デカ目メイクで一重が変わる! ときめく目元を作る4つの鍵

一重さんは、二重さんに比べ目が小さく見られてしまうことが少なくありません。クールな雰囲気も魅力的ですが「かわいい印象になりたい!」というときは、デカ目メイクに挑戦しましょう! 今回は、一重さんのためのデカ目メイクテクニックをご紹介します。

アイシャドウは広めに入れるのがデカ目メイクの鍵

まず、デカ目メイクをする上で外せないのがアイシャドウです。すっきりとした目元にも、陰影を与えてくれるアイシャドウは、上手にのせることでぱっちりと大きな目を作り出してくれます。デカ目に見せたい一重さんの場合、アイシャドウはかなり広めに入れるのが正解です。

まず、ベースとなる明るいカラーのアイシャドウを、眉の下あたりまで入れます。続いて、暗めのカラーを理想の二重幅ラインまで重ねるように入れていきます。深いカラーは、黒目の大きさの半分から3分の2ほどを目安に、しっかり重ねることが大切です。こうすることで、遠目で見たときに二重にも見えるような、自然な陰影が生まれます。

黒目の上下に当たる部分をうまく使う

デカ目メイクをするときには、黒目の上下に当たる部分を意識することも大切です。黒目の上に当たる部分は、アイシャドウやアイラインをまぶたの輪郭に沿うようにしっかり厚めに入れましょう。黒目に重ねるように引いたアイラインによって、黒目が実際のサイズよりも大きく見え、デカ目効果をアップさせてくれます。一重さんの中には、アイラインをしっかり引くと、浮いてしまったり、よれてしまったりする場合もあるのではないでしょうか。そんな場合にも、黒目の上にだけ集中的にアイラインを引けば、一重さんでも崩れにくいきれいなラインを実現できます。

さらに、黒目の下に当たる部分には薄づきのパール系アイシャドウなど、明るいカラーをプラスしましょう。アイラインとは反対に明るいカラーを指すことで、目の下にある涙袋を強調することができます。涙袋に輝きをプラスして、立体感のある大きな目を作りましょう。
デカ目メイクで一重が変わる! ときめく目元を作る4つの鍵

目尻のラインを延長線上に伸ばして、デカ目効果アップ

黒目の上下にしっかりとカラーやラインをのせるメイクは、「縦」を強調してぱちり大きな目元を演出します。さらに、目尻のラインを長く伸ばせば「横」のラインも強調することができます。デカ目になりたい一重さんは、縦も横も強調して、目をさらに大きく見せましょう。

目尻を強調するためには、ブラウンなど、ナチュラルなカラーのアイライナーを用意しましょう。そして、目尻の延長線上にアイラインを伸ばしていきます。あまり長く伸ばしすぎると、切れ長の不自然な目になってしまうので注意しましょう。まぶたがぼってり厚く、アイライナーをうまく使えない一重さんの場合は、濃いアイシャドウで代用してもかまいません。タレ目に見せたい場合はアイラインを下へ、ツリ目に見せたい場合は上へ向かって伸ばしましょう。
デカ目メイクで一重が変わる! ときめく目元を作る4つの鍵

ぼってりまぶたさんはナチュラルカラーのコスメを使う

一重さんにも色々な種類があるため、自然なデカ目メイクをするためには、自分のまぶたのタイプをしっかり見極めた上で、最適なメイクを試すことが欠かせません。まぶたの皮膚が厚く、ぼってりとした印象になってしまう一重さんは、メイクの仕方によってはアイシャドウやアイラインが浮きやすいので注意が必要です。特に、濃いアイラインや、カラフルなアイシャドウは、パンダ目の元になりかねません。

ぼってりまぶたさんは、アイシャドウやアイラインにお肌の色に近いナチュラルなカラーを選ぶようにしましょう。濃いカラーに比べて、パンダ目になりにくく、自然にデカ目を強調できるのがナチュラルカラーの魅力です。特にブラウン系のコスメは使いやすく、抜け感のあるナチュラルメイクが叶えられる優秀アイテムです!

すっきりまぶたさんは鼻にこだわって凹凸のある顔を作る

ぼってりまぶたさんとは反対に、皮膚が薄くすっきりとしたまぶたの一重さんのメイクは、あまりナチュラルすぎると平坦なイメージになってしまいます。ホリのある、印象的な目元を作り全体のバランスを整えるためには、目だけでなく鼻にも注目してみましょう。デカ目メイクというとアイメイクにばかり力を入れがちですが、鼻のメイクにもこだわることでアイメイクがさらに際立ちます。

鼻のメイクをするためには、ノーズシャドウや、ハイライトをうまく使いましょう。ノーズシャドウで鼻のわきに影を作り、鼻筋や鼻の頭にはハイライトをのせることで、顔に凹凸を作ることができます。のっぺりとしたメイクになりがちな人は、顔全体のバランスを見ながら立体的感を演出し、デカ目を目指しましょう。
デカ目メイクで一重が変わる! ときめく目元を作る4つの鍵

一重さんも長所を活かしながら、デカ目メイクに挑戦

一重さんは、自分の目について「小さい」などネガティブな印象を抱いてしまいがちです。しかし長所を理解しながら、魅力を活かすようなメイクをすれば、自分らしさを壊さないデカ目メイクが叶います。まずは自分の一重の特徴を掴んで、ぱっちりと大きな目に見せてくれるメイクを研究しましょう。

ちありの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…