穏やかな人が男性に好かれる5つの理由と穏やかな人の特徴12選

皆さんこんにちは、今回は「穏やかな人が男性に好かれる5つの理由と穏やかな人の特徴12選」と題して、「穏やかな人が男性に好かれる5つの理由」についての詳細情報のご紹介をはじめ、その際に注目したい穏やかな人の特徴とその魅力についてご紹介します。

穏やかな人とは

穏やかな人が男性に好かれる5つの理由と穏やかな人の特徴12選

穏やかな人というのは、どんな状況にあっても言動に感情的な強さがあまり見られず、暴力性や乱暴性、また爆発的な感情の起伏がほとんど見られない人のことを指しています。

これはもちろん一般的な解釈となりますが、穏やかな人でもやはり条件によっては怒る事も当然ありますし、また怒らなければならない時には怒ります。

しかしその場合でも、冷静な姿勢をもって怒れる人と、感情を爆発させて怒る人との違いはどうしても分けて見られるもので、その辺りの違いに温厚な姿勢が隠されています。

穏やかとおっとりの違い

穏やかとおっとりというのは、一見、まったく同じように解釈されやすいです。

しかし辞書で調べてみてもわかるように、「おっとり」というのは単に「言動がゆっくりしている様」を指したり、また「感情的になってもその言動に余裕が見られる様」などを指します。

これに比べて「穏やか」というのは、やや意図的に温厚な側面を相手に見せる姿勢も含めて言われ、つまり天然的な穏やかではなく、あえて穏やかな姿勢・体裁を自分で取り繕っている企図の部分も見られます。

穏やかを英語で表す

「穏やか」という単語を英語で表現する場合、一般的には「calm」がよく使われます。

他には「gentle(穏やか, 優しい, 温和, 柔らかい)」や「quiet(静か, 平穏, 静粛, 穏やか)」、また「sober(渋い, 素面, 穏やか, 重篤, 沈痛)」などの単語が当てられるでしょう。

穏やかな人の特徴12選

さてここからは、穏やかな人の特徴を12の側面から確認していきましょう。

穏やかな人の特徴であげられやすいのは、まず「他人との接点を柔軟に持ち合えること」があり、その他人との関係において必要以上に感情的な言動を振る舞わないといった紳士的な姿勢も見られます。

穏やかな人の特徴1:受け入れる際に感情的にならない

何か新しいアイデアや環境を受け入れる場合、多くの人は「これからの生活や自分のテリトリーがガラリと変えられてしまうのではないか」と身構えたりします。

しかし生来穏やかな人というのは、こんな場合でもまず相手の要求を受け入れる姿勢を心に持っており、それほど神経質にその事を捉えないよう自分で心をコントロールできる力を備えています。

穏やかな人の特徴2:ありのまま受け入れる事ができる

相手に要求することが多い人、またいつも自分の周囲の環境に文句を言っている人というのは、やはり「自分の理想を突き通す性格・要求・主張」が強いため、得てして誰かが用意したありのままの状態や環境というのを受け入れにくくなってしまう部分があります。

しかしこの場合でも穏やかな人というのは、その相手のありのままの姿勢・体裁・条件・意見・アイデアなどをすんなり受け入れることができ、この場合も心に余計なプレッシャーをかけることなく、素直に相手とのコミュニケーションを図ることができます。

穏やかな人の特徴3:他人の意見を否定せずに尊重する

これも先述の内容につながりますが、相手の意見や企画、また相手から一方的に突き付けられた提案や条件などに向き合う場合、たいていの人はまず自分の主張・理想にそれらが合っているかを大雑把にでも確認し、少しでもズレがあればそこを指摘したりします。

しかし穏やかな人の特徴ではこういった指摘する事へのこだわりがあまりなく、この場合も「どんな要求でもまずは受け入れてみる」「受け入れてからそれがどんなものかを吟味する」という、心の余裕をもって対峙します。

この点では尊重の気持ちが重要です。

穏やかな人の特徴4:感情的に怒らずに冷静に叱ることができる

怒らないという姿勢は、やはりどうしても穏やかな人の特徴に見られがちです。

「あの人はいつも怒らないから性格が穏やかだ」という意見はいつ・どこでも聞かれるもので、逆に激しい性格の人というのは、やはりいつでも怒ったり、感情的になる人を指すものです。

このように、常に冷静でいられる・対処できる穏やかな人の特徴には、少なくとも「相手を尊重する・大事にする」といった基本的な姿勢ができているからで、相手を叱らなければならない場面でも、論理正しく、感情を抑えて叱る事ができます。

穏やかな人の特徴5:必要十分なことだけを望み強欲がない

これも穏やかな人の特徴に多く見られるものですが、欲望が少なく、現状を素直に受け入れる上でそのあり方に感謝しているという姿勢は、感情の激しい人にはなかなかできない行動になるでしょう。

穏やかな人というのは「自分の生活に十分な環境」がそろっていればそれでよしとし、それ以上の幸福を望みません。

それは、それ以上望むことによってどんどん欲望の波が強まって、エスカレートし、穏やかな状態ではいられなくなる事を知っているためです。

穏やかな人の特徴6:感謝の気持ちを忘れない

これも先で触れました「欲望があまりない姿勢」に繋がりますが、いつでも現状に感謝できる心があれば、それ以上の幸福を望んだり、豊かさを無心したりすることがなくなります。

感謝できる心というのは、自分がいま幸せにあることを実感しているからできることであるため、いつでも感謝の気持ちを大切にすることによって常に心を穏やかにし、冷静に周囲の物事・自分に与えられた生活環境と恵みを見分けることができます。

穏やかな人の特徴7:ゆったり落ち着いた時間を過ごすことができる

アウトドア・インドアな人の場合でも、常に穏やかな姿勢をもってそれに臨む場合、やはり心の中でそれ以上の(何事への)無心をすることがないため比較的落ち着いた時間を過ごせるようになり、さらにどんな状況でも自分のあり方に感謝できるようになります。

ゆったりした時間を過ごすためには、次の行動を目的にし、その行動によって自分の何らかの利益を貪るための行動にもなりがちです。

欲望があまりないことによってこの行動基準がまずなくなり、それによってゆったり過ごす時間を大切にすることができます。

穏やかな人の特徴8:いつも明るく笑顔が絶えない

穏やかな人が男性に好かれる5つの理由と穏やかな人の特徴12選
この場合も「いつでも自分が幸せな状態にあること」を知っているからできるワザとなります。

いつも明るく振る舞う・笑顔が絶えない生活を送ることができるというのは、これはやはり少なくとも「その瞬間を本当に幸せに感じ感謝している姿勢」がなければ無理です。

つまりこの場合でも自分の生活に満足しており、それ以上の無心をせず、常に心のゆとり・余裕を持つことに注目していることの証明となるでしょう。

穏やかな人の特徴9:俯瞰的なものの見方ができる

これはよく「客観的に物事を見分けることができる」というスキルにつながりますが、逆に感情的な人の場合は主に「主観的なモノの見方しかできない」といった状態となります。

主観的なモノ言いしか出来ない人というのは、常に「僕が/私が」という自分中心な物事しか考えられず、その思考・姿勢の根底には「その時点での満足感が得られていないこと」や自己本位による主張の強さが現れています。

穏やかな人は一歩引いて物事を見ることができ、そのためその場合に自分の思いを全力で主張する必要なく、ゆとりを保つことができます。

穏やかな人の特徴10:自分自身をよく理解している

自己観察についてですが、これは自分をまず客観的に見ることができなければならず、自己本位による意見の連続・羅列では到底できる代物ではありません。

つまりこの場合でも、穏やかな人の特徴に見られるような、心のゆとりがどうしても必要になってきます。

自分の主張を少し抑えておき、「他人ならこんな自分をどう思うか」「こんな条件を自分に与えたら自分はどんな行動に出るか」「この状態にあればどんな心境を持つか」など、常に自己主張ではなく、他人による意見を全面的に認める姿勢を持つ事に重要があります。

穏やかな人の特徴11:打算的でない親切ができる

穏やかな人というのは、先述のように何事にも無心する姿勢がなく、また今の状況・環境に常に感謝して満足を覚えているため、「自分が何かしてそれによる報酬を得よう」という気持ちもありません。

純粋な気持ちで相手を大切にし、その上で「自分がそうしたいから」といった親切心のみで行動することができるため、主観的・感情的に報酬を求める人の場合とは大きく違った結果となります。

穏やかな人の特徴12:人に対して好き嫌いをしない

これも先述のように、穏やかな人の特徴は基本的に「誰でも受け入れる姿勢」を持つことを大事とします。

とりあえず受け入れてから、相手を迎え入れてからその相手の事をじっくり観察し、それから相手への対応をまたじっくり・ゆっくり考える姿勢を取るものです。

このため、主観的・感情的な人とはどうしても対照的な行動の取り方となります。

まず相手の要求を先に呑んでおき、それから自分の要求を訴えるという、その基本的な姿勢が穏やかな人の特徴に根付いているため、常に相手への包容を忘れません。

穏やかな人に変わるための7つの方法を紹介!

さてここからは、どうすれば穏やかな人に自分もなれるか、その方法を具体的に検証していきましょう。

穏やかな人になろうとする際には、何も特別な訓練やステータスの確保は必要ありません。

誰でも穏やかな人になれる性質を元から持っているため、なろうとすればいつからでもなれます。

つまりは、その穏やかな人の特徴や心の保ち方を覚えているかどうかが重要で、そのコツさえつかめば明日からでもなることができるでしょう。

穏やかな人に変わるための方法1:自己分析で己を知る

まず第一ステップですが、自己分析を忘れてはなりません。

自分が一体どんな人間なのか、どんな性格の持ち主なのか、どのような主張・考え方の持ち主なのかを検証しておき、このような場合に自分はこんな言動を取る、といった分析を含めてしておきましょう。

そうすることで、状況別で気持ち・心の姿勢の取り方を理解できるようになり、その理解を習慣化することによって、継続的に穏やかな人の特徴を自分の内から引き出せるようになるでしょう。

穏やかな人に変わるための方法2:他人を傷つけないようにする

穏やかな人が男性に好かれる5つの理由と穏やかな人の特徴12選
次に重要なことですが、他人との争いをなるべく避ける努力や工夫をし、生活において怒らないよう環境・状況設計をすることが大切です。

日常的に他人を傷付け回っていたり、また争いの絶えない日々を送っていたのでは、やはり穏やかな自分を引き出すことはかなり難しいです。

この場合は環境設計から見直していくことが大切で、自分が腹を立てない空間を生活に多く取り入れておき、その延長で他人を傷付けないで済む過ごし方を検討してみるのが良いでしょう。

穏やかな人に変わるための方法3:怒りの無駄を悟る

怒りの感情というのは確かに人間にとって大切なものです。

怒ることでストレス発散に繋がることがあり、また怒ることで自分の(世間における)テリトリーを確保することにも繋がります。

しかし、日常的なあらゆる問題において「怒ること」で解決できる物事はそうありません。

怒ったってその問題は継続的に残り、また改めてその問題解決に歩んでいかなくてはなりません。

つまりこの場合、「怒っても事態が変らないから無駄」という認識を持つことで、生来の怒りの気性を多少なりとも軽減させる事に繋げられます。

穏やかな人に変わるための方法4:優しい言葉でゆっくり話すようにする

これは行動習慣の改善になります。

日常から優しい言葉選びを心がけておき、常に他人に対しても優しい語り掛け・口調を練習していくことで、やがてそのあり方・スタンスが普通になります。

つまり練習・鍛錬することによって自分磨きをし、その成長によって言動のあり方そのものを変える方法になります。

始めは難しいでしょうが、慣れてくればそれが当たり前の感覚になります。

そうなればそれほど苦にならず習慣化でき、知らないうちに穏やかな人の特徴を持つことになるでしょう。

穏やかな人に変わるための方法5:ポジティブな考え方をする

気性の激しい人・怒りっぽい人というのは、基本的にマイナス思考の持ち主であることが多いです。

マイナス思考であるから、そのマイナス的な物事(自分にとっての不利益)を何とか改善しようと躍起になり、やがてはその延長で他人に対しても強く当たります。

この感情を根本的に換え、常にプラス思考でいることにより、「どんな状況でも何とかなるさ」「きっと上手くいく」という気兼ねの払拭につながり、その延長で他人に対する物腰も自然と柔らかなものに変わっていきます。

穏やかな人に変わるための方法6:感謝の気持ちを持つ

人にとって感謝の気持ちというのは、心をほんわり暖かくしてくれる無償の報酬になるものです。

つまり感謝の気持ちを常に持つことによって心がいつでも穏やかになり、その心の姿勢を継続することによって、自分のあり方に常に感謝できるという循環になります。

堂々巡りの形で感謝の気持ちを持つためには、その感謝の気持ちを引き出すための論理的な思考・感覚も必要です。

「なぜ自分が感謝できるのか」という土台をまず覚えておき、それから穏やかな気持ちを常に持てるよう工夫してみましょう。

穏やかな人に変わるための方法7:物事の本質を見極めるようにする

すぐ癇癪を起こす人や怒りっぽい人、またやけくそになりやすい人や、すぐ他人に対して文句を言う人というのは、得てして自分の目前に現れたその問題の本質を見極めていない事が多いです。

ただ何となく自分にとって腹の立つ事だから、不利益に見える事だからという先入観・感覚によって怒っていることが多く、その問題の本質を見極めた途端、急に穏やかになるケースもよく見られます。

自分が一体何に対して怒っているのか、この原点を突き止めるのも、穏やかな心のスタンスを持つためには非常に重要なことです。

穏やかな人が男性から好かれる理由5つ

さてここでは、「穏やかな女性が男性になぜ好かれるか」ということについて、5つの側面から確認してみましょう。

男性でも女性でも「穏やかな人」というのは基本的に好かれます。

それはその人の前に立つ際に、変に気兼ねしなくてよく、身構える必要もなく、自分のほうも心穏やかな姿勢でその相手に臨めることを知るためです。

異性同性から好かれる理由1:包容力を感じる

まず「包容力」という点ですが、人はたいてい自分の話を聞いてほしい・いつでも自分を受け止めてほしいなどと自己本位に思っており、そういう自分を包容してくれる人を探しています。

この包容力の高い人の性質や特徴が、穏やかな人の特徴に多分に見られることになります。

穏やかな人はまず「相手の主張を全面的に受け入れる姿勢」がきちんと備わっているため、どんな状況でも自分の言う事を聞いてくれるニュアンスを自然に発散します。

異性同性から好かれる理由2:居心地が良い

穏やかな人が男性に好かれる5つの理由と穏やかな人の特徴12選
穏やかな人は包容力が高い上で優しい人が多いため、そういう人と一緒に居るだけで自分もつい居心地が良くなるものでしょう。

これは多くの人が経験していることでしょうが、やはり身構える必要がないという点が大きく影響しています。

いつも怒っている人と対照的に見た場合でも、そうした人の前に行く時は多少なりとも「何か言われないか」と身構えるでしょう。

こうした気構え・身構えが一切ない事が影響し、まるで自然体のままで行ってもOKという許容力の高さが穏やかな人の特徴には見られます。

異性同性から好かれる理由3:甘えやすい

先述しました穏やかな人の特徴的内容から、やはり「穏やかな人には甘えやすい」というイメージが立ち上がります。

これは当然のことで、自分の意見をまずは何でも受け入れてくれる上、そんな自分といつでもきちんと関係をもってくれる相手であるため、その甘えたい気持ちは次第に大きくなります。

しかしこの「甘えやすい」という姿勢には歯止めが必要です。

いつでもそんな姿勢で行ったのでは、いくら穏やかな人でも疲れるので、適切に相手にも甘えさせる姿勢を大事にしましょう。

異性同性から好かれる理由4:安心感を得られる

穏やかな人の特徴が全面的に見られるわけですから、その人の周囲には常に穏やかな空気が流れることになります。

その延長では必ずと言って良いほど「安心感を得られる空気」があり、そこでずっと一緒に居ても自分に危害を加えないといった安定感が生まれます。

これは人間関係において非常に大事なことで、どんな場合でも特定の人と交流を継続的に保つためにはまず安定した関係・空気を持ち合うことが必要で、その上でお互いの意見交換・感情の交流を図る必要があります。

異性同性から好かれる理由5:気持ちが明るくなる

穏やかな人というのは男性でも女性でも、常におっとり構える姿勢を相手に見せ、その上で心の余裕・ゆとりを相手にも与えてくれるため、自然に辺りの空気も明るくなるムードを味わえます。

この明るさも継続的に特定の相手と交際する場合は大事なもので、明るい景色(気色)をもって交際することができればその人と会っているだけで元気になれ、いつでも「その人と会いたい」と自然に思えるようにもなります。

異性に好かれる穏やかな人に変身してみよう

いかがでしたか。

今回は「穏やかな人が男性に好かれる5つの理由と穏やかな人の特徴12選」と題して、「穏やかな人が男性に好かれる5つの理由」についての詳細情報のご紹介をはじめ、その際に注目したい穏やかな人の特徴とその魅力についてご紹介しました。

穏やかな人というのは男性・女性を問わず、必ずと言って良いほど異性から好かれる存在になれます。

その理由は気持ちを穏やかにしてくれる上、安心感・安定した将来性を与える力を見るからであり、その力を磨く事によって特定の人の気持ちを射止める事もできます。

安藤うめの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

1うーん…