男性が結婚を意識する年齢は? そこにあるきっかけとは?

男性にとって結婚をしたいと思う年齢はいくつなのでしょうか。その年齢には結婚を意識するきっかけがあるようです。
男性が結婚を意識する年齢について理解を深めると女性から結婚への効果的なアプローチをすることもできますよ。

社会人になった年齢

男性が社会人になった年齢とは、高校を卒表して就職をしたなら18歳、四年生の大学をストレートで卒業して就職したなら22歳ということです。
社会人になるタイミングは個々それぞれですが、男性にとって社会人になる瞬間の身の引き締まり方は相当なものです。

学生時代に終止符を打つことに寂しさも感じますが、それと同時に自分への挑戦が始まります。
社会に役に立つ人間、求められる人間になりたいという意識が必ず働く年齢なのです。
そんな時に一緒に結婚も意識します。

これから一人前になっていく自分と結婚が学生時代には全く想像できていなくても急にイメージをするようになりますよ。
交際をしている人がいたとしてもこの年齢でするかは分かりませんが、これからの自分の成長とともに結婚願望が膨らんでいくことは間違いありません。男性には責任が大きくまとわりつくのが結婚ですから、すぐに決断をすることの方が少ないですが、頭の片隅に結婚をする自分という像が見えていますよ。
男性が結婚を意識する年齢は? そこにあるきっかけとは?

20代後半から30代前半

最近の男性が結婚をする年齢が30歳を超えている人が増えていると言われていますが、体感的にはやはり20代後半から増加しているように感じませんか? 社会人になって数年が経過し、生活も少しずつ安定してくる時期です。

そして、20代後半くらいになると男性は自分の将来の姿が見えてきます。
一つの会社に勤めていれば、「このままの調子で行けば○歳までには課長になって……」という過程が周囲と見比べながら見えてくるものです。それをまた目標にした時に、「そろそろ結婚しようかな」と思うのです。この時の年齢が20代後半から30代前半ですね。

最も男性として自信に満ち溢れ、それでいてまだパワーで乗り切っている年齢ですから、キラキラ輝いた男性がとても多いのも特徴です。
また、周囲の友人などが結婚する姿を見て「結婚もいいな」と意識し始めるのは女性と同じです。
幸せそうな人を見ると「自分もそうなりたい」と思うことは当然のことですから、パワーのある時期には仕事に結婚にと精力的に行動することができる年齢でもあります。
男性が結婚を意識する年齢は? そこにあるきっかけとは?

40歳手前

結婚への意識に関して男性の40歳と女性の30歳はとても近い感覚があります。
結婚への憧れは20代後半から30代前半に一度持ち、それでもそこで結婚しなかった理由を甘んじ、ついに自分が40歳になる時に焦りを感じ始めます。

ここで結婚しなかったら一生独身ではないか、40歳を超えたら女性にもう結婚相手として見られないのではないだろうか、と慌てて婚活を開始したり、交際相手との結婚を急に決めたりします。中には、「独身貴族も良いものだと思っていたけれど40歳を意識した時に、老後のことが急に心配になってしまって、結婚するなら今だと思った」という男性もいます。

大人の男性として自己分析も行い、周囲を見回した時に、人生の中で何かに挑戦していないとすれば、それは結婚だと思うようですね。
自分の子孫を残していないことにも強いプレッシャーさえ感じます。
まだまだ40歳の男性は男としての魅力も十分にありますから、グイグイとアプローチをされた経験のある人もいるのではありませんか?
男性が結婚を意識する年齢は? そこにあるきっかけとは?

結婚したい男性がいるのなら年齢に応じたアプローチを

「男性が結婚を意識する年齢は? そこにはあるきっかけとは?」についてご紹介しました。
あなたに今、結婚したい男性がいる、またはこれから結婚をしたい! という場合には、こちらの内容を参考にして男性に合わせたアプローチをすると効果的ですよ。
男性にとって結婚は責任重大な決断になります。
その背中を押すためには、結婚を意識した年齢に合わせたきっかけを利用して「結婚しようかな」と思わせられるように工夫をしていきましょう。

春森 桜の他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

5うーん…