マスク美人になるにはいつものメイクはNG! 目&眉メイクは清潔感がカギ

ファッション感覚でマスクをする人も増えましたね。有名人でマスク美人と言えば、ものまねメイクのざわちんを思い出す人も多いのでは?

マスクをしている人を見る時、自然と目もとに意識が集中してしまうもの。顔の形がマスクで隠される分、隠されていない目や眉メイクがマスク美人を作る肝になると言えるでしょう。

そこでどんなアイメイクを施せばマスク美人に見えるのかリサーチしました。

目もとの印象は清潔感あふれるものに! マスク美人のポイントはここ

マスクは顔型や口もとにコンプレックスを感じている人にとっては救世主!

マスクをしている人を見かけると視線は自然と目もとにいきますよね。顔の下半分にコンプレックスを抱えていたとしてもマスクで隠されていているので、周りにはわかりません。あくまでも顔の半分は想像の世界。

顔全体の雰囲気はどうなのか? マスクから見えている部分のメイクだけでどんな感じなのか想像してしまいます。

マスク美人と呼ばれるには、ギャル風のアイメイクよりも清潔あふれるメイクを施して清楚なイメージを持たれたほうが断然有利と言えます。

マスクで隠されていない顔半分のメイク、「目元のメイクをどう決めるか……」マスク美人になれるかどうかのポイントはここにあります。

隠されている部分のファンデーションは薄づけにすることでお化粧崩れが気になりません。マスクをしている間は口紅も控えたほうがいいでしょう。
マスク美人になるにはいつものメイクはNG! 目&眉メイクは清潔感がカギ

マスク美人に必須! 目元メイク攻略法

アイシャドウが先! マスク美人のアイメイク

マスクをしている、していないに関わらず、眉を先に描いてしまうとどうしても眉に合わせたアイメイクになってしまいがちです。

マスク美人を目指すなら特に重視したいのがアイメイク。だからこそ、アイシャドウ→ビューラー→アイライナー→マスカラの順でまずアイメイクを完成させていきます。

 

☆アイシャドウはベースカラーにピンク系を使うことで血色をよく見せます。そして上まぶたの際にはオレンジベージュなどナチュラルに仕上がるカラーをのせます。

 

☆次にビューラーでまつ毛をアップさせてから、まつ毛の間を埋めるように目頭から目尻までアイラインを引いていきます。
目頭にラインを引くときには鼻のほうに目頭を引っ張って入れます。こうすることで目力がより強くなります。

またビューラーを使うときには目もと→中間→毛先の順に挟んでしっかりとカールしてあげましょう。

 

☆マスカラを縦に使ってまつ毛の目もとは濃い目に、毛先は軽めにつけていきます。上まつ毛とのバランスを見ながら、下まつ毛はお好みでマスカラを。

 

☆最後に涙袋と上まぶた中央にピンクベージュやアイボリー、クリーム系の同じ色のアイシャドウをのせたらマスク美人アイメイク完成です。
マスク美人になるにはいつものメイクはNG! 目&眉メイクは清潔感がカギ

眉マスカラも利用する! 垢抜け感をプラスした眉メイク

眉は足りない部分をパウダーでカバーし、眉山を決めたら眉尻までしっかりと描きます。このとき眉の中央はふんわりと。

そして眉マスカラをつけます。もし黒髪ならワントーンアップした眉マスカラを使うと垢抜けますよ。

番外編:ヘアスタイルにもひと工夫! マスク美人に仕上げるには

単にダウンヘアスタイルにマスクを合わせると、やつれてどこか重たい印象になりますよね。

マスクをしていてもハツラツとした健康的なマスク美人の印象にするならハーフアップにしたり、一部をキッチリまとめたりして、今風の毛束感を出したヘアスタイルにするのがオススメです。

くるりんぱを使った髪型もOK。特にサイドの髪の毛をまとめると清潔感あふれる印象となります。
マスク美人になるにはいつものメイクはNG! 目&眉メイクは清潔感がカギ

おわりに:マスク美人になりたいなら目元のアイメイクを変えてみよう♪

いつものアイメイクに一工夫加えたり、または引き算したりすることで清楚なイメージに変わります。

単に顔を隠すためのツールとしてマスクを利用するのはもったいない。

せっかくマスクをつけるなら、時間をかけてアイメイクや眉メイクだけでも丁寧に仕上げて、あなた自身の魅力を引き出すアイテムとして利用してみてはどうでしょう?

これであなたもマスク美人に。

涼夏の他の記事を読む

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…