自分を知ることの大切さとヒント5つ|おすすめの本5冊を紹介!

――まずは自分をよく知ることです
お悩み系や自己啓発系の記事を読んでいるとよく目にするこんな言い回し。
 
でも『自分を知る』って、具体的にはどういうことなのでしょう?
 
今回は、本当の自分を知るためのヒント5つをご紹介していきます。

自分を知るとはどういうこと?

自分を知ることの大切さとヒント5つ|おすすめの本5冊を紹介!
自分を知るとはどういうことなのでしょうか?

自分を知るということを具体的に理解することで、より自分らしく生きることができるでしょう。

自分を知ることには、沢山のメリットがありますよ。

自分を知ることで、自信が付くようになります。

問題が起きた時に乗り越える力と判断力が身に付くので、自分が進むべき正しい道を切り拓けるでしょう。

自分を知ることで他人に流されない、芯の通った人間になれます。

自分を知ることの大切さ5つ

自分を知ることで、生きるうえでの道標ができます。

また、心地よい環境に身を置けるようになるので、自分自身をさらに大切にすることができるでしょう。

自分を知ることで、さらに自分を大切に扱うことができるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう?

人生に悩んでいる時こそ、自分を知るチャンスですよ。

そこで自分を知ることの大切さを5つ紹介していきますね。

自分を知ることの大切さ1:自己分析できる

自己分析ができるようになると、冷静で的確な判断力が身に付きます。

そのため、誤った選択をすることがなくなるでしょう。

自身が求めていることや不快なことなどを自己分析することで、さらに生きやすくなります。

自己分析を行う際は、自身を客観視することが大切です。

客観視が難しい場合は、家族やパートナーなどに協力してもらうのもOK。

自分を知ることの大切さ2:生き方が分かる

自分を知ることで、生き方が分かるようになります。

自分が目指している目標や完璧にこなしたいこと、逆に不要な事柄を選別することができるでしょう。

生き方に無駄がなくなるので、自分らしい人生を歩むことができます。

未来の自身を描きやすくなり、将来設計を組み立てやすくなります。

自分のルールやモラルを守り、自分らしい生き方を楽しめるでしょう。

自分を知ることの大切さ3:人間関係への不満が少なくなる

自分を知ることで、人間関係への不満が少なくなります。

自分のことを理解しているからこそ、他人に依存する考え方がなくなるからです。

「嫌われたらどうしよう」「怒らせてしまったかもしれない」と、他人の顔色を窺ってばかりいては、ストレスを溜め込んでしまいがちに。

しかし、自分を知ることで他人にどう思われようと気にならなくなります。

そのため、円滑な人間関係が築けるようになるでしょう。

自分を知ることの大切さ4:ポジティブな考え方ができる

自分を知ることで自信が付き、ポジティブな考え方ができるようになります。

自分を知らない人は他人軸で物事を考えてしまうので、人に気を遣ってばかりです。

しかし、自分を知っている人は他人よりも自分を大切に扱います。

もちろん他人を大切に扱うことも大切ですが、他人と関わることでメリットがあるのか判別がつくようになります。

自分を喜ばせてあげたい思考に変わるので、常にポジティブな考え方が身に付きます。

自分を知ることの大切さ5:目標を定めて行動できる

自分を知ることで、どのように成長していきたいかが明確になりますよ。

そのため、目標を定めやすくなり行動に移すことができます。

自分を向上させたい気持ちが芽生えやすくなり、成長材料を探すようになります。

小さな目標から大きな目標まで、自分が納得のいく行動ができるでしょう。

目標を達成したときの爽快感が、新たな自分を作り上げてくれます。

自分を知るためのヒント5つ

自分を知ることの大切さとヒント5つ|おすすめの本5冊を紹介!
自分を知ることにはさまざまなメリットがあります。

しかし、どのように自分を知ればいいのか分からない人もいるのではないでしょうか?

自分を知ることは難しいようで、実はとても簡単です。

自分の人生を生きやすくするために、ぜひ自分を知っていきましょう。

そこで、自分を知るためのヒントを5つ紹介するので、ぜひ役立ててくださいね。

自分を知るためのヒント1:自分の体について知っている

毎日目にしている自分の体も、意外と知らないことだらけなものなんです。

それでも、外見の変化は比較的分かりやすいもの。

理想は、自分の体の好調・不調のサインを自在に受け取ることができるようになることです。

むくみや乾燥、胃もたれ、痛み、血色、食欲、身体の重さ、呼吸の深さ、視界の変化……。

あなたの体からは、絶え間なくたくさんのサインが送られています。

それを見落とすことなくチェックして、そのときの自分に必要な対応ができること。

それが、“自分の体について知っている”ということです。

自分を知るためのヒント2:自分の好き嫌いを知っている

『食べ物』、『人』、『恋愛』、『仕事』、『趣味』などなど、あなたの生活全般にまつわることです。

自分の好き嫌いを知っているということは=選択や決断に無駄な時間を必要としません。

よく言われるように、チャンスは一瞬で過ぎ去ります。

そして、一度逃したチャンスが再び巡ってくるという保証はありません。

気付かぬうちに、さまざまなチャンスを見逃している可能性も十分考えられるんです。

ここぞというときの瞬発力を磨き、訪れたチャンスを確実にモノにすること。

それが、“自分の好き嫌いを知っている”ということです。

自分を知るためのヒント3:自分の「怒りスイッチ」を知っている

どれほど心を鎮めようと努力しても抑えきれない圧倒的な『怒り』は、時間が経つにつれて落ち着いたように思ってもふとした瞬間に湧きあがる燃え立つような感情。

『怒り』は攻撃的で暴力的な感情であり、その感情を暴走させた先に待っているのは破壊と孤独だけです。

一瞬の破滅的な感情で大切なものを失ってしまうことのないよう、自分の『怒り』を引き起こす原因を探り、コントロールすること。

それが、“自分の怒りスイッチを知っている”ということです。

自分を知るためのヒント4:自分の「回復スポット・アイテム」を知っている

どんなにエネルギッシュな人であろうとも、どんなに満たされた人生を送る人であろうとも、疲れたり凹んだりする時期というものが必ずあります。

そんなとき、回復しようとグルメにカラオケ、旅行とやみくもに手を出してしまうのは非効率的。

ちょっと調子が悪いな、うまくいかないな、そう感じたときに、どこで何をすればいいのかを知っている。

それが、“自分の回復スポット・回復アイテムを知っている”ということです。

自分を知るためのヒント5:自分を愛することを知っている

最後に、一番大切なことを。

人生を思い通りに歩んでいくために、まずなによりも大切なのは『自己肯定感』です。

心の底から自分を肯定できる人は、自然と人から愛され、たくさんの幸運を引き寄せるもの。

どんなときも、なにが起きようとも、自分が自分の価値を認め、世界で一番大好きでい続けること。

それが、“自分を愛することを知っている”ということです。

自分を知るために読むべきおすすめの本5選

自分を知ることの大切さとヒント5つ|おすすめの本5冊を紹介!
さらに自分を知りたいなら、参考になる書籍を読んでみてはいかがでしょうか?

自分を知るためのノウハウが詰まっているので、自分のペースで自己分析ができるようになるでしょう。

また、新たな自分を知るきっかけ作りにも役立ちますよ。

そこで、自分を知るために読んでおきたいおすすめの本を5選紹介するので、あなたの人生を大きく変える材料にしてみてはいかがですか?

自分を知るために読むべきおすすめの本1:「ずっとやりたかったことをやりなさい」

自分自身の隠れた才能を引き出し、能力の高い人間へと導く1冊。

子どもの頃になりたかった夢を「くだらない」「叶うはずがない」と諦めていても、子どもの頃の想像力豊かな感情と思考を取り戻せます。

思考が柔らかくなることで、発想豊かに。
発想力が新たな自分を見つけ出しますよ。

毎日を創造的に暮らしたい人におすすめの本です。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。 | サンマーク出版
https://www.sunmark.co.jp/detail.php?csid=9344-5

自分を知るために読むべきおすすめの本2:「ハーバードの自分を知る技術」

自分が何をしたいのか分からずにつまづいた時、手にしたい1冊。

自分にとっての成功の意味を紐解き、それをどのように手に入れるかを考察しています。

個人の成長と可能性を存分に活かし引き出せる書籍です。

「自分を知りたい」「自分を変えたい」と思っていても、なかなか行動にうつせない人こそ読み進めたい本。

自分の可能性がさらに開花するでしょう。

ハーバードの自分を知る技術 | CCメディアハウス
http://books.cccmh.co.jp/list/detail/1469/

自分を知るために読むべきおすすめの本3:「ゼロ秒思考」

誰もが賢くなるトレーニングが詰まった1冊。

フォーマットでメモ書きを繰り返すことで、思考が現実化されていくことを目的にしています。

そのため、自分を知る機会に巡り合えなかった人に、おすすめな書籍です。

賢さを備えれば、さらに自分自身の分析に一役買うことでしょう。

思考をさらに深めることで、初めて知る自分と巡り合えそうですね。

ゼロ秒思考 | ダイヤモンド社
https://www.diamond.co.jp/book/9784478020999.html

自分を知るために読むべきおすすめの本4:「さあ才能(じぶん)に目覚めよう 新版 」

才能は隠さずに使うものとして紹介されている1冊。

自分の強みを生かすことで自分を知ることができます。

しかし、多くの人は才能を開花させることができていません。

才能を開花させずに人生を終わらせることほど、もったいないことはありません。

自身の資質を活かし武器にして、周りと差を付けたい人におすすめです。

強みにフォーカスした1冊で、新たな自分を発見できるでしょう。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 | 日本経済新聞出版社
https://www.nikkeibook.com/item-detail/32143

自分を知るために読むべきおすすめの本5:「未来は、えらべる!」

ワクワクを軸にし、未来は作れると綴られた1冊。

豊かさとお金の関係性を考察し、お金の動き方について詳しく解説しています。

さらに、ソウルメイトを見つけるために必要な手段も紹介されているので、自身にとってもメリットのある人間関係を築きたい人にも人気です。

自分自身を変えていくことで自分の好む世界にシフトしていので、自分を知ることが楽しくなるでしょう。

未来は、えらべる! | ヴォイス
https://www.voice-inc.co.jp/store/book_last.php?genre1_code=01&genre2_code=001&genre3_code=001&genre4_code=0000000006505

まずは自分を知ることからはじめよう

自分を知ることで、自分の好きな世界が作れるようになるでしょう。

また、自分の世界観を見いだせるので、まずは自分を知ることから始めるとベスト。

新たな自分と出会えることで、生きる目標が見つかりやすくなりますよ。

自身にとって楽しい人生になるよう、もっと自分を知っていきましょう。

自分を知ったその日から、新しい世界があなたを待っていることでしょう。

安藤うめの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

1うーん…