今どきメイクはうるツヤ肌! 乾かない肌はこうつくる!

肌に必要なうるおいとツヤを両方あわせ持つのがうるツヤ肌。カサつきや肌のくすみ知らずのうるツヤ肌は、最強肌といっても過言ではないでしょう。

ここでは皆の憧れのうるツヤ肌をつくる方法について、美容ライターのMarieが解説していきたいと思います!

マット肌は老けて見える? うるツヤ肌のメリットとは?

最近はうるツヤ肌が人気ですが、ちょっと前まではお人形のようなマット肌が人気でしたよね。マット肌は「しっかりとやってる感が出るので好き」という女性が多いのですが、男性には「不自然なので好みではない」という声が多くありました。

実際に「女性の肌で『うるツヤ肌』と『マット肌』ではどちらが好きか?」という質問に対し、男性の約8割は『うるツヤ肌』を選んだというアンケート結果が出ていますから、男性ウケという視点から考えると、マット肌よりは断然うるツヤ肌の方がいいということが分かります。

マット肌は大人な雰囲気を演出したい時にはもってこいのベースメイクですが、その一方で若さが感じられないために老けて見えることも少なくありません。

その点、うるツヤ肌は健康そうに見えますし、若々しい雰囲気になります。また肌がぷるぷるに見えるので、つい触れたくなるような魅力があります。

ですからマット肌と比較すると、うるツヤ肌の方がダンゼン魅力的なんです。
今どきメイクはうるツヤ肌! 乾かない肌はこうつくる!

うるツヤ肌つくりはスキンケアからスタート!

うるツヤ肌はメイクでつくるというイメージを持つ人が多いのですが、実はうるツヤ肌つくりはスキンケアの段階からスタートします。

肌がしっかりとうるおっていないと、どんなにベースメイクを頑張ってもみずみずしい肌につくり上げることはできません。

うるツヤ肌をつくる洗顔

うるツヤ肌をつくるためには、洗い過ぎないことが大切です。

♦洗浄力の強い洗顔料を使うこと
♦洗顔時にきちんと泡立てずに洗顔すること
♦1日に何度も洗顔すること

これらは肌のうるおいを奪ってしまいます。

うるツヤ肌をつくるためには、肌にやさしい洗顔料をしっかりと泡立てて使いましょう。泡立てがうまくいかない人は、泡立てネットを使うと簡単にホイップ状の泡をつくることができますよ。

泡立てた洗顔料はベタつきやすいTゾーンからのせ、手早く肌全体に伸ばしてササッと洗い流します。洗顔料は洗い残しがないように丁寧に洗い流してくださいね。
今どきメイクはうるツヤ肌! 乾かない肌はこうつくる!

うるツヤ肌をつくる洗顔後のスキンケア

洗顔後は水分をタオルでやさしく拭き取って、すぐに化粧水で保湿しましょう。化粧水はたっぷりと肌に浸透させます。コットンに化粧水をたっぷりとつけて、ローションパックをするのもおすすめです。

その後、乳液やクリームで仕上げてください。目元や口元は乾燥しやすいので、とくに丁寧に保湿ケアをしてくださいね。

うるツヤ肌が持続するベースメイクのつくり方

スキンケアでうるおいをたっぷりと与えたら、いよいようるツヤ肌メイクを行います。ベースメイクは、スキンケア後5分くらい経過した後に行うのがメイクのノリを良くし、メイク崩れを防ぐコツです。

化粧下地はツヤ肌になるものを

ファンデーションを塗る前には、必ず化粧下地を使用するようにしましょう。化粧下地はツヤ肌になるものが各メーカーから出ているので、パール感のあるものや、ツヤが出るタイプのものを選ぶのがおすすめです。

そのような下地を使用することで、内側から輝くようなツヤを出すことができます。

化粧下地を塗る際は、顔の中心部分をとくに丁寧に塗り、ムラのないように全体的に伸ばしてください。もしTゾーンがテカってしまうという場合は、Tゾーンのみ皮脂をコントロールしてくれるような下地を塗ってもOKですよ。

うるツヤ肌をつくるファンデーションの選び方

うるツヤ肌をつくるためには、ツヤ感の出るリキッドファンデーションを選ぶようにします。保湿力の高いクリームファンデーションもいいですし、普通のリキッドファンデーションにオイルを少し混ぜて使用しても同様のうるツヤ肌に仕上がります。

ファンデーションは頬を中心に塗っていきます。顔の中心部分にファンデーションをしっかりと塗ってスポンジで伸ばしていきましょう。

フェイスラインはスポンジについたファンデーションを使って薄めに仕上げることで、ベースメイクを立体的に仕上げることができます。

全体的にまんべんなくファンデーションを塗ってしまうと、のっぺりとした顔になってしまうので注意しましょう。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションを使うとムラができてしまうという人は、クッションファンデーションを使うのもおすすめです。

クッションファンデーションなら、スポンジについたファンデーションをポンポンと肌にのせるだけで簡単にうるツヤ肌をつくることができますよ。
今どきメイクはうるツヤ肌! 乾かない肌はこうつくる!

パウダーはポイント使いを

通常はリキッドファンデーションの後はパウダーで仕上げますが、うるツヤ肌メイクの場合は、せっかくつくったうるツヤ感を消さないために、パウダーを全体的にはたくのはNGです。

テカりやすい鼻の部分やメイクが崩れやすい目の周りのみ、パウダーを使用しましょう。

 

Written by Marie

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

1うーん…