浮気されているうちが花……その理由とは?

私たち女性にとっての「三大・厄介事項」といったら、なんといっても「ダイエット」「彼氏の浮気」「お肌の経年劣化」でしょう!

これらの悩みは、女性の「一生」に付きまとうと言っても過言ではないくらい。この記事では、三大・厄介事項の中から、「彼氏の浮気」にフォーカスしたいと思います。

ダイエット&お肌の経年劣化は、各自で何とかしましょう(笑)!
浮気されているうちが花……その理由とは?

美人やカワイコチャンも「彼氏の浮気」に悩む! 「彼氏の浮気が心配……!」というお悩みをしょっちゅう耳にします。いや、「心配」というよりも「不安」といったほうが的を射ているかもしれません。

そして、彼氏の浮気を不安視する女性たちの中には、美人やカワイコチャンも混じっているんですよね。個人的には、「こんな美人が、浮気疑惑に悶々としているだなんて……!」と、驚かされます。

むろん、不美人は浮気に悩まされて当然……という意味ではないですけどね(笑)。

浮気されているうちが花?

美人だろうと不美人だろうと、彼氏の浮気を不安視している女性の皆様に、声を大にしてお伝えしたいことがございます。

浮気されているうちは、まだ安心である、と……! 超が付くくらい大事なことなので、2度言いますね。浮気されているうちは、まだ安心な段階なのです。
浮気されているうちが花……その理由とは?

「好き」の反対語は「無関心」

浮気をしているということは、彼氏さんはまだ、恋愛に対して関心があるということ。その対象が、あなたではなく、別の女性に向かっているだけなのです。

危惧すべきは、彼氏さんが恋愛自体に関心を持たなくなったら……という部分。ほかにオンナがいるわけでもないのに、あなたとのお付き合いに無関心になるほうが、よっぽど危機的状況です。

要するに、「好き」とか「嫌い」とか、何らかの「感情」を持たれているほうが、よっぽどマシということ。恋愛に無関心になってしまったら、あなたに対しても無関心になりますからね。

浮気の尻尾を掴んでもどうにもならない

世の中には、彼氏の浮気を見破るテクニック的なやり方がごまんと存在します。それらのテクニックは、確かに有効なのでしょう。

しかし、見破ったところでどうにもならないと筆者は思うのです。たとえば、ケータイを盗み見ることで、浮気の尻尾を掴んだとしましょう。そこからどうするのでしょうか?

おそらく大半の女性が、彼氏さんを問い詰めるのでしょう。もしくは、「ショックだったぉ」と、悲劇のヒロイン的な小芝居を打つのでしょう。

いずれにせよ、怒っているor悲しんでいる感情を伝えることになりますね。
浮気されているうちが花……その理由とは?

感情だけでなくロジックも大事!

自分の感情を伝えるという行為は、男女関係に限らず、人間関係においてとても大事です。

しかし、感情だけではうまくいかない場合もあります。「なぜ彼氏は浮気に走ったのか?」という部分を、ロジックで考えなければ、事態は解決しないのです。
浮気されているうちが花……その理由とは?

証拠探しの前にすべきこと

彼氏の浮気が不安になったら、証拠探しに躍起になるのではなく! 仮に浮気されているとしたら、その理由は何なのか……まず原因の部分から追求していきましょう。

「朝昼晩とLINEを求めるのはしつこかったかしら」とか「男友達とのゴルフよりも、雑貨屋さん巡りに付き合わせたことがマズかったかしら」とか「後背位は顔が見えないから愛を感じられないと拒んだのがマイナスだったかしら」とか、何らかの因果関係を発見できるはず。

そう、発見すべきは、浮気の証拠ではなく、因果関係のほうなのです。

もちろん、彼氏側が単なるヤリチン気質なだけというケースもあるでしょう。そのときは、惚れた弱みに徹し、多少の浮気は大目に見るか(芸能人の奥様のように。過去には「役者の女房ですから」という名言もありましたね)、浮気するような男性には見切りをつけて次へ行くのか……自分次第なのでしょう。

相手を変えようとするよりも、自分自身が変わるほうが、手っ取り早いですよ。

 

Written by 菊池美佳子