腹筋の鍛え方! 女性らしい美しいくびれを手に入れよう

あなたのたるんだウエストライン、そのままで大丈夫?
毎日たった数分のトレーニングで美しいくびれを手に入れることができます。目指すのはバキバキに割れたたくましい腹筋ではなく、 女性らしいなだらかなカーブを描くウエストと引き締まった腹筋です。

あなたも今日からトレーニングを始めましょう。

腹筋とはどこを指すの?

腹筋というと、おへそのあたり一帯を指すというイメージがあると思いますが、一つ一つの筋肉に名前がついています。
一般的には皮膚のすぐ下にある腹直筋、脇腹の奥にある腹横筋、腹斜筋のことをまとめて腹筋と言います。名前は耳にしたことがあるけど、どこにあるのかどうやったら鍛えることができるのか詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

今回は、腹筋の中でもメジャーな腹直筋に注目してトレーニング方法をお話ししたいと思います。
男性できれいなシックスパックになっている人って素敵ですよね。女性は男性のようにバキバキに鍛えるのはちょっとやりすぎなような気がします。いざという時に脱いで恋人に引かれてしまったらショックですよね。
女性らしいくびれと引き締まった腹筋のイメージは、おへその上下に縦ラインが入れば理想的。
お腹のたるみを取りたいなら一番適しているのが腹直筋を鍛えることです。

皮膚のすぐ下にあるので少しのトレーニングですぐに効果を実感することができるばかりか、見た目の変化も感じやすい場所です。
毎日少しずつでも変化を感じるとモチベーションも上がりますね。

腹直筋の鍛え方

腹直筋は胸のあたりから下腹部にまで及ぶほど縦に長い筋肉です。

腹筋をトレーニングするというと、ただ寝転がって起き上がるの繰り返しを行っていることが多いようですが、実は腹直筋は上半分とした半分でトレーニングの方法が異なります。

一生懸命腹筋を鍛えようとしている方法が間違っていれば、たるんだお腹はいつまでたっても引き締まりません。
腹筋の鍛え方! 女性らしい美しいくびれを手に入れよう

腹直筋・上半分の鍛え方

①仰向けに寝転び、膝を90度に曲げてお尻の位置まで持ち上げます。膝から下が床と平行になるよう意識してください。お尻は床に着けたままにしてください。

②手は胸の前で交差して肩におきます。腹筋を意識しながら床から頭と肩を少しだけ持ち上げます。この状態が基本の姿勢になります。

③おへそを見るようなイメージで少しまるまるのがポイントです。

④そのまま息を吐きながら体を丸めるようにして肘を太ももに付けましょう。脚は動かしてはいけません。

腹筋が固くなっていたら上手に行えている証拠です。
息を吐ききったら基本の姿勢に戻ります。
これを10回程度行います。

動作をゆっくりと行うことでじんわりと腹筋に効いていることを感じることができます。

腹直筋・下半分の鍛え方

①仰向けに寝ころび、膝を軽く曲げたまま90度くらいまで持ち上げます。

②手はお尻の横に着け、踏ん張ります。お尻は床についたままにしてください。これが基本御姿勢になります。

③お尻を床から持ち上げます。胸に顎が付くようなイメージです。

腹筋が熱くなるのを感じたら、ゆっくりと基本の姿勢に戻りましょう。
これを10回程度行います。

下腹部に力が入っていることを意識して行うと、膣トレにもなりますので一石二鳥です。

美しいくびれの作り方

くびれを作るには脇腹の奥にある腹横筋、腹斜筋を腹直筋と合わせてトレーニングすることが効果的です。

①仰向けに寝転び、両足を床から少し浮かせます。

②両手の平で頭を抱えるようにして、肘をはります。

③片方ずつ膝を曲げてウエストをひねり、足とは逆側の肘と付けます。左ひざには右ひじを、右ひざには左ひじを交互に付けるようにします。

意識的にウエストをひねり、脇腹に力が入っていることを感じましょう。
これを10回程度行います。
腹筋の鍛え方! 女性らしい美しいくびれを手に入れよう

おわりに

いかがでしたでしょうか?
これくらいなら1日数分で終わるので、忙しい女性にも毎日続けていただけると思います。
1回で数時間頑張って、数日何もしないより、少しの時間でも毎日トレーニングを続けることが大切です。
腹筋の鍛え方! 女性らしい美しいくびれを手に入れよう
美は1日にしてならず。
日頃の習慣に取り入れていつでも美しいウエストラインや腹筋をキープしましょう。

miichikinの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…