早起きしたくなる朝型生活の魅力

あなたは早起きですか。朝方生活を始めると良い効果はたくさんあります。
今回は「早起きしたくなる朝型生活の魅力」についてまとめてみました!

早起きしたくなる朝型生活の魅力

朝方生活の魅力

朝方生活の魅力とはなんでしょうか。まずは魅力を知ることで、早起きしたい気持ちにもなれると思います。

第1に朝の時間を有意義に使えるという点があります。夜の時間は無限に感じてしまうので、だらだらしてしまいがち。それは就寝時間が決まっていないからです。

逆に朝は、起床から出発までの時間が決まっているので、その間に支度を済ませないといけません。制限時間以内にで朝食を食べたり、着替えたりする。よくよく考えるとかなり生産性の高い時間ではないでしょうか。

それは朝の支度に限りません。早起きして出発までの時間を有意義に過ごすことができますよね。運動や読書のような朝活を楽しんでみてください。

早起きしたくなる朝型生活の魅力

肌がきれいになる

「夜更かしはお肌の天敵」と言われます。それは、肌の調子を整える成長ホルモンの分泌が22時から2時の間と言われています。その時間に睡眠をとれば肌の調子も整うというわけです。

さらには夜更かしをすると小腹が空きます。残念なことに、夜にご飯を食べると太りやすい。つまり、夜更かしは肌荒れや肥満の危険があるのです。早寝して早起きすることは、肌もきれいになります。朝ならしっかり食べても太りにくいです。

美しくなるための第1歩は早寝早起きではないでしょうか。

早起きしたくなる朝型生活の魅力

満員電車の回避

満員電車はつらいですよね。いっそのこと早起きして、少し早い電車に乗ってみましょう。通勤のストレスが劇的になくなります。

とくに早起きしても家にいるとダラダラしてしまうという方は、ぜひ試してみてください。早く会社についたら近くの喫茶店で読書してもいいですね。

会社近くで開かれている朝会に参加してもいいですね。会社によってはスライド出社も認めてくれます。それが可能なら、早く仕事して早く帰ることができます。

早起きしたくなる朝型生活の魅力

夜にラブレターを書いたことはある?

いきなりですが、夜にラブレターを書いたことはありますか。ラブレターじゃなくても、好きな人に送るために下書き保存したメールでもいいです。それを翌朝読み直したら、「恥ずかしくて読めたものじゃない……!」 という経験がありませんか。

なぜそんなことが起こるかといえば、朝と夜の自律神経が影響します。朝は交感神経が優位になり、夜は副交感神経が優位になります。副交感神経が優位なときはリラックスした状態なので、感情を優先して状態でラブレターを書いてしまうのです。

交感神経が優位なときは理性的な状態です。だから、そのときにラブレターを読み返すと感情とのギャップに驚いてしまうのです。つまり、生産性の高い仕事をしたいなら、夜更かししてやるよりも、早起きしてやった方が効率が良いのです。

早起きしたくなる朝型生活の魅力

まとめ

いかがでしたか? みんながまだ寝ている時間に起きて、澄んだ朝の空気はすがすがしいものです。早起きが続けば、自然に早い時間に眠くなります。

「早起きは三文の徳」という言葉もあります。朝方生活は魅力だらけです。興味のある方はぜひトライしてみてください。

 

Written by 前田 ヒロキ

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…