ツンデレな言葉を言う時の外してはいけない注意点

ツンデレ女子って意外にも男子にモテるんですって。なんでかと言うとその特徴です。ツンデレ女子は、好きになった人の前でこそデレっとなるのだけれど、そうでない場所ではどちらかというとツンツンしていたり、無愛想な印象なのです。

男子としては、自分にだけ好意を見せてくれるその姿にやられちゃうのだとか。と、言うわけで、押しても引いてもダメならツンデレしてみましょう! ツンデレな言葉を言う時の外してはいけない注意点をいくつかご紹介致します!
ツンデレな言葉を言う時の外してはいけない注意点

「本当は好きなのに」をしっかり態度でバラす

「あなたなんて興味ない」「好きじゃない」と言ったところで、それをそうと取られたらNG。

「この子、本当は俺のこと好きだよね? 」と思われてやっとツンデれが伝わるわけです(笑)
ツンデレな言葉を言う時の外してはいけない注意点

言葉はツン、態度はデレ

例えばなにか彼のお世話をした時、「別にあなたのためにやったわけじゃないから! 」と言ってみたり、デートに誘われた時など、「たまたま予定空いたからつきあってあげてもいいけど」と言ってみたり。素直じゃない発言がポイント。

そして、大事なのはそれを言っている時の表情。笑いながらだったり、嬉しそうだったりすると良いと思います。

見え見えな自分にちょっと驚いている的な態度

上記の様に、彼と話していることが嬉しいという気持ちが表情に現れてしまうパターンもたいがい可愛いですが、その逆パターンとして、「もしかしたら今の言動で好きな気持ちばれちゃったかも!? 」って思った時の、ちょっと驚いたり焦っている態度もセットにして言うのもオススメ。

例えば、会社帰りのタイミングをあきらかに待っていたのに、その姿を見られてしまい、「べ、別に待っていたわけじゃないから! 」的な(笑)

かわいいなぁと思われますよ、きっと。

ツンデレな言葉を言う時の外してはいけない注意点

照れを隠す様なしぐさで

「はぁ? なにいってんの? 勘違いしないでよね! 」と言いながら、顔がみるみる真っ赤になっていったり、「あついあつい」なんて言って、汗を風であおぐ仕草をしてみたり、「いつもクールなあの子が照れちゃってる」というギャップは男子の大好物ですよ。

言ったあとに相手の顔を上目づかいで見つめる

ツンデれ上級者かもしれませんが、余裕があれば、ツンツンした言葉をデレッとした態度で言ったあと、彼の反応を伺う様に上目遣いで見つめてみてください。

彼がニヤニヤと嬉しそうにしていたらヒットです。「かわいいなぁ」と思ってくれているはず。逆に、なにも意に介していない雰囲気であればちょっと効果は薄かったかも。
ツンデレな言葉を言う時の外してはいけない注意点

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか? 今回コラムを書きながら思ったのですが、少女漫画の主人公って女子も男子もツンデれ多くないですか? (笑)

漫画の中の世界のセリフみたいでちょっと照れてしまいました。でも、少女漫画ってキュンキュンしますものね。良いですよね、キュンキュンって(笑)ご参考までに。

 

Written by ヒナタ