“自分を知る”ってどういうこと? 本当の自分を知るためのヒント5つ

――まずは自分をよく知ることです。

お悩み系や自己啓発系の記事を読んでいるとよく目にするこんな言い回し。

でも『自分を知る』って、具体的にはどういうことなのでしょう?

今回は、本当の自分を知るためのヒント5つをご紹介していきます。

自分の体について知っている

あなたの体は、あなただけのものです。こう言ってしまうとなんだか当たり前のことのように思われるかもしれませんが、これって実は大切なこと。

たとえば、あなたの手。

手のひらは大きいほうですか? 日に焼けていますか? シワは深いですか? 指の長さはどのくらいですか? 指の太さは? 爪の形は女爪男爪どっち? 肌質はすべすべ? ガサガサ? どんな感じでしょう?

毎日目にしている自分の体も、意外と知らないことだらけなものなんです。

それでも、外見の変化は比較的分かりやすいもの。理想は、自分の体の好調・不調のサインを自在に受け取ることができるようになることです。

むくみや乾燥、胃もたれ、痛み、血色、食欲、身体の重さ、呼吸の深さ、視界の変化……。

あなたの体からは、絶え間なくたくさんのサインが送られています。それを見落とすことなくチェックして、そのときの自分に必要な対応ができること。

それが、“自分の体について知っている”ということです。“自分を知る”ってどういうこと? 本当の自分を知るためのヒント5つ

自分の好き嫌いを知っている

自分の好き嫌い。

これは『食べ物』、『人』、『恋愛』、『仕事』、『趣味』などなど、あなたの生活全般にまつわることです。

自分の好き嫌いを知っているということは=選択や決断に無駄な時間を必要としないということ。

よく言われるように、チャンスは一瞬で過ぎ去っていくもの。そして、一度逃したチャンスが再び巡ってくるという保証はありません。

たとえば、合コンで同時に二人の男性を「いいな」と感じたあなた。

迷いに迷ったあげく、なんとか一人に絞ってアプローチ。見事恋人同士になれたのもつかの間、やがて破局を迎えてしまいます。

「ご縁がなかったんだなぁ、男を見る目がないのかな」ひとりつぶやくあなた。

――けれども実は、あのとき選ばなかったもう一人こそ、あなたの運命の人だったのです。

これは、決して珍しい話ではありません。それどころか、あなたが気付いていないだけで、恋愛以外にもさまざまな面でたくさんのチャンスを見逃している可能性も十分考えられるんです。

ここぞというときの瞬発力を磨き、訪れたチャンスを確実にモノにすること。それが、“自分の好き嫌いを知っている”ということです。

自分の“怒りスイッチ”を知っている

『アンガーマネジメント』という言葉を聞いたことはありますか? これは、怒りや苛立ちをコントロールしてより良い人生を構築するためのメソッドです。

あなたにも経験があるかもしれませんね。どれほど心を鎮めようと努力しても抑えきれない圧倒的な『怒り』

時間が経つにつれて落ち着いたように思っても、ふとした瞬間に湧きあがる燃え立つような感情。

『怒り』は攻撃的で暴力的な感情であり、その感情を暴走させた先に待っているのは破壊と孤独、ただそれだけです。

一瞬の破滅的な感情で大切なものを失ってしまうことのないよう、自分の『怒り』を引き起こす原因を探り、コントロールすること。

それが、“自分の怒りスイッチを知っている”ということです。“自分を知る”ってどういうこと? 本当の自分を知るためのヒント5つ

自分の“回復スポット”または“回復アイテム”を知っている

どんなにエネルギッシュな人であろうとも、どんなに満たされた人生を送る人であろうとも、疲れたり凹んだりする時期というものが必ずあります。

そんなとき、回復しようとグルメにカラオケ、旅行とやみくもに手を出してしまうのは非効率的。

ちょっと調子が悪いな、うまくいかないな、そう感じたときに、どこでなにをすればいいのかを知っている。

それが、“自分の回復スポット・回復アイテムを知っている”ということです。

自分を愛することを知っている

最後に、一番大切なことを。

人生を思い通りに歩んでいくために、まずなによりも大切なのは『自己肯定感』です。

――自分はこれでいい、こんな自分が大好き。

心の底からそう思うことのできる人は、自然と人から愛され、たくさんの幸運を引き寄せるもの。

どんなときも、なにが起きようとも、自分が自分の価値を認め、世界で一番大好きでい続けること。それが、“自分を愛することを知っている”ということです。“自分を知る”ってどういうこと? 本当の自分を知るためのヒント5つ

おわりに

いかがでしたか?

自分を知るということは、幸せな未来を引き寄せるための大切な手段。

今回の記事を参考に、自分を知ることで今以上にキラキラと輝くあなたになってくださいね。

安藤うめの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

1うーん…