喧嘩の夢を見ても心配なし? 夢占いにおける喧嘩の意味

現実で喧嘩をあまりしないという人も、夢で喧嘩をしてしまうシーンに出会うことがあります。

喧嘩をする夢を見ると、実際の人間関係に反映してくる良くないものなのかどうか少し気になってしまいますよね。

今回は夢占いにおける喧嘩の意味をお話していきます。

喧嘩の夢は現実では良いことの兆しかも

現実の問題が解決する兆しあり

夢における喧嘩の存在は、現実には反対の意味を持つと言われています。

いわゆる逆夢というもので、夢の中で悪いことが起こる程、現実では幸運に変わってあなたの元に返ってくるのです。

ただ単に幸運が舞い込むというよりは、今あなたが現実で抱えてしまっている問題が解決するというような意味合いが強く、夢の中で喧嘩をすることによって問題を打ち砕くという意味も含まれていると言って良いでしょう。

現実での人間関係を改善したい気持ちの表れ

現実の人間関係に、あなたは何か不安を抱えてはいませんか?

実際に喧嘩をしたことがないような相手と夢の中で喧嘩になったとしたならば、あなたはその相手との関係に何かしらマイナスな印象を持っていると言えます。

現実では言えない気持ちを夢で昇華して実際の人間関係に影響しないようにしている面と、その相手から受けたストレスが夢で喧嘩という攻撃性となって表れているのです。

夢の中で喧嘩をするということ自体、あまり良い印象に思えないかもしれません。しかし現実での人間関係に影響がないように努められるということはある意味で前向きな気持ちの表れであるとも言えるでしょう。
喧嘩の夢を見ても心配なし? 夢占いにおける喧嘩の意味

夢の中で喧嘩をする相手によって、象徴する意味が違う

恋人か好意のある男性と喧嘩する夢

自分にとって恋愛の対象である男性と喧嘩をする夢を見たとしても、不安になる必要はあまりありません。

先程もお話したように、夢の中での喧嘩は反対の意味合いを含むことが多いので、この場合も夢の中で喧嘩しているということは現実では関係の修復を図れる可能性があるということです。

もし今現在、恋人や夫などパートナーとの関係に不安を覚えている人は、この夢を切っ掛けに相手に歩み寄るようにしてみましょう。

喧嘩の夢を見たその時は、相手の気持ちも関係修復について前向きになっている時でもあるからです。

また特にパートナーとの関係に問題がないのに喧嘩をする夢を見た場合は、これから益々二人の仲が深いものになっていくという予兆でもあります。

未婚のカップルは結婚という未来も視野に入れてお互いに向かい合うべき時なのかもしれませんね。
喧嘩の夢を見ても心配なし? 夢占いにおける喧嘩の意味

自分の父親と喧嘩してしまう夢は抵抗感の表れ

自分の父親と喧嘩する夢は一般的に強い権力などを象徴していると言われています。

権力ということは、要するに上司であったり簡単には抗えない環境であったり、あなたが納得していないのにその場に身を置かなければならない状況をさします。

夢の中で父親と喧嘩をする夢を見てしまうということは、あなたは現実で身を置いている場所に激しい不満があるということなのです。

喧嘩をする夢を見て不満を昇華出来たのであれば問題はありませんが、まだ心の中にわだかまりが残ってしまうようであれば今の自分の環境を変える転換期を迎える準備をしても良いかもしれません。喧嘩の夢を見ても心配なし? 夢占いにおける喧嘩の意味

喧嘩をする夢を見ることで、ストレスが上手く昇華されるかも

喧嘩をしている夢に共通していることは、現実に抱えている問題を夢で昇華しようとしている点です。

もし喧嘩をしている夢を見たとしたら、あなたが気付いていなくても知らず知らずの内に人間関係や現実の環境に不満を抱いていた可能性が高いです。

喧嘩の夢を見た時はチャンスだと捉えましょう。自分のストレスを自覚し夢でそれを昇華し、現実の問題にも改めて向き合う機会になるのではないでしょうか。

司の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…