軟な朝の洗顔で、お肌を労わろう

毎日の習慣となる朝の洗顔は、お肌の状態や季節の変化に合わせて、常に見直す必要があります。お肌に合っていない洗顔は、肌トラブルや開いた毛穴の原因になりかねません。

「今日は水だけ洗顔、明日は蒸しタオル洗顔」というように、柔軟な対応で美しいお肌を手に入れてください。

ちありの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…