恋愛必勝法! 気持ちを伝えるワンランク上のテクニック

相手に自分の気持ちを伝えるのって、難しいですよね。特に、恋愛は仕事や勉強とは違って、明確なルールや正解がありません。

「本当は好きだった……」なんて、後から聞いて後悔した経験がある人は少なくないのではないでしょうか。恋愛は、やり直しがききません。1度冷めてしまった気持ちを以前のように熱々に戻すことは、そう簡単ではないからです。

気持ちを伝える時には、相手に誤解されないように気を付けなければいけません。今回は、気持ちを伝えるワンランク上のテクニックをシーン別にご紹介します。男性女性関係なく、ぜひ参考にしてみてください。

告白編

1.気持ちを伝えるのは会ってから

最近ではLINEで気軽に告白する人も少なくないそうですが、気持ちを伝えるなら、面と向かって、相手の目を見ながら言うのが正解。

同じ「好き」という言葉でも、文字として見るのと、実際に会って言われるのとでは、その重みが全く違います。ちなみに、LINEは告白するのが簡単なように、断ることも気軽にできます。

どうしても付き合いたいと思っている相手には、会って気持ちを伝えるようにしましょう。そうすることで、成功率はグッと高まります。

 

2.シチュエーションはよく考えて

告白も、戦略が功を奏します。何気ない日常の延長線上で告白されるより、ゴージャスなレストランなどで特別感を演出した方が、喜びはひとしお。

特に相手が女性の場合、同じ告白でも、シチュエーションの良し悪しによって成功率は変わると言っても過言ではありません。

ちなみに、素面(しらふ)では勇気が出ないことを言い訳に、酔った勢いで気持ちを伝えるのは絶対にNGです。お酒の力を借りなければ気持ちを伝える自信がないような人とは、誰も付き合いたいとは思わないでしょう。

恋愛必勝法! 気持ちを伝えるワンランク上のテクニック

喧嘩・仲直り編

1.謝る時は誠心誠意

喧嘩は、どちらかが一歩的に悪いということはありません。きっかけはどちらかにあるのかもしれませんが、喧嘩自体は両成敗です。

だからこそ、謝る時には相手を責めることなく、自分が悪かったことを誠心誠意謝りましょう。どちらかが謝れば、もう一方も謝りやすくなるはずです。

ちなみに、意固地になり過ぎてしまうと気持ちを伝えることすらできなくなってしまうことも。仲直りをしたいなら、早めに謝るのが正解です。

 

2.言い訳をするなら理由を添えて

喧嘩は両成敗とは言え、誤解されたままではその後の関係に禍根(かこん)を残します。言い訳をするなら理由を添えて、自分の気持ちを伝える努力をしましょう。

ちなみに、喧嘩の直後は頭に血が上っているので、その理由が仮に正当だったとしても、受け入れてもらうのが難しい可能性も。自分の正直な気持ちを伝えるためには、お互いに少し冷静になることも重要。時間が解決してくれるのを待つのも、方法の1つです。

恋愛必勝法! 気持ちを伝えるワンランク上のテクニック

別れ話編

1.正直な気持ちを伝える

別れる以外に選択肢がないのであれば、その後のお互いのために、正直な気持ちを伝えるようにしましょう。

別れると決めていれば、相手に遠慮することはありません。たとえ分かり合えなかったとしても、自分の気持ちを伝えることに意味があるのです。とは言え、正直な気持ちを伝えることで誤解が解け、逆に仲が深まることもあります。

 

2.音信不通は避ける

円満に別れられそうにない場合、連絡を無視したくなる気持ちは分かります。しかし、音信不通は相手の感情を逆なでしてしまうこともあるので、注意が必要です。

自宅や勤め先などを知られている場合、ストーキングなどの嫌がらせ行為を受ける可能性は否めません。自分の気持ちを伝えることで、最後はきちんとけじめをつけましょう。

恋愛必勝法! 気持ちを伝えるワンランク上のテクニック

少しの気遣いが恋愛をもっと楽しくする

気持ちを伝える時には、言われる側の立場を想像して言葉を選びましょう。少しの気遣いで、恋愛はもっと楽しくなりますよ。

nanaの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…