ドタキャンする人の特徴8つ|ドタキャンされた時の対処法7選などを紹介

ドタキャンされると嫌な思いをしてしまうことがあります。しかし、嫌な思いをしたからと相手を怒るようなことをしてはいけません。

ドタキャンを頻繁にする人にはいくつかの特徴があるので、その特徴や対処法などを把握しておきましょう。

ドタキャンとは

ドタキャンする人の特徴8つ|ドタキャンされた時の対処法7選などを紹介ドタキャンとは、土壇場になってキャンセルをすることです。そのため、友人や知人などと約束をしていたにもかかわらず、当日になって急にその約束をキャンセルされてしまうときによく使われます。

また、場合によってはそのキャンセルの連絡が相手からなく、自分から確認の連絡を入れると約束のキャンセルを伝えられるという酷いパターンもあります。

ドタキャンと感じる期間4選

ドタキャンされると悲しくなったり、腹立たしく感じたりしてしまいます。しかし、ドタキャンの土壇場に対する期間の考え方は人によって異なります。

そのため、注意しないと自分はドタキャンのつもりではなかったが、相手にとってはドタキャンであったという状況になってしまう可能性があります。そのような状況を避けるためにも、ドタキャンの期間について考えてみましょう。

1:2週間前

約束の2週間前であれば、その約束をキャンセルされても別の予定を入れるだけの時間は十分にあります。そのため、ドタキャンと思われることは少ないでしょう。

ただし、遊園地やコンサートのようにすでにチケットの購入をしている場合や、旅行のように日程変更ができない場合などでは、2週間前であっても相手に迷惑がかかってしまう可能性はあります。

2:1週間前

約束の1週間前にキャンセルすると、人によってはドタキャンと感じてしまうことがあります。とはいえ、約束の日まで少し時間はあるので、しっかりと理由を伝える、日にちを変えるなどの対応で納得してもらえることは多いでしょう。

ただし、1週間前でも遊園地やコンサートのように事前にチケットを購入したり、旅行の約束などであったりした場合はドタキャンと思われてしまう可能性は高いです。

また、これらの約束は数ヶ月前から準備していることもあるので、相手を嫌な気持ちにさせたり非常識と思われたりする可能性もあります。

3:2~3日前

2〜3日前に約束をキャンセルすれば、その約束がただ遊びに行くだけのものや、食事をするだけのものであったとしても、ドタキャンと思われてしまう可能性が高まってきます。

親しい間柄であれば2〜3日前のドタキャンがあったとしても、あまり気にしないということもあります。しかし、あまり親しい関係でない場合は約束を直前に断ったことで非常識な人という印象を与えてしまう可能性があります。

4:前日

ドタキャンする人の特徴8つ|ドタキャンされた時の対処法7選などを紹介約束を前日にキャンセルすれば、多くの場合はドタキャンと判断されてしまいます。また、約束の前日にドタキャンをすれば相手に迷惑をかけてしまうことが多いので、相手が納得できる説明や、ドタキャンをすることに対するフォローをするべきでしょう。

もし、これらの対応がなければ信頼関係に影響が出てしまうこともあります。

ドタキャンする人の特徴8つ

ドタキャンは相手に迷惑をかけたり、嫌な思いをさせてしまったりすることが多いです。そのため、ドタキャンをしないように注意している人は多いでしょう。

しかし、中には頻繁にドタキャンを繰り返す人もいます。ドタキャンをよくする人にはいくつかの特徴があるので、これらの特徴を多く持つ人と約束する場合は注意するようにしましょう。

1:自己中心的

約束をドタキャンすれば相手に迷惑をかけ、嫌な思いをさせてしまう可能性があるので、前後の仕事や用事などによって多少スケジュールに乱れがあっても、約束のために調整をするという人は多いです。

しかし、自己中心的な考えをする人は自分の都合を優先して、先にしていた約束をキャンセルして他の予定を入れようとすることがあります。

酷い場合では、雨が降っているから行くことが面倒、寝坊して約束の時間に間に合わないなどをドタキャンの理由にしてしまうこともあります。

2:マイペースで気分屋

マイペースで気分屋の人は、約束した相手のことよりも自分のペースや気分を優先してしまうことがあります。そのため、約束はしたけど後でその約束が面倒になってしまった、寝坊をして約束の時間に間に合わないなどを理由にドタキャンをします。

また、マイペースで行動しているので、ドタキャンはしないが頻繁に遅刻をしたり、予定していた内容をコロコロと変えたりすることもあります。

3:だらしがなくスケジュール管理ができない

スケジュール管理がだらしない人は、いつ、誰と、どのような約束をしたのか把握仕切れていなかったり、忘れてしまったりすることがあります。

そのため、ダブルブッキングをしていることを前日に気がついたり、約束していたことを忘れてしまったりしてしまいます。このようなタイプは本人に悪気はなく、結果的にドタキャンになってしまうことが多いです。

4:目先の誘惑に弱い

目先の誘惑に弱い人は、約束の時間ギリギリまで寝ようとしたり、前日遅くまで本を読んだり、映画を観たりなどの自分のやりたいことを優先してしまいがちです。

これらのような約束に差し支える可能性があることは、約束の直前であるほど注意が必要になります。しかし、目先の誘惑に弱い人は欲求に負けてしまい、約束に遅刻したり、自分のやりたいことを優先してドタキャンをしたりします。

5:他人への関心がない

他人への関心がない人は、自分がドタキャンをすることで相手に迷惑がかかったり、嫌な思いをしたりすることを気にしません。また、自分がドタキャンをしたことで相手からどのように思われることになるかも気にしません。

そのため、自分の都合を優先したり、気分が変わったりすると、平気でドタキャンをすることがあります。

6:金銭管理が下手

金銭管理ができない人は、気がつくとお金がなくなってしまっているということがよくあります。

そのため、食事や買い物などの約束はしていたが、その約束の日までにお金を使いすぎてしまうことで、約束の食事や買い物をするお金がなくなってしまって行けなくなることがあります。

本人は直前まで約束の食事や買い物に行くつもりでいるので、結果的に約束の日の直前になってドタキャンをしなくてはいけない状況になります。

7:不規則な生活をしていて体調を崩しやすい

ドタキャンする人の特徴8つ|ドタキャンされた時の対処法7選などを紹介ドタキャンの定番理由の1つに、体調が悪くなるということがあります。本当に直前になって体調を崩してしまった場合は、仕方のないことなので相手もドタキャンに納得してくれます。

しかし、いつも不規則な生活をしていたり、体調管理を怠っていたりする人の中には、頻繁に体調不良を理由にドタキャンをする人もいます。

初めは体調不良なら仕方ないと思っていてくれた相手も、あまり頻繁に体調不良を理由にドタキャンをされると、体調管理はしっかりして欲しいと思ったり、本当に体調不良なのかと疑ったりする可能性があります。

8:忘れっぽい

忘れっぽい性格をしている人は、約束をしていたことを忘れてしまうこともあります。

そのため、約束の前日に念のための確認の連絡をすると、約束を忘れて別の予定を入れてしまっていたり、約束の時間を過ぎても現れないので連絡をすると約束を忘れて寝ていたなどということが起こります。

ドタキャンされた時の対処法7選

ドタキャンをされれば嫌な気持ちになることもあります。しかし、理由によっては相手に悪気がないという場合もあります。

そのため、もしドタキャンをされたとしても、相手をすぐに怒るのではなく、これからも良い関係を続けるために、正しい対処をできるようにしておく必要があります。

1:相手を気遣う

相手は悪気があってドタキャンをしているとは限りません。そのため、ドタキャンをしなければいけないことを申し訳ないと思っていることもあります。

相手のその申し訳ないという気持ちを和らげるために、気にしていないということを伝えてあげましょう。また、体調不良などが原因の場合は相手への気遣いも忘れないようにしましょう。

もし、相手が申し訳ないと思っているところに、嘘をついていると思って本当の理由を問いただそうなどとしてしまうと、信頼関係が崩れてしまう可能性があるので避けましょう。

2:気持ちを伝える

ドタキャンをされた場合には、もう少し早く言って欲しかった、楽しみにしていたけど仕方ないなど、自分の気持ちを伝えるようにしましょう。自分の気持ちを伝えておくことで、その後は相手がドタキャンに注意してくれるようになることがあります。

ただし、気持ちを伝える際には感情的になって相手を怒るようなことをしてはいけません。相手も仕方のない理由によってドタキャンをしなければいけなかった場合や、申し訳ない気持ちでいっぱいという場合もあります。

もし、そのような相手を頭ごなしに怒ってしまうと信頼関係が崩れてしまう可能性があります。

3:自分も他の予定があるなどフォローをする

ドタキャンをされたとしても、相手への気遣いを忘れてはいけません。相手がドタキャンをしなければいけないことを申し訳なさそうにしている場合は、自分にも別の予定ができた、空いた時間でやるべきことがあるなど、相手だけが悪いと思うような状況を作らないようにしましょう。

その理由が嘘と相手にわかったとしても、気遣いをしてもらえていると気がついてもらうことができ、ドタキャンによって気まずい雰囲気になることを回避できます。

4:悪気がないことを理解する

ドタキャンをする場合、悪気があってドタキャンをしているとは限りません。スケジュールや金銭の管理が下手であることや、仕方ないことなどが原因で結果的にドタキャンとなってしまった場合、相手は申し訳ない気持ちでいっぱいとなることもあります。

そのため、ドタキャンをされて嫌な思いをしたからと、すぐに怒るのではなく、まずは理由や相手に悪気がなかったこと、反省しているかなどを確認するようにしましょう。

5:次の約束をするまでに期間を空ける

もし、ドタキャンをされた場合、その場で次の約束をすることは避けましょう。スケジュール管理が下手であったり、忘れっぽかったりすることが原因でドタキャンが起こっていれば、その場で次の約束をしても、別の予定と被せられたり、また忘れられたりされる可能性があります。

また、ドタキャンをされたことで嫌な思いをしていたり、相手が申し訳ない気持ちであったりすると、冷静な判断ができないこともあります。そのため、お互い気持ちにゆとりを持つためにも、少し期間を空けてから次の約束をしましょう。

6:何度も繰り返す場合には距離を置く

ドタキャンを繰り返す人の中には、ドタキャンをすることを悪いと思っていなかったり、ドタキャンの原因を直そうとしていなかったりする人もいます。

このような人と約束をすると、ドタキャンを繰り返されて、何度も嫌な思いをしてしまう可能性があります。そのため、極端な対処方法として、ドタキャンの常習犯とは距離を置いて、誘わないようにするという方法もあります。

約束をしなければドタキャンされることがないので、嫌な思いをしなくて済みます。

7:予約をしていた場合にはキャンセルの連絡を入れる

ドタキャンする人の特徴8つ|ドタキャンされた時の対処法7選などを紹介食事や遊ぶ約束をドタキャンされた際に、お店や施設などを予約していた場合、忘れずにその予約のキャンセルを行うようにしましょう。

キャンセルの連絡をしなければ、無断キャンセルとなってしまいます。無断キャンセルはお店や施設に大きな迷惑がかかってしまいます。そのため、自分と相手のどちらがキャンセルの連絡をするか確認しましょう。

ドタキャンされないようにする方法3選

ドタキャンをされてしまうと自分も相手も嫌な思いをしてしまうことがあります。そのため、できればドタキャンは未然に防ぐことが望ましいです。

ドタキャンを防ぐ方法はいくつかあるので、ドタキャンをよくする人と約束をした場合は、それらの方法を実践しておきましょう。

1:前日に連絡をする

約束の日が近くなったら、予定に変更はないか確認の連絡をしておきましょう。忘れっぽい性格の人やスケジュール管理が下手な人などは事前に連絡をしておくことで、約束を忘れてしまうことを防ぐことができます。

また、約束が守れない状況になっている場合は、早めに約束の日の変更や、事前に約束が守れなくなる可能性があることを把握することができます。

2:複数人で予定を立てる

二人で約束をした場合は相手にドタキャンをされてしまうと、一人になってしまって何もできなくなってしまいます。しかし、三人以上で約束をしておけば、一人がドタキャンをしても残りのメンバーで予定通りの行動をすることができます。

そのため、よくドタキャンをするという人と約束をする場合は、複数人で予定を立てるようにしましょう。

3:相手に会いたいと思わせる

ドタキャンをする人の中には、その人とならいつでも会えると思ってドタキャンをしている人もいます。そのため、いつでも会えるという印象をなくし、相手の方から会いたいと思ってもらえるような存在になりましょう。

自分がドタキャンしてしまう時の対応5選

ドタキャンはしないように注意している人は多くいます。しかし、どうしても仕方のない理由によってドタキャンをしなくてはいけない状況になることもあります。

もし、自分からドタキャンをしなければいけない状況となった場合には、できる限り相手のことを配慮した対応をするように心がけましょう。

1:極力早く連絡をする

約束が守れない状況になった場合は、なるべく早くそのことを相手に伝えましょう。連絡を後回しにしすぎてしまうと、それだけ相手に迷惑がかかってしまうことになります。

また、ドタキャンをする場合は相手に納得してもらうために誠意を持って、理由を説明したり、謝罪をしたりしなければなりません。そのため、できれば電話で連絡をした方が良いでしょう。

2:理由をきちんと説明する

ドタキャンをしなければならない場合、相手に迷惑をかけることになるので、その理由は誠意を持ってしっかりと説明する必要があります。

相手に伝えにくい理由であっても、嘘をついてしまうようなことはやめましょう。嘘の理由でドタキャンをしたことがバレてしまうと、信頼関係が崩れてしまいます。

3:すぐに埋め合わせの予定を立てる

ドタキャンをすれば相手の予定に穴を開けてしまうことになります。そのため、迷惑をかけたことに対しての埋め合せをしなければなりません。遊ぶ約束や食事の約束をしていた場合には、新しく約束の日を決めて、その日は相手に奢ってあげる、車を出してあげるなどしましょう。

4:キャンセル料などの負担を申し出る

事前にチケットを購入していたり、約束の内容が旅行であったりすると、ドタキャンによってそれらの予定をキャンセルすることでキャンセル料が発生したり、チケットが無駄になってしまったりすることがあります。

そのため、自分の都合でドタキャンをしなければならない場合は、相手に金銭的な負担が出ないように、相手のキャンセル料金やチケット代などを負担するようにしましょう。

5:後日改めて謝罪をする

ドタキャンする人の特徴8つ|ドタキャンされた時の対処法7選などを紹介ドタキャンの連絡をする際に、しっかりと理由を説明して謝れば相手は納得をしてくれます。しかし、相手が納得をしてくれたからと、それで終わりにしてはいけません。

後日に相手に会ったときには、必ず改めて謝罪を伝えるようにしましょう。相手が気にしていなくても、迷惑をかけたことに変わりはないので、誠意ある対応をするようにしましょう。

ドタキャンをするときのNG行動

ドタキャンをする場合は、しっかりと説明と謝罪をすれば、相手から納得をしてもらえます。しかし、ドタキャンをする場合には相手に迷惑をかけることに変わりはありません。そのため、ドタキャンをする際にはやってはいけないNG行動がいくつかあります。

別の人を優先する

約束は先にしていたものを優先することが基本です。そのため、先に約束をしていたにもかかわらず、後から友人や恋人に誘われたからと、別の人の約束を優先してしまうようなことをしてはいけません。

もし、別の人を優先して先の約束をドタキャンしてしまうと、ドタキャンをした相手からの信用を失うことになってしまいます。

ドタキャンする側が「仕方ない」などの態度を取る

体調不良や仕事などによって、どうしてもドタキャンをしなければいけなくなってしまうこともあります。しかし、仕方のない理由であっても相手に迷惑をかけることに変わりはありません。

また、その理由で納得できるかどうかは相手が決めることです。そのため、仕方のない理由であるからと、自分の方から開き直ったような態度を取ってはいけません。

ドタキャンには気をつけよう

ドタキャンは相手からされることもあれば、仕方のない理由で自分がすることもあります。どちらの場合であっても、ドタキャンによってお互いが嫌な思いをしないように配慮のある対応を心がけましょう。

また、一方的に嫌な思いをすることのないように、頻繁にドタキャンをする人には正しい対処をしましょう。

nanaの他の記事を読む