あなたに興味がない冷たい男を振り向かせよう! 気になる女になる方法

一生懸命努力しているのに全然振り向いてもらえない……。なんてつらい思いをしている人はいませんか?

それはもしかしたらアプローチの仕方が間違っているのかもしれません。まずは自分に興味がない男の「気になる女」になるのが目標!

もう興味がないなんて男に言わせない!

好きな男に冷たくされたときどうする?

あなたは好きな人に対してどんな風に接していますか?

相手に自分のことを少しでも知ってほしいとガンガンアプローチするタイプ?

それとも好きな気持ちが高まりすぎて何もできなくなってしまうタイプ?

あなたに全く興味がない男は、ガンガンアプローチされるとちょっと引いてしまうこともあるかもしれません。

男があまりにもあなたに興味を示さなかったらアプローチ方法を少し考えなおしましょう。

好きなのに何もできない人は、まずあなたが彼が好きだということに気づいてもらうことから始めましょう。

気になる女になる方法とは

①彼の好みを探る

まず初めに、嫌悪感を持たれないことが大切です。男に一度「この女イヤだな」と思われてしまうと、その後に覆すことが難しくなってしまいます。

なぜなら嫌だと感じた瞬間にその女のことをシャットアウトする人が多いから。それ以上知りたいとも思わないし、話しをしようとも思いません。

社交辞令として失礼にならない程度にあいさつくらいはしてくれるものの、それ以上の関係になるのが難しくなってしまいます。

よく、第一印象は悪かったけど中身を知るうちに仲良くなったというパターンを聞くことがありますがそういったケースは稀。

第一印象はいいに越したことがないのです。見た目だけで恋愛対象外にされてしまうこともあるので初対面はとても大切です。

とはいえ、もうすでに顔見知りの関係の場合も多いもの。それなら徹底的に彼をリサーチして好みのタイプの女になることから始めましょう。あなたに興味がない冷たい男を振り向かせよう! 気になる女になる方法

②自分の話を友達から彼にしてもらう

次にさりげなく自分の話題を彼の前で出してもらうようにします。

もちろんポジティブな意見ばかりを厳選して「あの子っていい子なんだな」という印象を持ってもらうことが目的です。

男は男同士の意見を尊重するので彼と仲のいい男友達に依頼するのがベスト。一回で終わりではなく何日かに分けて少しずつ小出しにできるといいですね。

あまりあからさまだと変に思われてしまったり、男友達があなたのことを好きなのだと勘違いされてしまったりすることもあるので気を付けましょう。あなたに興味がない冷たい男を振り向かせよう! 気になる女になる方法

③飲み会の席では隣ではなく斜め向かいに座る

飲み会などに一緒に行く場合、隣をがっちりキープするのではなく斜め前あたりに座りましょう。

目の前だとあなたに興味がない場合隣の人とばかり話して終わりという悲しい結果になることもあるので、自然と視界に入る斜め前に陣取るのが理想的。

とくに会話をしなくても周りに対して気配りができている様子や、隣の人と楽しく話している様子を自然と見せることができます。

もしあなたに全く興味がなくても男友達のうわさに聞いていた通り、気の利く子なんだなという印象を与えることができるでしょう。

もちろん彼の好みの服装や髪形にするのを忘れないでくださいね。今までガンガンアプローチしてきた人は、違う男と仲良く話すのもおすすめです。

④個人的な連絡方法を探る

奥手な男が増えているので女の方からあまりガンガンアプローチをすると、それだけで苦手だと感じる人もいるでしょう。

本当の草食系男子なら女から押し切るのも一つの手なのですが、なかには見かけだけ草食系だという男も多いものです。

その場合「女からそういうことを仕掛けてくるなんて……」という古風な考えを持っているので最終的に落としたのは男であるという錯覚を与えなければなりません。

自分から個人的な連絡先を聞き出すのではなく、複数でグループラインを作りそこから個人的にメッセージを送れるようになると自然な流れが作れます。一生懸命努力しているのに全然振り向いてもらえない……。なんてつらい思いをしている人はいませんか?  それはもしかしたらアプローチの仕方が間違っているのかもしれません。まずは自分に興味がない男の「気になる女」になるのが目標!  もう興味がないなんて男に言わせない!

おわりに

いかがでしたでしょうか?

好きだからといって押せばいいというものではありません。

あまりに押しが強いと軽い女だという烙印を押されてしまう可能性もあるので注意しましょう。

いつの間にか気になる存在になっていたというのを目標に明日から頑張ってみてはいかがでしょうか。

miichikinの他の記事を読む


この記事どうだった?

4いいね!

2うーん…